【赤枝病院】お花見に行ってきました

4月初旬、赤枝病院の一大イベントである「お花見」に行ってきました。

昨年のブログでご紹介した「クリスマス会」と同様、
リハビリテーション部が主体となって毎年実施しているイベントのひとつです。

患者様と一緒に外出できるこの日を、スタッフも心待ちにしていました。
数日間にわたって行われた今年のお花見は、
ご家族様へも事前にお知らせし、参加者は総勢30~40名となりました。

病院を出発し、近隣の若葉台の公園を目指します。
4.集合写真
爽やかな風が吹く春の心地よい陽射しに、みなさんも笑顔がこぼれます。
1.笑顔がとっても素敵

須田院長も駆けつけてくださいました。
3.院長と…

見晴らしの良いポイントに到着し、集合写真!
2.ご家族と一緒に
5.集合写真2

普段は患者様と接する機会の少ない事務スタッフから医師まで、
赤枝病院ならではのアットホームな、そして最高のチームワークで
患者様に喜んでいただくことができました。

記念撮影では、みなさんがフレームに入るように、と
柵に登っての撮影を支えるスタッフ。
6.柵に登って撮影
撮影現場からは笑い声があがり、終始和やかな雰囲気でした。

院長は療養型の病院は医療的な面はもちろんですが、
老健や特養などの施設と同様に、
レクリエーションのようなサービスも重要だと考えています。

来年も、より多くの患者様に喜んでいただけるようなお花見を企画したいと思います。
ご協力いただきましたご家族様、本当にありがとうございました。

たくさんの素敵な笑顔で新年度を迎えた赤枝病院リハビリテーション部でした。

なお、このブログに掲載しきれなかったお写真は、ホームページ「写真集」に掲載しております。
こちらも合わせてご覧ください。

また、赤枝病院の各病棟ナースステーション近くに掲示もしています。
ぜひご覧ください。

今後も赤枝病院の様々な取り組みをこのブログでご紹介していきます。

5月第1週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

5月第1週の献立表(5月1日~5月7日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

4月第5週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

4月第5週の献立表(4月24日~4月30日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

平成28年熊本地震に際して

熊本地震で被害に見舞われた皆様にお見舞い申し上げますとともに
一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

少しでもお力添えになればと、赤枝病院では
全日本病院協会を通して、
ゴム手袋・アルコール綿・吸引チューブ・流動食等の支援物資を送ることに
致しました。
支援物資

また、被災地への募金も病院受付にて募集しています。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

【写真集】『春の大イベント、お花見』を掲載しました。

【写真集】のページに、「春の大イベント、お花見」を掲載しました。

4月初旬、赤枝病院の一大イベントである「お花見」に行ってきました。
数日間にわたって行われた今年のお花見は、
ご家族様へも事前にお知らせし、多くの方のご参加をいただきました。
たくさんの素敵な笑顔のお写真が撮れましたので、ぜひご覧ください。

メニューバーからページを移動するか、
もしくはこちらをご覧ください。

【赤枝病院】新メニューができました

赤枝病院には、院内に厨房があります。
入院患者様にできたてのお食事を提供できる、病院自慢の厨房です。

赤枝病院の厨房で作られた食事は、病院内だけでなく、
関連施設であるグリーンリーブズ赤枝・ミニハウス オレンジヒルズ
・三保の森クリニックにも配膳されており、
正に「赤枝グループの台所」です。

毎日の献立は、
当院の管理栄養士が栄養バランスを考えつくっています。
クリスマスや敬老の日、お正月など、
日本の四季を感じられるメニューづくりは、おかげさまで皆様にもご好評をいただいております。

そんな栄養部では、様々な取り組みを行っています。

そのひとつが、新メニューの考案です。
栄養部が作った試作について、須田院長・栄養部を中心に、
「患者様により美味しいお食事を提供できるように」と
盛り付け・味など様々な視点から意見が出ています。
1.真剣です!
2.話し合いの様子

