【赤枝病院】ひまわりでの講演会

先日、「地域交流拠点 ひまわり」にて
講演会が行われました。

当赤枝病院の須田院長による講演で、
「地域における赤枝グループの役割」について、
地域の皆様を対象にお話をさせていただきました。

全2回の講演には、
たくさんの皆様にお集まりいただきました。

「ひまわり」は、若葉台商店街の中にスペースを構え、
誰でも自由に出入りできる地域交流の場として
近隣の多くの方が利用しています。
同じ商店街内で買ったお弁当を広げて食べたり、
相談事に来所される方も多く、
地域住民のつながりが広がる場として、
地域と共存しています。

そんな「地域交流拠点 ひまわり」と
赤枝病院のつながりは、
赤枝グループの
「訪問看護ステーションあさがお」と
「居宅介護支援事業所あさがお」の
オープンがきっかけでした。

以降、大変お世話になっている「ひまわり」での講演。
今回は、地域の方に、
赤枝グループの役割を
しっかりとお伝えすることが目的です。
講演会の様子

赤枝グループには、
病院・クリニック・特養・老健・有料老人ホーム・
サ高住・ケアハウス等の施設があります。
医療系・介護系の様々な形態の施設を
グループで運営していることにより、
利用者様のその時のご状態に合った施設に
お入りいただける仕組み作りが可能となりました。

例えば、特養の入所者様が具合が悪くなってしまった場合、
新しく病院を探すのではなく、
グループ内の赤枝病院に一時入院いただき、
回復されたら再び元居た特養にお帰りになる、
というように、
その時の利用者様のご状態に合った施設間の移動が
非常にスムーズにできるようになっています。
講演内容の一部スライド
※写真は講演内容の一部です

また、各施設によって異なる料金体系を見直し、
施設間を移動してご利用いただく場合に限って、
元居た施設の料金までに
ご負担を抑えるための取り組みも行っています。

上述のような件を一元的に取り扱うため、
病院内に設けた「総合相談センター」では、
専門知識を兼ね備えた相談員が、
利用者様・患者様の希望を汲みながら、
それぞれに最も合った対応をご紹介しています。

また、今後は在宅医療にも注力し、
地域の皆様が安心して、
元気に在宅生活を送る支援もさせていただきたいと
考えています。

そういった内容も交えながら、
講演会は盛況のうちに終了しました。
質疑応答に答える須田院長
※講演会の質疑応答に答える須田院長

講演会に来て下さった地域の皆様からは、
「施設の形態によって様々な特色があり、
それがよくわかった」
「赤枝病院だけでなく、
グループとして地域に根ざしていることがわかった」
等のお声をいただきました。

今回の講演会を企画していただいた「ひまわり」の皆様、
ご来場いただいた地域の皆様、
本当にありがとうございました。

「また機会があれば、何回でもお話に伺います」
と話された須田院長や地域の皆様の笑顔が、
今回の講演の有意義さを物語っていました。

今後も、赤枝病院の様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。

【赤枝病院】赤枝病院の訪問診療

赤枝病院では、訪問診療を行っています。

訪問診療とは、
疾患等により通院が困難な方がご利用いただける、
いわば「出張診察」です。

赤枝病院の母体である赤枝グループには
様々な施設がありますが、その中でも、
有料老人ホーム、
サービス付高住者向け住宅等の施設等に
医師自ら出向き、
治療を必要とするものの
通院が困難になってしまった患者様の
ニーズに応えたいとの考えから、
訪問診療が始まりました。

特に、病院近隣にある若葉台団地の
訪問診療を担っているのが、須田院長です。
若葉台団地

忙しい院長業務の合間をぬって、
患者様のお宅へ向かいます。
歩いて向かう須田院長

「近いから」と歩いて向かう須田院長。
歩いて向かう須田院長
患者様の在宅生活のサポートにも
大変力を入れていらっしゃいます。

若葉台商店街の中に
「訪問看護ステーション あさがお」
「居宅介護支援事業所 あさがお」をオープンしたのも、
その気持ちからでした。

元気な高齢者の方が多く住まうこの若葉台地域を
支えたいという須田院長の想いを受け、
「あさがお」スタッフも日々奮闘しています。

おかげさまで年々お問合せの件数の増えてきており、
ますますの活躍が期待されています。
訪問看護ステーションあさがお

また、同じく若葉台商店街にある
地域交流の場「ひまわり」にて、
10月4日・10月18日の2日、須田院長による
「若葉台地域における赤枝グループの役割」
についての講演がありました。

