【赤枝病院】肺炎球菌ワクチンについて

赤枝病院では、肺炎球菌ワクチン予防接種を受付ています。

皆さんは、「肺炎球菌ワクチン」をご存じでしょうか。
最近では、テレビCMや医療機関にあるポスター等で
見たことのある方もいらっしゃるかもしれません。

肺炎は実は、日本人の死因となる疾患第3位、といわれています。
肺炎は細菌やウィルスの感染等によって起こり、
特に高齢者や慢性疾患患者の場合は、
罹患すると重症化するリスクが高くなると言われています。

その肺炎を引き起こす「原因菌」には様々なものがあるようですが、
最も多いのが「肺炎球菌」によるものだといわれています。

この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。
日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。
「肺炎球菌」は、肺に感染して「肺炎」を引き起こす以外にも、
血液や脳・髄膜に感染し、敗血症や髄膜炎などを起こすこともあります。
1イラスト

まだまだ若いと思っていても、
年齢とともに、からだの抵抗力(免疫力)は低下しています。
日頃、元気で健康的な毎日を送っている方でも、
高齢になると、体調の変化などのちょっとしたことがきっかけで
肺炎を引き起こしやすくなり、急激に症状が進むこともあります。
肺炎は、65歳以上の方にとって、けっして軽視できない疾患なのです。

そこで、今推奨されているのが「肺炎球菌ワクチン」の予防接種です。
2イラスト

公費(※)も適用されている、「23価」の成人用肺炎球菌ワクチンは、
93種類に分類される肺炎球菌の型のうち
病気を引き起こしやすい23種類の菌の型に効果があり、
肺炎の罹患や重症化に対する予防効果が期待されます。
(※公費の適用有無に関しましては、お住まいの自治体にご確認ください。)
3イラスト

赤枝病院では、肺炎球菌ワクチン予防接種のご予約を承っています。
接種をご希望の方は、赤枝病院受付までお気軽にお問合せください。

季節の変わり目、健康には特に注意して元気に春を迎えたいですね。

<参考>
〇横浜市健康福祉局ホームページ「成人用肺炎球菌ワクチン予防接種について」
〇MSD株式会社ホームページ

【赤枝グループ】もうすぐ『あさがお』の『開花』です。

『訪問看護』という言葉をご存知でしょうか。

看護師などが居宅を訪問して、主治医の指示や連携により、
療養上のお世話、又は必要な診療の補助といった『看護』を行うことです。

例えば、病気や障がいがあっても、
医療機器を使用しながら、住み慣れた地域や住宅で最期まで暮らせるように
多職種と協同しながら生活を支援していきます。

4月1日、当医療法人グループの母体である赤枝病院の近隣にある
若葉台団地内の「ショッピングタウンわかば」の一角で、
『訪問看護ステーション あさがお』がオープンします。
住み慣れた環境の中に
新鮮野菜の間から
入り口
こちらは、訪問看護だけでなく
各種サービス提供の調整も行える
ケアマネステーションとなっています。

事業所内は、もちろんバリアフリー構造。
バリアフリーな事務所内
ただ今工事中
心地よい空間
こちらの写真はまだ工事中の時のものなので、
床上がややお見苦しくなっていますが
ナチュラルテイストな室内は、訪れる皆様を優しく迎えられるよう
様々な配慮を施しています。

各種相談を承る応接スペースも、個室があったり、
事務所内でもパーテーションで区切る等、プライバシーに配慮する形となっています。
応接ルーム

ちなみに、訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでも
サービスを受けることができます。
いずれの場合も、かかりつけ医が交付する
「訪問看護指示書」が必要となり、必要なサービスを提供します。

訪問看護は介護保険が優先となります。
介護認定のない方、または介護保険をお持ちでも特定の条件にあてはまる場合には
医療保険を利用いたします。

介護保険で訪問看護を利用する場合は、要支援、要介護認定が前提となります。

ケアマネージャーは医師の指示のもと
訪問看護を居宅サービス計画に組み入れ、訪問看護の開始となります。

『あさがお』は居宅介護支援事業所(ケアマネステーション)も併設していますので
一緒にご相談いただくことも可能となります。

事務所内の様子については、写真集にてご紹介していますので
併せて、ぜひご覧ください!

