【赤枝病院】パンフレットリニューアル ~透析室編~

赤枝病院には、透析室があります。
入院患者様の透析に対応しており、
全7床で人工透析を担っています。
透析イラスト(イメージ)

人工透析に主に関わるスタッフは、
各医師をはじめ臨床工学技士・看護師です。

ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、
臨床工学技士は国家資格。
透析のスペシャリストである彼らは、
透析室に必要不可欠な存在です。

また、看護師も一般看護とは異なる
専門知識が必要になります。
当院でも経験豊富な看護師が
透析をサポートしています。

透析に関する知識や情報については、
当赤枝グループ透析施設専門トータルサイト
併せてご覧ください。
グループ施設であり、人工透析専門クリニックである
「三保の森クリニック」「しょうじゅクリニック」の情報や
それぞれの施設のブログもトータルで掲載されています。
難しいこともわかりやすく解説してあり、
読者様にも好評をいただいているようです。

さて、こちらは赤枝病院の透析室です。
透析室風景

先日もブログでご紹介しましたが、
現在赤枝病院ではグループ全体と歩幅を合わせ、
パンフレットのリニューアル作業が進められています。
作業は「スタッフの手作り」をモットーに、
丁寧に、各部署が協力し合って作成しています。

今回の透析室の写真撮影も、
パンフレット作成の一環でもあります。

透析室だけでなく、
他の設備や仕様を紹介する為の写真撮影も、
スタッフ同士、協力して行っています。
違うアングルで撮りなおしてみたり、
カメラの設定を変えてみたりと、試行錯誤。
そうして思った通りの1枚が撮れた時の嬉しさは、
なかなか良いものなのです。

しかも、透析技士長はカメラ好きとあって、
自らシャッターを押してくださいました。

透析室のスタッフ皆様、
業務が残っているのも関わらず快く撮影を引き受けてくださり、
本当にありがとうございました。
透析室スタッフ

赤枝病院ならではといえる、
スタッフの皆様の協力に支えられて、
パンフレットは少しずつ完成していきます。

今後も、赤枝病院の様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。

5月第1週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

5月第1週の献立表(4月30日~5月6日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

HP_常食(5月第1週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。


HP_全粥食(5月第1週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【過去のメニュー一覧表】

●2017年1月1日から今週迄の【常食】メニューはこちらをクリックください。
●2017年1月1日から今週迄の【全粥食】メニューはこちらをクリックください。

4月第5週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

4月第5週の献立表(4月23日~4月29日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

HP_常食(4月第5週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。


HP_全粥食(4月第5週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【過去のメニュー一覧表】

●2017年1月1日から今週迄の【常食】メニューはこちらをクリックください。
●2017年1月1日から今週迄の【全粥食】メニューはこちらをクリックください。

【赤枝病院】たまプラーザ看護専門学校 開校式にて

赤枝病院では、3月のとある週末を忙しく迎えていました。

桜の開花が各地で聞こえてくるこの頃、
赤枝病院の属する赤枝グループは、
とても大きな一歩を踏み出しました。

学校法人東峰会 たまプラーザ看護専門学校の
開校式です。
たまプラーザ看護学校 校舎
開校式表示

赤枝病院のスタッフも、
グループの一員としてお手伝いに行って参りました。
開校式は関係者の方のみお招きし、
多くの方にお越しいただきました。

さて、本日ご紹介したいのは、
先日のブログでも掲載した「合唱団」です。
合唱団練習風景

赤枝グループ施設のスタッフで構成されている合唱団。
赤枝病院からは3名のスタッフが参加しています。
合唱団メンバー

合唱団は、このたまプラーザ看護学校の各種式典で
校歌『あなたが笑顔でいられるように』を披露する為、
千葉県警察本部音楽隊長である平林徹様の指導を受け
その実力を磨いてきました。
平林先生の指導を受けて
こちらは練習風景。
本番さながらの緊張感を持って挑んでいました。

開校式の当日は、合唱団の歌声と一緒に
法人グループ内のスタッフの方によるピアノと
有志の方による弦楽四重奏の伴奏が加わり、
見事なハーモニーが奏でられました。

演奏に参加してくださった方の中には、
赤枝病院職員のご家族の姿も。
綺麗なバイオリンの音色で、
会場をより引き込んでくださいました。

開校式で、練習の成果を存分に発揮した赤枝合唱団。
続いての活躍の場は、今月頭に開会された
たまプラーザ看護学校 第一期生の入学式です。

開校式の時よりも、更に実力を伸ばし
この校歌が少しでも多くの学生の心に響くようにと、
のびやかな歌声を聴かせてくれました。
学校歌の額

こうして合唱団の活躍は、一先ず幕をとじました。
素敵な歌声と演奏を、本当にありがとうございました。

今後も、赤枝病院の様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。

【リハビリコラム】生活リハビリをエンジョイ!