公演の様子は、またこちらのブログでも
ご紹介する予定ですので、ぜひご覧ください。

今後も、赤枝病院の様々な取り組みをご紹介していきます。

【赤枝病院】全日病大会 in 石川

赤枝病院は、
全日本病院協会、通称「全日病」の会員病院です。
須田院長はその全日病の理事および
神奈川支部の副支部長を務めていらっしゃいます。

全日病では、年に1回学術の研修の場として
『全日病学会』を開催しています。
平成29年度は、9月に石川県にて
「第59回全日本病院学会」が開催されました。
(※全日本病院協会ホームページより一部情報抜粋)

先日も、このブログでその準備の模様をお伝えしましたが、
今回は本番の様子をお伝えしたいと思います。

9月上旬、石川県で行われた全日病大会。
会場の外観

赤枝病院からは須田院長とともに
3名のスタッフが参加しました。
会場入りする須田院長とスタッフ

各自、研究成果をこの場で発表します。

会場はいくつかに分かれており、
タイムテーブルに沿ってシンポジウムやランチョンセミナー、
パネルディスカッション等、様々な発表が行われます。
医療界や経済界など、発表者の顔ぶれも非常に豪華です。

赤枝病院のスタッフも、いよいよ発表です。
事前の院内演題発表で
プレゼンテーションスキルに磨きをかけてきた日々。

実際に発表する姿はとても頼もしく、
準備の成果がしっかりとあらわていたようでした。
発表スタッフ1
発表スタッフ2
発表スタッフ3

こうして、無事に発表は終わりました。

須田院長に今大会の感想を伺ってみました。
「地域医療構想の準備が全国的に進行する中、
地方ごとの特色や
官公立病院の本来あるべき姿を外さないように
見守ることの重要性が印象に残る大会であった。
スタッフの発表はどれも素晴らしく、
積極的に学会自体を盛り上げてくれた。
来年は東京で開催予定である。」

来年の東京大会の活躍の様子も
このブログでお届けしたいと思います。

さて、発表の後は、もちろん、打ち上げ、ですね!
美味しい石川の味覚を存分に味わったそうです。
石川の味覚に舌鼓

忙しい業務の合間をぬって
発表に取り組まれたスタッフの皆さん、
須田院長、本当にお疲れ様でした。

今後も赤枝病院の様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。

【赤枝病院】赤枝病院の職員健診

赤枝病院では年に数回、
職員のための健康診断を行っています。

元々、労働安全衛生法で、従業員を持つ事業所には
『医師による健康診断を行なわなければならない』
と決められています。
健康診断の実施は会社の規模で決まるものではなく、
小さな会社でも人を雇えば、
その雇用主には健康診断を受けさせる義務が発生します。

反対に労働者とっては、
事業者が行なう健康診断を
受けなければならない義務が有ります。

一般企業等では
医療機関に赴いて実施するのが一般的ですが、
その医療機関である赤枝病院では、
自院で職員の健康診断を行います。
また、赤枝グループの関連施設の
職員健康診断も担っています。

赤枝病院には、「検診部」があります。
医師、看護師、検査技師等が
外部健診用のレントゲン搭載車(検診車)で企業様に伺い、
その企業様のスペースをお借りして健康診断を行います。

尚、検診部への健診お申込みは
ホームページまたはお電話にて承っております。

さて、話は職員健診に戻ります。

先程ご紹介した「検診部」が実施する職員健診。
外来患者様や入院患者様の邪魔にならないよう、
主に職員しか立ち入らないスペースで行います。

裏口に設けた受付
例えば、受付は裏口に設けました。
職員は通常業務が最優先ですので、
交代で受付に訪れ、受診していきます。

内容は、身長・体重・血圧測定・視力・聴力・
検尿・胸部レントゲン・心電図・採血、
そして最後に医師による問診を行います。
身長測定の様子

今回は特別に許可をいただき、
職員の問診風景を撮影させていただきました。
須田院長の診察の様子

問診を担当しているのは、須田医師。
当赤枝病院の院長で、
院内のことにはいつも積極的に協力してくださいます。
須田院長の診察の様子

もちろん他の先生方も、
忙しい業務の合間をぬって
快く問診に応じてくださいました。

問診では、患者の気になっている点はどこか、
昨年のデータと比べて変化はあるか等、
短い時間で細やかな診察を行います。
須田院長の診察の様子
須田院長の診察の様子
全身状態をよく観察して、問診終了です。

