【赤枝病院】秋の味覚が届きました

赤枝病院は、「赤枝グループ」を母体としています。

赤枝グループには、様々な形態の施設があり、
その施設の多様性を活かし、
多くの患者様、利用者様のご状態に合った
”ベストな施設”をご紹介できることが強みです。

さて、今回はそんなグループ施設から届いた
「秋の味覚」をお伝え致します。

秋の味覚といえば様々なものがありますが、
赤枝グループといえば、「柿」です。

赤枝グループ各施設には柿の木をはじめ、
果実の木が植えられています。
お部屋の前に大きな柿がなりました。
こちらの写真は、赤枝病院の隣にある
住宅型有料老人ホームミニハウス オレンジヒルズ
庭にある柿の木です。

利用者様にも楽しんでいただけるとあって、
オレンジヒルズ以外の施設でも、
柿の他に、みかんや栗といった、
様々な果木が植えられています。

野菜を育てている施設もいくつかあります。
中庭の里いも
こちらは、お隣の緑区にある
サービス付き高齢者向け住宅タオルミーナ
中庭で育てている里芋です。

収穫時期になると、毎回施設間でお裾分けをし合ったり、
利用者様に振る舞ったり、
様々なかたちで「実の成る喜び」を共有しています。

9月下旬~10月にかけて食べ頃を迎える柿。
赤枝病院には9月下旬に、
早々と大量の柿が届いていました。
袋いっぱいの柿

「今年の出来はどうかな?」
と、職員もいつも楽しみにしています。

実は、柿にはみかんの約2倍ものビタミンCが
含まれているそうです。
ブドウ糖や果糖、ビタミンB1、B2、
カロチンなどの栄養素やミネラルなども含まれており、
栄養価の高い果物なのです。

美肌効果もあるとの話を聞き、
女性スタッフの多い赤枝病院事務局では
意気込んでお先に試食をいただきました。
柿の試食

甘さが程よく、とっても美味!
今年の柿もとっても美味しく実ったようです。

今後も赤枝病院の様々な風景を
このブログでご紹介していきます。

11月第1週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

11月第1週の献立表(10月29日~11月4日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

HP_常食(11月第1週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。


HP_全粥食(11月第1週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【過去のメニュー一覧表】

●2017年1月1日から今週迄の【常食】メニューはこちらをクリックください。
●2017年1月1日から今週迄の【全粥食】メニューはこちらをクリックください。

10月第4週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

10月第4週の献立表(10月22日~10月28日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

HP_常食(10月第4週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。


HP_全粥食(10月第4週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【過去のメニュー一覧表】

●2017年1月1日から今週迄の【常食】メニューはこちらをクリックください。
●2017年1月1日から今週迄の【全粥食】メニューはこちらをクリックください。

【赤枝病院】赤枝病院の訪問診療

赤枝病院では、訪問診療を行っています。

訪問診療とは、
疾患等により通院が困難な方がご利用いただける、
いわば「出張診察」です。

赤枝病院の母体である赤枝グループには
様々な施設がありますが、その中でも、
有料老人ホーム、
サービス付高住者向け住宅等の施設等に
医師自ら出向き、
治療を必要とするものの
通院が困難になってしまった患者様の
ニーズに応えたいとの考えから、
訪問診療が始まりました。

特に、病院近隣にある若葉台団地の
訪問診療を担っているのが、須田院長です。
若葉台団地

忙しい院長業務の合間をぬって、
患者様のお宅へ向かいます。
歩いて向かう須田院長

「近いから」と歩いて向かう須田院長。
歩いて向かう須田院長
患者様の在宅生活のサポートにも
大変力を入れていらっしゃいます。

若葉台商店街の中に
「訪問看護ステーション あさがお」
「居宅介護支援事業所 あさがお」をオープンしたのも、
その気持ちからでした。

元気な高齢者の方が多く住まうこの若葉台地域を
支えたいという須田院長の想いを受け、
「あさがお」スタッフも日々奮闘しています。

おかげさまで年々お問合せの件数の増えてきており、
ますますの活躍が期待されています。
訪問看護ステーションあさがお

また、同じく若葉台商店街にある
地域交流の場「ひまわり」にて、
10月4日・10月18日の2日、須田院長による
「若葉台地域における赤枝グループの役割」
についての講演がありました。

公演の様子は、またこちらのブログでも
ご紹介する予定ですので、ぜひご覧ください。

今後も、赤枝病院の様々な取り組みをご紹介していきます。

10月第3週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

10月第3週の献立表(10月15日~10月21日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

HP_常食(10月第3週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。


HP_全粥食(10月第3週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【過去のメニュー一覧表】

●2017年1月1日から今週迄の【常食】メニューはこちらをクリックください。
●2017年1月1日から今週迄の【全粥食】メニューはこちらをクリックください。

【赤枝病院】全日病大会 in 石川

赤枝病院は、
全日本病院協会、通称「全日病」の会員病院です。
須田院長はその全日病の理事および
神奈川支部の副支部長を務めていらっしゃいます。

全日病では、年に1回学術の研修の場として
『全日病学会』を開催しています。
平成29年度は、9月に石川県にて
「第59回全日本病院学会」が開催されました。
(※全日本病院協会ホームページより一部情報抜粋)

先日も、このブログでその準備の模様をお伝えしましたが、
今回は本番の様子をお伝えしたいと思います。

9月上旬、石川県で行われた全日病大会。
会場の外観

赤枝病院からは須田院長とともに
3名のスタッフが参加しました。
会場入りする須田院長とスタッフ

各自、研究成果をこの場で発表します。

会場はいくつかに分かれており、
タイムテーブルに沿ってシンポジウムやランチョンセミナー、
パネルディスカッション等、様々な発表が行われます。
医療界や経済界など、発表者の顔ぶれも非常に豪華です。

赤枝病院のスタッフも、いよいよ発表です。
事前の院内演題発表で
プレゼンテーションスキルに磨きをかけてきた日々。

実際に発表する姿はとても頼もしく、
準備の成果がしっかりとあらわていたようでした。
発表スタッフ1
発表スタッフ2
発表スタッフ3

こうして、無事に発表は終わりました。

須田院長に今大会の感想を伺ってみました。
「地域医療構想の準備が全国的に進行する中、
地方ごとの特色や
官公立病院の本来あるべき姿を外さないように
見守ることの重要性が印象に残る大会であった。
スタッフの発表はどれも素晴らしく、
積極的に学会自体を盛り上げてくれた。
来年は東京で開催予定である。」

来年の東京大会の活躍の様子も
このブログでお届けしたいと思います。

さて、発表の後は、もちろん、打ち上げ、ですね!
美味しい石川の味覚を存分に味わったそうです。
石川の味覚に舌鼓

忙しい業務の合間をぬって
発表に取り組まれたスタッフの皆さん、
須田院長、本当にお疲れ様でした。

今後も赤枝病院の様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。

10月第2週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

10月第2週の献立表(10月8日~10月14日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

HP_常食(10月第2週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。


HP_全粥食(10月第2週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【過去のメニュー一覧表】

●2017年1月1日から今週迄の【常食】メニューはこちらをクリックください。
●2017年1月1日から今週迄の【全粥食】メニューはこちらをクリックください。