今回の新メニューは「スパゲティ」。
少しでも多くの患者様に喜んで召し上がっていただけますように…
3.須田院長と栄養部
4.新メニュー完成に向けて

今後も赤枝病院の様々な取り組みを、このブログでご紹介していきます。

【リハビリコラム】病気が治らなくても暮らしが良くなる方法

リハビリは『痛い。辛い。苦しい。』というイメージをもつ人が多いかと思います。
しかし、高齢者のリハビリではこのようなネガティブなイメージでは長続きしません。
リハ1604-1
リハ1604-2

リハビリの期間は急性期、回復期、維持期に分類できます。
例えば脳卒中であれば、発症から数週間を急性期、
半年から1年を回復期、
それ以降の非常に長い期間が維持期(別名生活期、介護期)にあたります。

最近では終末期リハビリという言葉も出てきました。
高齢者のリハビリはまさにこの維持期や終末期にあたります。
リハ1604-3

維持期や終末期は病気が治りにくい期間でもあり、
高齢者は複数の慢性疾患を抱えていることが多いため、
症状も悪化させる傾向があり、
医学の進歩によっても解決できないことが多いという期間でもあります。

従って、モチベーションをいかに持続するかということが課題となります。

このような背景から、リハビリ自体が“苦痛なもの”になると当然長続きできず、
意欲低下に繋がってしまいます。
ゆえに高齢者のリハビリは、いかに“やりがい”をもちながら、
楽しんでできるかが有意義な生活を送るための“鍵”になります。

高齢者のリハビリではADL(日常生活活動)を高め、
家庭や社会への参加を促し、
それによって一人ひとりの生きがいや自己実現のための取組を支援し、
QOL(生活の質)の向上を目指すことが大切であると考えられています。

厚労省は、生活機能の低下した高齢者に対して
「心身機能」「活動」「参加」の各要素にバランスよく働きかけることが重要だと提言しています。

施設でのリハビリが、単なる体操や慢性的な機能訓練の繰り返しに留まっていませんか。
リハ1604-5
リハ1604-4

高齢者のリハビリは、その内容が生活に結びつき、自立支援となっていることが大切です。
そのためには、対象者の能力をしっかりと把握し、
各職員が連携をもち、高齢者一人ひとりの“気持ち”を受けとめ、
多角的に考察した上“ニード”として自立支援主体の個別ケアに繋げることが今求められています。
リハ1604-6

それぞれの施設で“病気が治らなくても暮らしが良くなる方法”を見つけ、
『痛い。辛い。苦しい。』を『うれしい!たのしい!きもちいい!』になるよう、
リハ1604-7
今一度、リハビリのスタイルを見直してみるのも良いかもしれません。

4月第4週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

4月第4週の献立表(4月17日~4月23日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

4月第3週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

4月第3週の献立表(4月10日~4月16日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【赤枝病院】リハビリ部の講演活動

赤枝病院のリハビリテーション部、理学療法士の鈴木です。
普段は病院で勤務しておりますが、地域への活動も積極的に行っています。

今回、「~健康な身体を維持するための秘訣~」の講演のお話をいただき、
2月27日に若葉台の老人クラブで講演をして参りました。
1.講演の様子
2.講演の様子2

講演内容は、認知症予防や転倒予防、日常で行える体操についてです。
1時間の講演時間でしたが、楽しい時間はあっという間ですね(笑)
3.熱心に耳を傾ける皆様
講演後も熱心に質問して下さる方々がいて、とても嬉しかったです。
もっと自己研磨して、
地域の皆様に役立つ情報を還元できるようにしていきたいと考えています。

今回の活動とは別ですが、
1月から第4水曜日に介護予防の体操教室も行っております。
今後も継続して地域に貢献できるよう、
活動を続きて行きたいと思います。

※以前このブログでご紹介した、昨年行われた講演会の様子です。
こちらもぜひご覧ください!
「ロコモティブシンドロームについて その1」
「ロコモティブシンドロームについて その2」

平成28年度も、
赤枝病院のリハビリテーション部は日々精進して、頑張っていきます!