【赤枝病院】季節の花を愛でる楽しみ

赤枝病院では、季節感を大切にしています。

四季折々の感覚を入院患者様にも
しっかり感じていただきたいという想いから、
リハビりテーション部ではお花見・クリスマス会の開催、
栄養部では季節毎のメニューを提供し、
退屈になりがちな入院生活を彩っています。

また、病院専用の駐車場には、
春先にはキンモクセイ、
梅雨に入れば紫陽花、
秋深まる季節にはサザンカと、
季節の植物が植えられています。

時折、大きな花瓶にお花を活けて、
院内に飾ったりもしています。
お花は、交流のあるところから
頂きものが届くこともあれば、
職員が持参することも。

そんな時、大活躍していただくのが、
「活け花名人」の清掃職員です。
草花についての知識も豊富で、
飾るセンスも素晴らしいとあって、
病院事務局ではいつも頼りきりです。

今回は、秋も深まり、
冬に向かう今の季節にぴったりの
「枝もの」を活けていただきました。

こちらの黄色い花が「ツルウメモドキ」
ツルウメモドキの花
ツルウメモドキは
花が開くと赤い実のようになります。

ピンクの花が可愛らしいこちらの樹花は
「マユミ」という名前です。
マユミの木

ちなみに、こちらが「マユミの木」です。
マユミの木
ピンクの花が青い空にはえて
ハッとする程綺麗ですね。

素敵に活けられた2本の木は、
病院内に飾られることになりました。
活け花完成

雪が降っても咲き続ける、強い木から活力をもらって、
冬本番に備えたいですね。

今後も赤枝病院の様々な風景を
このブログでご紹介していきます。

Posted in 施設の風景.