【赤枝病院】大和からジャガイモが届きました!

赤枝病院の栄養部では、おやつもご用意しています。
併設の介護老人保健施設「グリーンリーブズ赤枝」と
住宅型有料老人ホーム「オレンジヒルズ」の
ご利用者様向けのおやつです。
出来合いのものばかりでなく、
シフォンケーキ等、手作りのおやつもあります。

先日、栄養部宛に大和市にある関連施設「しょうじゅの里大和」より、
たくさんのジャガイモをいただきました!

届いたジャガイモを美味しく召し上がっていただくために、
栄養部スタッフが考えたメニューは「ポテトフライ」。

担当スタッフがフライヤーを使ってたくさんのポテトを揚げていきます。
1.ジャガイモを揚げます

付近は熱気で暑さを増す中、
慣れた手つきで上げていく厨房スタッフさん。
2.暑さに負けず

素材の旨味を活かし、薄塩の味付けに、青のりをまぶします。
3.塩と青のりをまぶして…

元々予定していなかった、いわばイレギュラーな献立にも
美味しく手早く対応できる赤枝病院栄養部・厨房スタッフの皆様、
さすがです。

本来のおやつだった「大判焼き」にポテトフライを少し添えて、
皆様に「しょうじゅの里大和」のジャガイモを
おすそ分けさせていただきました。
4.大和産メニューとのコラボ

こうした関連施設との連携を、私たちはとても大切にしています。

今回たくさんのジャガイモを分けてくださった
「しょうじゅの里大和」の皆様、ありがとうございました!

「しょうじゅの里大和」のジャガイモ採り(大豊作だったようです!)の様子は、
しょうじゅの里大和のスタッフブログでご紹介しています。
こちらも是非、ご覧ください。

これからも赤枝病院の様々な取り組みをご紹介していきます。

8月第1週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

8月第1週の献立表(7月31日~8月6日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

7月第5週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

7月第5週の献立表(7月24日~7月30日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【赤枝病院】保険証についての大切なお知らせ

赤枝病院は、「医療療養型の病院」です。

ご入院いただく患者様には、被保険者証をご提示いただいております。

現在、入院する一部の方に適用しております「後期高齢者医療被保険者証」は、
7月末で有効期限の切れてしまうものがほとんどです。
保険証イラスト


8月1日からの新しい保険証は、7月末頃より発送されます。
新しい保険証は、「もも色」です。
ご自宅に新しい保険証が届きましたら、赤枝病院の受付にご提出ください。
コピーをFAXまたは郵送にてご提出いただいても構いません。
(※個人情報のお取り扱いには十分ご留意頂きますようお願い申し上げます。)

また、「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」をお持ちの方は、
合わせて新しい保険証をご提出ください。

皆様の入院費に関わる、大切なお知らせです。
皆様のご協力をお願い致します。

7月第4週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

7月第4週の献立表(7月17日~7月23日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【リハビリコラム】移乗介助について~“心地よい介助” していますか?

移乗介助は
『自信がない。』『苦手。』『腰痛で不安。』という声は
少なくありません。
そのため、移乗にまつわる技術革新は進み、
様々な介助方法も考案されています。
1

また、“ノーリフティングポリシー”を主軸とした
“持ち上げない介護”も盛んに取り入れられています。

ADLやQOLを維持するためには、移乗介助は必須であり、
介護スキルの向上とともに、
安全かつ効率的に業務を推進する必要性が今求められています。
2

では、移乗介助をどのように提供したら、
“心地よい”介助になるのでしょうか。

一つの方法としては、
移乗動作を“生活リハビリの好機”として捉えるということです。
3

過介助は利用者の“できる力”を奪い、
介助者の腰痛等の労働災害リスクを招くことに繋がります。
しかし、単に利用者ができることを自分でしてもらい、
介助量を最小限にすることだけが生活リハビリではありません。
利用者の体調や気分はその時々で違い、身体能力にも個人差があります。
4

最も大切なのは、
各利用者の能力や気持ちをしっかりと把握し、
自立できる環境を整え、
TPOに配慮しながら必要な介助量を提供することです。
そうすることで自然に利用者のモチベーションは高まり、
“心地よい介助”につながっていきます。
5

被介助者(利用者)にとっては“自立支援”、
介助者にとっては“介助負担軽減”というような
相互作用が発生するようになると、
移乗介助が両者にとって“有益”となります。
6

すべての利用者様は介護する方を頼りにし、
自分の気持ちを分かってほしいと願っています。

今一度利用者様の“こころ”の介助を意識し、
その人の“支え”となれるような介護を心がけてみてはいかがでしょうか。

【赤枝病院】お食事ができるまで

赤枝病院の厨房では、入院患者様だけでなく、
関連施設である介護老人保健施設グリーンリーブズ赤枝、
有料老人ホームオレンジヒルズ、
三保の森クリニックのご利用者様のお食事も手作りしています。

皆様により美味しいお食事を召し上がっていただきたいと、
季節のメニューや新メニューにも力を入れています。

今回は、栄養部・厨房の皆様にご協力いただき、
厨房の様子を取材してきました。

夕食の準備に忙しい厨房におじゃますると、
オーブンからいい匂い。
1.オーブンにずらり

アルミ箔を空けると...
2.焼き立ての白身魚
さすが全4施設の食事を手掛けているだけあって、
すごい量です!

本日の夕食は、
最近できたばかりの新メニュー「白身魚のイタリア風ロースト」。

カリフラワーを添えて、トマト風ソースをかけて完成です。
3.完成品(白身魚単品)
4.完成品(全品)

完成したお食事は、入院患者様、
そして各関連施設へと届けられます。

隣接しているオレンジヒルズでは、
届いたお食事を施設で盛り付けして、できたてを提供しています。
使用する食器など病院とは違った盛り付けで、
こちらもとても美味しそうです。
4.完成!

こちらの詳しい様子は、
『オレンジヒルズ スタッフブログ』のページでご紹介しておりますので、
こちらも是非ご覧ください。

7月第3週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

7月第3週の献立表(7月10日~7月16日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

7月第2週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

7月第2週の献立表(7月3日~7月9日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。