【赤枝病院】「リビング・ウィル」について

赤枝病院では先日、
「リビング・ウィル」についての勉強会が開かれました。

今回講師を務めてくださったのは、副院長である小島医師です。
小島副院長は、赤枝病院倫理委員会の委員長でもあります。

最近、よく聞く単語になってきた「リビング・ウィル」とは、
「Living will ,Informed consent」、
つまり、
「どのような最期を迎えたいですか?
そのためにどのような情報が欲しいですか?」
ということになります。
心臓(イメージイラスト)

この「Living will,Informed consent」は、
医療・介護業界では特に重要視されています。

最近になって「生前整理」・「終活」などという言葉が
多くのメディアでとりあげられるようになりました。

『不治の傷病で死が迫ったときにどのような治療を受けたいか――。
判断能力が保たれている間に
自分の希望を書くなどした「リビングウィル」があれば、
家族らが患者の意思を巡って悩んだり、苦しんだりしなくてすむ。
病院や自治体、様々な団体がそれぞれ書式を用意し、
作成を手助けする催しも開かれている。』(日経電子版より抜粋)

「Living will ,Informed consent」とは、

  • Informed consent:説明と同意(選択)
  • Living will:事前指示:当事者能力があるときに、その元となる原則

をさします。

先述した通り、誰にでも起こりうる事態に備えて、
患者様・ご家族様の心理的負担を考慮すると
事前の意思決定は非常に重要な事です。

しかし、問題点もあるようです。

いくら事前に意思表示をしていても、
経過中その時々の病勢によって
患者様が治療に望むものはしばしば変化します。
将来何を望むのか、予測するのは大変難しいことです。

このように、
「Living will(事前指示)=最終決定ではない」という、
「人間の意思決定の不確実性」が問題点でもあります。

また、「Living will」という言葉の
家族の認知度の調査(病院・介護施設等で実施)では、
約70%もの方が
“「Living will」という言葉を知らなかった”と回答しています。
疑問(イメージイラスト)

問題点をふまえ、
「Living will(事前指示)」とは最終決定ではなく、
最初のステップである と考え、
ご家族・ご本人の希望について、
「どのレベルの医療要求があるのか」
「何が“ベスト”の選択なのか」
を一緒に考えることが必要となっています。

また、医療者とご家族・ご本人との
共通認識・同じ理解をもって取り組むことも、
とても大切なことといえます。

今後はより、
会話や後悔(自責)の念を少なくする(=グリーフ・ケア)が
重要となります。
患者と医者(イメージイラスト)

「Living will」についてご存じだった方も、そうでない方も、
きっといつか考えなくてはならないこと。
その重要性も必要性も、個々に差があります。
とても難しいテーマだとも思います。

ですが「Living will」があることで不安が和らいだり、
救われたりする方が多いからこそ、
近年メディアでも取り上げられることが
多くなってきているのだと感じます。
支える医療(イメージイラスト)

患者様・ご家族様の意思を尊重したケアの重要性について、
改めて考えることのできた勉強会となりました。

赤枝病院の様々な取り組みについて、
今後もこのブログでご紹介していきます。