先生方はこの後、
採血結果や胸部レントゲン写真の読影を終えて、
総合診断を行います。

今年もたくさんの職員が受診しました。

健診を主導した検診部の皆様、
ご協力いただいた病院スタッフの皆様、
先生方、お疲れ様でした。

今後もこのブログで
赤枝病院の様々な風景をお伝えしていきます。

【赤枝病院】外壁塗装工事が始まりました

赤枝病院には、「営繕部」があります。

このブログでも何度かご紹介させていただいていますが、
病院内で依頼される小さな大工仕事から、
病院全体の大規模工事までを担う、
縁の下の『スーパー』力持ちです。

赤枝病院の建物は、完成してからそれなりの年数が経っており、
営繕部では、常に管理を行い、
必用とあらば直ちに修繕を行っています。

営繕部のサポートの元、
建物はまだまだ元気に、私達を支えてくれています。
これからも、様々な事態に備えて、
営繕部の活躍は、ますます期待されています。

さて、今回は8月後半の時期から始まった
病院の外壁塗装工事の様子をご紹介します。
外壁塗装、といっても、
今回は防水塗料で外壁を補強する内容になります。

今年は各地で豪雨による被害が相次ぎました。
今回はその「備え」の一環として行うものです。

さて、この時期ならではの
強い日差しが照りつける作業現場には
足場を組み、『お仕事』をしやすい状態に。
足場1
足場2

残暑が厳しいの中、作業を続ける営繕スタッフの皆さん、
本当にお疲れ様です。
作業の様子

正面の外壁をの塗り直すため、
病院敷地内の駐車場に作業車をとめて
作業にとりかかることもあります。
ご来院の皆様には大変ご迷惑をお掛けしておりますが、
何卒、ご理解、ご協力の程お願い申し上げます。
イメージイラスト

工事完了までの様子は、
今後もこのブログでご紹介していきます。

【赤枝病院】全日病 石川大会に向けて

赤枝病院は、
全日本病院協会、通称「全日病」の会員病院です。

全日本病院協会は、
昭和35年に民間病院を主体とした全国組織として設立、
平成25年4月に公益社団法人として認定され、
現在、約2,500病院が加入しています。

全日病では、年に1回
学術の研修の場として全日病学会を開催しています。
平成29年度は、「第59回全日本病院学会」が
9月に石川県で開催されます。
(※全日本病院協会ホームページより一部情報抜粋)

須田院長はその全日病の神奈川支部の
副支部長を務めていらっしゃいます。

赤枝病院からも、
須田院長をはじめ数名が発表に参加する予定です。

先日、赤枝病院ではその発表担当者による
院内事前発表が行われていました。

院内看護研究発表・介護研究発表で選抜された
2名の担当者が事前発表を行います。
この発表には院長、看護部長、各病棟の看護師長らはもちろん、
病棟スタッフや事務スタッフも集います。

学会発表では、時間が限られています。
発表者は時間配分・話すスピード・発表内容等に
気をつけながら進めていきます。
スライドの様子 その1
スライドの様子 その2

発表が終わると、院長をはじめ上長より指導があります。
話す順序・内容、スライドの見せ方等、
具体的な指示がたくさん入ります。
発表の様子
温かい指導の下、資料は発表本番に向けて、
着々と完成に向かっていきます。

こうした細やかな配慮、そして病院全体で取り組む姿勢は、
赤枝病院の長所であるといえます。

とはいえ、
長期で行う研究とその成果をまとめた資料は
膨大なはずです。
それを短時間にまとめて発表する準備は
さぞ大変なことだったと思います。

今後も通常業務と並行して準備を進める
全日病学会参加者の皆様、本当にお疲れ様です。

今後もこのブログで、引き続き様子をお伝えしていきます。
是非ご覧ください。

【赤枝病院】透析患者様のお食事

赤枝病院には、院内に厨房があり、
そこで作ったできたてのお食事を入院患者様に提供しています。

献立を考えているのは栄養士の皆さんです。
栄養、食材の組み合わせ、
季節感等に気を付けて献立を作成している栄養部。
献立表は、ホームページからもご覧いただけます。

さて、今回は
特定の疾患を患っている患者様のための食事=特別食について
ご紹介いたします。

「特別食」とは、
糖尿病や心疾患、腎疾患を患い、
特別な栄養管理が必要な患者様に提供されるお食事のことです。
例えば、糖尿病食では塩分・カロリー制限、
心疾患食では減塩や低脂肪、
腎疾患ではカリウム制限やタンパク質・カロリー確保 等に
留意したお食事が必要となります。