リハビリコラムが始まってからはや1年となりました。
時が過ぎるのは早いと感じるとともに、
当たり前のことですが、1年経過するとカラダも変化します。

そこで、高齢者のリハビリは
どのようなことを意識すればよいのでしょうか?

1年前にもお伝えしましたが、
高齢者のリハビリは継続することがキーポイントとなり、
そのためにはリハビリが
『うれしい。たのしい。きもちいい。』
となるように工夫することが大切です。

そして、それを継続するために、“生活リハビリ”という
日常生活全般をリハビリと捉えるという考え方は、
大変重要になってきます。

今回は行動を起こすために大切な“脳”について
少し考えましょう。

実は脳は感覚野と運動野に分かれており、
手や足など体を動かしたり、感じたりする部分は
すべて決まっているといわれております。
これはペンフィールドという脳神経外科医が
その昔発見したとのことです。

脳は非常に複雑なつくりをしており、
まだまだ解明されていない部分が
多く存在するといわれております。
その脳の機能として大切なのが前頭葉の働きであり
特に前頭前野の働きが大切であるといわれております。

前頭前野は、思考や創造性を担う脳の最高中枢と考えられ、
生きていくための意欲や、
情動に基づく記憶、実行機能等を
つかさどっているといわれております。
前頭前野は、
いわば脳全体の司令塔や指揮者などに例えられます。

今日は前頭葉をきたえる脳のリハビリをご紹介しましょう。

さて、このイラストの名前を反対から言ってみましょう。

答えはゴリラですから、
反対から言うと、“ラリゴ”です。

次は4文字です。
この動物の名前を反対から言ってみましょう。

答えはシマウマですから、
反対から言うと、“マウマシ”です。

次の問題も4文字です。
この動物の名前を反対から言ってみましょう。

答えはニワトリですから、
反対から言うと、“リトワニ”です。

次の問題は5文字です。
この動物の名前を反対から言ってみましょう。

なかなか見ない動物ですが、
答えはアルマジロですから、
反対から言うと、“ロジマルア”です。

このように、普段生活で見かけたものを
逆から言ってみるだけでも脳のリハビリになります。

考えることにひと工夫すれば、
脳のリハビリになるのです。

皆さんも、街で“ゴリラ”や“シマウマ”を見かけたら、
是非反対から言ってみてください。
脳のリハビリになりますよ。

4月第4週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

4月第4週の献立表(4月16日~4月22日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

HP_常食(4月第4週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。


HP_全粥食(4月第4週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【過去のメニュー一覧表】

●2017年1月1日から今週迄の【常食】メニューはこちらをクリックください。
●2017年1月1日から今週迄の【全粥食】メニューはこちらをクリックください。

【赤枝病院】赤枝グループ合唱団

4月を迎え、気持ちも新たに新年度が始まりました。

4月といえば、入学式や入社式。
フレッシュな風は赤枝病院にも届いています。
というのも、この4月、
赤枝グループではたまプラーザ看護学校を開校しました。
3月下旬には開校式を行い、
たくさんの関係者様にお越しいただきました。

そんな赤枝グループの看護学校
「学校法人 東峰会 たまプラーザ看護学校」。
たまプラーザ看護学校
そのサポートとして赤枝病院スタッフも動員し、
グループ全体で力を合わせて取り組んでいます。

今回ご紹介したいのは、「合唱団」の存在。
「合唱団」は、看護学校の校歌を開校式で披露するために、
赤枝グループ各施設の有志により結成されました。

ちなみに、こちらが看護学校講堂内に飾られている
『校歌の額』です。

揮毫くださったのは、昭和から平成への「改元」に際し、
総理官邸で、当時の小渕官房長官が掲げた
『平成』の揮毫を担当された河東峰城先生です。

年明け前後から、仕事の合間をぬって練習を重ねてきた合唱団。
赤枝病院からは3名が参加しています。

合唱団制服も完成し、
準備万端で本番である開校式に臨みました。
合唱団の制服

本番ではどんな歌声を披露したのでしょうか。
開校式の様子も、このブログでご紹介する予定です。

今後も、赤枝病院の様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。

4月第3週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

4月第3週の献立表(4月9日~4月15日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

HP_常食(4月第2週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。


HP_全粥食(4月第3週)

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【過去のメニュー一覧表】

●2017年1月1日から今週迄の【常食】メニューはこちらをクリックください。
●2017年1月1日から今週迄の【全粥食】メニューはこちらをクリックください。