【リハビリコラム】誰にでも過ちはあるから…

いきなりですが、この下の図の上下の線の長さは、
どちらの方が長く見えますか?

多くの方が、下の方が長く見えると思います。
でもこの線は両方とも同じ長さなのです。

これは“ミュラーリヤー錯視”といって、
目の錯覚を感じる典型例です。

今回も、前回に引き続き
医療事故や介護事故を防ぐために、
高齢者のリハビリや介護を行う上でも
大切にしなければいけない概念である
“セーフティマネジメント”について考えてみましょう。

『To err is human. 』という言葉があります。

これは日本語では
『だれにも過ちはあるもの。』という意味で、
人間は思い込みや勘違いなどをするため、
高齢者のケアをおこなううえで
大変重要なキーワードとなります。

では、前回お伝えしたように、具体的な事例として、
当法人グループに属する、ある介護施設の
アクシデント報告書を例にお話させていただきます。

Case.1 フロアで車いすから転倒

フロアで入居者が転倒することは
どこの施設でもあることだと思います。
ここでのポイントとしては、
「なぜ入居者は立ち上がるのか?」という点です。

それには以下の理由が考えられます。

  • 座り心地が悪い
  • トイレに行きたい
  • 周囲の人が気になる
  • うるさい
  • 家に帰りたい
  • 寒い
  • 暑い
  • 長い間座りっぱなし
  • 話し相手がいない
  • やることがない ……etc

入居者様が動く背景には必ず理由があります。
まずはその理由を追及して、
それぞれに対してより具体的な対策を講ずることが
大切になります。

また、普段からの思い込みが事故につながっているため、
思い込みをなくすことも大事なポイントになるかと思います。

Case.2 自力移乗時車いすにぶつけて損傷

入居者様が動作時に車いすやベッド等に身体をぶつけて
ケガをすることも日常よく見られることかと思います。
この場合のポイントとしては、
自力移動した時ぶつけることは防ぎきれないが、
介護スタッフの見守り下であれば
職員の責任になるということです。

対策の鉄則としては
「ぶつけるところはモノもカラダも覆う」
ということです。
介護現場には意外と
ぶつけるとケガをする突起部や金属部等が多いため、
常時注意喚起することにあわせて、
必要であればぶつけた時に傷にならないよう
覆うことも大切な対策です。
例えば、靴下は膝までくる長めのものを履く、
ベッドのフレームをクッション素材で覆う等です。
また、ベッドから車いすへの移乗介助時は、
車いすのフットサポート部分が取り外せるものであれば、
外してから移乗介助する等の対策も大切です。

ひと手間かければ
アクシデント発生のリスクも下がると思います。

Case.3 居室内での転倒

居室内での転倒対策は介護スタッフのみなさんも
一番苦労されていることだと思います。
この場合のポイントを以下の2点に絞って考えました。

① 居室内転倒対策は環境設定が基本

ベッド・テレビ台・タンス・洗面台・トイレ等の配置、
つかまるところがあるか、履物が適切であるか、
床が滑らないようになっていないか、
適切な福祉用具を使用しているか、等
入居者にとって適切な環境設定となっているかが重要です。
センサーマットは行動観察として
一定期間は使用することも可能ですが、
使い方によっては『身体抑制』になる可能性もありますので
注意が必要です。

② 居室内転倒は防ぎきれない

上記環境設定を行ったとしても、
居室内にて入居者様が転倒しないということはありません。
私たちも生活していく上で、
何回かは転んだり、転びそうになったりすることは
あるかと思います。入居者様にとっても同じことです。
そのため、普段から転倒のリスクを
ご本人様やご家族様に理解していただくことも
大切なことであると思います。

ここで“移乗介助100%の法則”を考えてみました。

自立支援の観点から、移乗介助の時に
適切な介助量を提供することが
大切であるということです。
介助量が多すぎても少なすぎても
事故につながる可能性があるということです。

これは生活リハビリにおいても
大切な考え方であると思います。
入居者様の持つ力を日々の動作に反映させることが
身体機能を維持し、事故防止対策にもつながります。

さて、もう一度この図をみて
どちらが長いか考えてみましょう。

答えは、両方同じ長さではなく、
下の方が長くなっています。

同じ長さだと思ってしまった人が
もしかしているかもしれません。
人間の目は周囲の状況に惑わされやすいものです。

“だれにも過ちはあるもの”ということを忘れず、
日ごろのケアに努めていきたいものです。

“Great pains but all in vain.(骨折り損の草臥れ儲け)”
ということわざがあります。

介護に携わる方々の日々の頑張りが
アクシデントにより、
入居者様にとって不利益にならないよう、
Safety managementを強化し、
事故のない環境をめざしましょう!!

10月第3週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

10月第3週の献立表(10月15日~10月21日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

HP_常食(10月第3週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。


HP_全粥食(10月第3週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【過去のメニュー一覧表】

●2017年1月1日から今週迄の【常食】メニューはこちらをクリックください。
●2017年1月1日から今週迄の【全粥食】メニューはこちらをクリックください。

【赤枝病院】全日病大会 in 石川

赤枝病院は、
全日本病院協会、通称「全日病」の会員病院です。
須田院長はその全日病の理事および
神奈川支部の副支部長を務めていらっしゃいます。

全日病では、年に1回学術の研修の場として
『全日病学会』を開催しています。
平成29年度は、9月に石川県にて
「第59回全日本病院学会」が開催されました。
(※全日本病院協会ホームページより一部情報抜粋)

先日も、このブログでその準備の模様をお伝えしましたが、
今回は本番の様子をお伝えしたいと思います。

9月上旬、石川県で行われた全日病大会。
会場の外観

赤枝病院からは須田院長とともに
3名のスタッフが参加しました。
会場入りする須田院長とスタッフ

各自、研究成果をこの場で発表します。

会場はいくつかに分かれており、
タイムテーブルに沿ってシンポジウムやランチョンセミナー、
パネルディスカッション等、様々な発表が行われます。
医療界や経済界など、発表者の顔ぶれも非常に豪華です。

赤枝病院のスタッフも、いよいよ発表です。
事前の院内演題発表で
プレゼンテーションスキルに磨きをかけてきた日々。

実際に発表する姿はとても頼もしく、
準備の成果がしっかりとあらわていたようでした。
発表スタッフ1
発表スタッフ2
発表スタッフ3

こうして、無事に発表は終わりました。

須田院長に今大会の感想を伺ってみました。
「地域医療構想の準備が全国的に進行する中、
地方ごとの特色や
官公立病院の本来あるべき姿を外さないように
見守ることの重要性が印象に残る大会であった。
スタッフの発表はどれも素晴らしく、
積極的に学会自体を盛り上げてくれた。
来年は東京で開催予定である。」

来年の東京大会の活躍の様子も
このブログでお届けしたいと思います。

さて、発表の後は、もちろん、打ち上げ、ですね!
美味しい石川の味覚を存分に味わったそうです。
石川の味覚に舌鼓

忙しい業務の合間をぬって
発表に取り組まれたスタッフの皆さん、
須田院長、本当にお疲れ様でした。

今後も赤枝病院の様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。

10月第2週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

10月第2週の献立表(10月8日~10月14日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

HP_常食(10月第2週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。


HP_全粥食(10月第2週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【過去のメニュー一覧表】

●2017年1月1日から今週迄の【常食】メニューはこちらをクリックください。
●2017年1月1日から今週迄の【全粥食】メニューはこちらをクリックください。