当院でもそうした栄養管理は管理栄養士が行い、
通常の献立に置き換えてメニューを考えています。
イメージイラスト

また、「制限がある中でのお食事であっても、
楽しみながら、継続して召し上がっていただきたい」
との思いから、
栄養面だけでなく食品の組み合わせ等にも
配慮して献立を考えます。

今回は特別食の中の「透析食」をご紹介いたします。

赤枝病院では透析患者様の入院も可能です。
透析患者様は
「慢性腎不全」「慢性腎臓病」などの疾患により
人工透析をされており、
治療の妨げにならないよう、
栄養面でのサポートが欠かせません。

一般のお食事とは異なる管理が必要であるため、
他の特別食同様、
「透析食」として個別に管理を行います。
イメージイラスト

透析食では、腎臓の負担を和らげるため
「タンパク質の摂取制限」を行います。
しかし、タンパク質の制限を行うことで
食事内容にも制限が生じ、
一度の食事で摂取できるエネルギー量も不足します。
そのため、必要なエネルギー量を確保する必要があります。

写真はお食事の一例ですが、
このように一般の食事内容と変わらない
メニューの日もあります。
お食事の一例(おそば)
この日はお蕎麦。
夏に人気のメニューが
変わらない美味しさでお楽しみいただけます。

ほかに、同じ食材でも「焼く」→「揚げる」のように、
調理方法を変えることでエネルギー量を確保しています。
また、量の多さだけでは塩分摂取量も増えてしまうため、
味付けも薄味にするのではなく、
調味料を醤油からソースに変える、等工夫し、
「特別な療養食だから」、といって
味の品質を落とさないよう考慮しています。
イメージイラスト

栄養部では、栄養補助食品に頼りきらず、
「食事でしっかりと栄養を摂る」ことを心掛けています。

院内に厨房がある、という強みを活かし、
より多くの患者様に楽しんでお食事を召し上がっていただけるよう、
今後も努力していきます。

栄養部の取り組みはこちらのページでもご紹介しています。
(※ 別画面にて開きます。)

今後も、赤枝病院の様々な活動をこのブログでご紹介していきます。

【赤枝病院】旬の味覚が届きました

5月中旬、赤枝病院の事務局には
「赤いフルーツ」の良い香りが漂っていました。

旬を迎えていた「サクランボ」です。
サクランボ

赤枝グループの施設の一つである
サービス付き高齢者住宅 タオルミーナから、
お裾分けをいただきました。

実はタオルミーナには、
スタッフが大切にしている畑があり、
果実や野菜を自分たちで育てているんです。

小ぶりのかわいらしいサクランボを食べてみると、
程よい酸味に、さわやかな甘みがあり、
とっても美味しかったです。

元気に育ったのは、タオルミーナの皆さんの努力の賜物ですね。
いつもありがとうございます。

また、同じ頃、今度は院内厨房で甘くて良い香りが…
その匂いの元にあったのはイチゴでした。

赤枝グループの顧問を務めてくださっている方から
「患者様に旬の美味しいフルーツを食べてもらいたい」
という素敵な計らいで、
厨房にたくさんのイチゴが並びました。

とっても美味しいイチゴでしたので、
加工せずそのままを味わっていただきたいと、
夕飯のデザートに提供させていただきました。
イチゴ

赤枝病院では、入院生活中でも
その季節毎の「旬」を感じていただける取り組みを大切にし、
力を入れています。

この7月は、夏限定メニューや
病棟の七夕飾りなどがお楽しみいただけることと思います。

今後も、赤枝病院の様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。

【赤枝病院】防犯用品を使いこなそう~刺又編~

赤枝病院では、定期的に勉強会が行われています。
院内の医療・看護・介護にまつわるものだけでなく、
様々な分野について実施しています。
分野ごとに業者様や院内担当者が勉強会の講師を務め、
各種職員が参加しています。

今回は、「防犯用品の使い方」についての勉強会を
開催しました。
講師を務めてくださったのは、赤枝病院と、
当法人のグループ施設、
介護老人保健施設しょうじゅの里大和の
2施設の事務長です。

防犯対策について知識豊富な事務長に、
その一部を教えていただくことができました。

先のブログでもお伝えした通り、
赤枝グループでは、起こり得るものに備え、
常日頃、防犯対策に力を入れています。
患者様の身の安全を考え、
出来得る対策をしていかなければなりません。