3月第5週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

3月第5週の献立表(3月27日~4月2日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

3月第4週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

3月第4週の献立表(3月20日~3月26日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【赤枝病院】患者様との交流

赤枝病院では、病棟スタッフ・リハビリスタッフ・医師が共に協力し合い
患者様の心身のケアにあたっています。
患者様と目と目を合わせ、声を掛けることがコミュニケーションとなり、
より良い看護・介護の提供につながっていきます。

今回は、そんなコミュニケーションから生まれた、
スタッフとある患者様との交流の風景をお届けします。

赤枝病院では、対象となる方にリハビリテーションを実施しています。
リハビリテーションを行う理学・作業療法士は5名おり、
基本的にそれぞれの担当患者様が決まっています。
無理なく効果的に、そして楽しくリハビリテーションに取り組んでいただけるよう、
医師の指示のもと、患者様ごとの計画書を作成し、
計画に沿ってリハビリを進めていきます。

今回取材に応じてくださった患者様は、
週に1回のリハビリテーションを受けていらっしゃいます。
毎回ではありませんが、リハビリの日、
病室からリハビリを行う「機能訓練室」に移動する前、お化粧をされます。
1.口紅をひいて

メイクを担当するのは、病棟スタッフや、担当のリハビリスタッフです。

「気分が変わるから」と笑顔で話してくださる患者様。
どうしてもベッド上で過ごすことの多い入院生活。
退屈になりがちな入院生活を、工夫し楽しく過ごされています。
素晴らしいことだな、とはっとさせられました。
この日は久しぶりのお化粧だったようで、
真剣に、でも楽しそうな表情を見せてくれました。
2.慣れた手つきで

メイク中もいろいろなお話をしてくださいました。
患者様、人の名前を覚えるのが得意!とのことで、
いろいろなスタッフとコミュニケーションをとっていらっしゃいます。
「〇〇ちゃん」「△△さん」と下の名前で呼んでいるそうで、
今回ブログ取材で初めて会った私にも気さくに接してくださいました。

完成したメイクの仕上がりを確認して…
3.仕上がりを確認中
にっこり。とってもお綺麗です!
4.仕上がりに、にっこり

赤枝病院では、患者様とスタッフとの間に様々な交流があります。
今回はそのひとつを、ご紹介させていただきました。

今後も、赤枝病院の様々な風景をこのブログでご紹介していきます。

【写真集】『若葉台交流拠点『ひまわり』オープン!』を掲載しました。

【写真集】のページに、「若葉台交流拠点『ひまわり』オープン!」を掲載しました。

若葉台交流拠点『ひまわり』は、
当法人グループの母体である赤枝病院近隣にある
ショッピングセンターわかばに平成28年3月15日オープンした、
近隣の皆様に、様々な生活支援サービスを提供する施設です。

当法人では運営団体の一つとして、
この中に居宅介護支援事業所・訪問看護事業所『あさがお』を設置し
若葉台でいつまでも健康に暮らしたい皆様を力強くサポートしていきます。

メニューバーからページを移動するか、
もしくはこちらをご覧ください。

3月第3週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

3月第3週の献立表(3月13日~3月19日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【赤枝病院】営繕部の活動

赤枝病院には「営繕部」があります。

営繕部では、主に赤枝病院の補修・修繕・増改築等を担当しています。
大規模な工事だけでなく、
病棟で使用する棚をオーダーメイドで作成したりと、業務は多岐にわたります。
担当する職員は、もちろんプロフェッショナルな知識を持った方ばかりです。
さまざまな設備の不具合や悩みをハード面で支える、
赤枝病院になくてはならない存在です。

今回は、そんな営繕部が手掛ける
外来トイレのリニューアル工事を取材して参りました。
3.扉をつくっていきます

実は赤枝病院の外来トイレ、
以前は狭いこともあり、どことなく暗く、使
い勝手の良いトイレとは言えない部分がありました。

今回、利用された方の声を受け、
また老朽化が進んでいたこともあり、改装工事着工に至りました。

このように利用者様のお声に耳を傾け、
真摯に受け止め善処していく、それはとても大切なことだと考えています。

さて、今日の工程はトイレの入口扉の調整です。
改装後は横スライド扉がつくので、上部には既にレールが取り付けてあります。
そこに仮の木板をはさみ、大きさや幅等を測り調整します。
2.仮の木板で調整

次に、調整した大きさに合わせて扉をつくっていきます。
3.扉をつくっていきます

他にもたくさんの仕事を抱えている営繕部。
本日のトイレ改装工事工程はここまでとなりました。

内装もとても機能的で、スタイリッシュな空間になりそうです!
完成後はどんな姿になるのでしょうか。
病院スタッフも楽しみにしています。

今後の工事については、このブログでまたご紹介させていただきます。

3月第2週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

3月第2週の献立表(3月6日~3月12日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。