中でも、防犯用品を用いた対策が特に有効ということで、
赤枝グループでは各施設に
「刺又(サスマタ)・刑杖(ケイジョウ)」
と呼ばれる防犯用品を配置しました。

今回の勉強会では、
その防犯用品「刺又」の使い方を学びました。
刺又

刺又は見慣れない職員がほとんど。
先が二股になっており、
不審者との距離を保ちつつも動きを制御できる優れものです。

二股になっている方で相手の脇や関節を狙って突きます。
赤枝病院が導入した刺又は、
女性でも持てる軽さなので、
いざと言う時にも安心(?)です。
刺又で脇を狙います

これは相手が刃物等を持っている場合に有効の武器です。
というのも、特殊訓練を受けでもしない限り、
刃物は上部で振り回すことが多いそうなのです。
上部で振り回す、ということは、
脇があいて攻撃を受けやすい状態といえます。
そこで脇・肘関節・手関節・膝関節等に刺又を突くと、
その衝撃で相手が刃物を落とすので、
攻撃から身を守りやすくなるという訳です。

注意したいのは、むやみに相手を突いてしまうと
相手に刺又を奪われてしまうこともあり得る、
ということです。
二股部分は特に相手にとっても
掴みやすく力を入れやすいためです。

以上をふまえ、早速実践練習です。

事務長みずから犯人役になっていただきました。
演技もリアルに、真剣そのものです!

看護師も気迫あふれる立ち回り。
事務長のボールペンを刃物に見立てて実演していますが、
なかなか強い力で突かないと、落ちないようで…
気迫の実践演習その1

最後は気迫の突きで、見事ペンを奪うことができました。
(※ 動きが早すぎて写真で追いきれませんでした…)
気迫の実践演習その2
会場からは拍手喝采!!

最後に最も重要なお話がありました。
講習の様子

防犯用品を用いた対応はあくまでも「時間稼ぎ」。
110番通報から警察官が到着するまでの間の
時間稼ぎであることを忘れてはいけない、ということです。

自分1人で対応しようとするのではなく、
必ず複数人で対応し、
身の危険を感じた場合には非難することが大切です。
自分の身があってこそ周りを守れるのであり、
決して無茶なことはしてないけない、ということです。

そのためにも、日頃から防犯意識を高め
知識を身につけておくことが大切ですね。

今後も、赤枝病院の様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。

【赤枝病院】当院の防犯対策~防犯用品~

赤枝病院では、防犯対策に力を入れています。

防犯対策というと、
鍵などのセキュリティの強化が一般的です。
しかし、常に門戸を開いている病院にとっては
不審者の侵入は各種機関の建物の中では、比較的容易く、
また守るべき患者様がいる中での院内防犯対策は
非常に重要となります。

赤枝病院では、以前から病院入口に
守衛担当者を配備しています。
また、面会者・業者等、院内に出入りのある方には
必ず受付票に記入していただき、
訪問者バッジを付けてから館内に入っていただくよう
お願いしています。

外来受診時にも受付で確認しています。
これらは病院では一般的ですね。

しかし、近年は医者が患者に刺されたり、
元職員が建物内に無断で侵入して殺傷事件を起こす、
といった悲惨な事件が起こっています。

赤枝グループでは、全施設をあげて起こり得るものに備え、
防犯対策に力を入れています。
当院も、患者様の身の安全を考え、
出来得る対策をしていかなければなりません。

中でも、防犯用品を用いた対策が特に有効ということで、
赤枝グループでは各施設に
「刺又(サスマタ)・警杖(ケイジョウ)」
と呼ばれる防犯用品を配置しています。

万が一院内で何か事件が起こってしまった時、
ただ110番をして警察の到着を待つだけでなく、
しっかりとした知識を身に着け
適切に防犯用品を使用すれば、
被害を少なく抑えることができるかもしれません。

こちらが『刺又』です。
刺又
写真の通り先が二股になっており、
不審者との距離を保ちつつも
動きを制御できる優れものです。

二股になっている方で相手の脇や関節を狙って突きます。
相手が刃物等を持っている場合に有効な道具です。

こちらは『警杖』です。
警杖
ご覧の通り、長い杖状のもので、
こちらも相手との距離を保ったまま、
武器を持っている手や足元を狙い叩くものです。

扱い方の難しい防犯用品。
その使い方について、先日勉強会を実施しました。
その詳しい様子を、次回のブログでご紹介していきます。
とても気合の入った良い勉強会となりましたので、
その様子をぜひ!ご覧ください。

今後も、赤枝病院の様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。