【赤枝病院】看護研究発表会

赤枝病院看護部では、年に一度「看護研究発表会」を開いています。
1.「看護研究発表会」

赤枝病院には現在A~E棟の5病棟があります。
看護研究では、病棟毎にテーマ・研究メンバーを設け、
各々が設定したテーマに沿って研究を進めていきます。
なんと、1年という長い時間をかけて
丁寧に計画~実行~経過観察~結果~改善、といった作業を積み重ねていきます。

患者様と一番近くで向き合う看護部の仕事は、毎日が判断の連続です。
目まぐるしく変わる看護・医療の情報収集はもちろんのこと、
現場では長年の経験や新しい目線が常に要求される仕事です。

スタッフの教育にも力を入れる赤枝病院看護部では、
教育の一環としてこの看護研究を行っています。
2.質疑応答

以下、各病棟の今年の看護研究テーマです。

A棟 『効果的な口腔ケアの方法に取り組んで』
B棟 『胃瘻からの漏れにおける化粧パフ使用の効果の検証』
C棟 『ヨモギスキンローションを使用し、より良いスキンケアを図る為の試み
    ~老人性掻痒症や炎症に効果があるのかを検証する~』
D棟 『皮下出血・表皮剥離のインシデントに向き合ってみた
    ~看護職と介護職の協働~』
E棟 『発熱時のクーリングに対する意識調査と効果の検証』

看護研究に関して、
今回は野津看護部長よりコメントをいただきました。

「5年前から看護部教育委員会の企画として看護研究発表を行っております。
各科でテーマと研究メンバーを決め1年間かけ論文に仕上げます。
発表内容は看護に対する疑問・改善や日常業務改善などから出しています。
院内発表のみに終わらず全国学会などにも発表しております。
昨年は全日病学会が開催された北海道で看護2例、介護1例の発表をしました。
介護に於いても看護同様1年間に各科1例研究を行い発表しております。
介護からはケアを中心に考えとても良い発表がたくさんあります。
司会進行は教育委員達で行い、各科より必ず質問をだし、
発表会の内容を深めております。
最後に看護部長の講評をして、後日教育委員会で評価をし、優秀賞を決めます。
研究課程においていろいろな困難があります。
それを乗り越えて人間関係が深くなることも成果だと思っております。」
3.部長の講評

赤枝病院看護部の様々な取り組みについて、
今後もこのブログでご紹介していきます。

3月第1週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

3月第1週の献立表(2月28日~3月5日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

2月第4週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

2月第4週の献立表(2月21日~2月27日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【赤枝病院】日経ヘルスケアに掲載されました

2016年1月号の「日経ヘルスケア」という医療・介護の経営情報誌に、
赤枝病院が掲載されました。
“人から変える病棟転換「成功術」”という特集です。

赤枝病院は現在、5つの医療療養病棟から成る「医療療養型病院」です。
2000年の介護保険の導入から全棟介護療養病棟でしたが、
医療必要度の高い患者様の多いことから2009年より医療療養病棟への転換がスタートし、
2014年8月に、現在の形となっております。
今回は「介護療養病棟→医療療養病棟への転換の成功例」として、取材を受けました。

記事には、転換の経緯や適切な入退院管理等がとりあげられています。
病院スタッフも出来上がった記事に興味深々。
1.日経ヘルスケア

そんな完成記事の一部を抜粋して、皆様にもご紹介いたします。

「赤枝病院の新体制で重要な役割を果たしたのは「適切な入退院管理」だ。
同院は入退院管理を円滑に進めるため「総合相談センター」を設置。
ユニークなのは総合相談センターの中に院長室を置いた点だ。
専従の相談員2名とともに院長の須田氏がセンター長として部屋に常駐し、
須田氏がすぐ判断を下せるようにしている。
“紹介患者様の中には難病などで病態や疾患が複雑なケースがある。
その際に医師として内容を的確に把握し、
入院の可否などを判断するために自分が相談業務の最前線に立つことにした”と
須田氏は語る。

加えて、赤枝病院の関連施設である
介護老人保健施設や特別養護老人ホームなどの情報も
総合相談センターで一元的に把握し、
ミスマッチのない入院・入所を実現している。」
(日経ヘルスケア1月号 掲載)

記事にもあった通り、
当院の総合相談センターでは関連施設の情報も把握しています。
2.掲載記事(抜粋)

赤枝病院の関連施設の中には、
介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・
住宅型有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅
などがあります。
そのため、患者様・ご家族様のご意見を伺い、
お一人お一人のご状態に一番合った施設をご紹介できることが
赤枝病院総合相談センターの特長です。
総合相談センターへのお問合せは、
ホームページまたはお電話にて承っておりますので、お気軽にご相談ください。

今後も、赤枝病院の様々な取り組みをご紹介していきます。

2月第3週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

2月第3週の献立表(2月14日~2月20日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

【赤枝病院】「あさがお」

赤枝病院の近隣にある若葉台には、
1万5千人が居住する若葉台団地があります。
高齢化率と介護保険認定率が反比例するこの団地には、
元気なご高齢のコミュニティーが存在するといえます。
住み慣れた場所でいつまでも…という願いは誰もが同じことと思います。

昨年赤枝病院では、団地内にある「若葉台商店街」の一角に
訪問看護を含む各種サービスの提供を行うための
ケアマネステーションを立ち上げる、という
新規事業計画がスタートしました。
工事の進行に伴って、
現在は赤枝病院内にある居宅介護支援事業所も
若葉台商店街へと今春移転予定です。

「地域のために共に歩んでいく」という姿勢、
「地域を支える」という使命のもと、
本格始動に向けて、現在も様々な準備が進んでいます。
1.イメージ図

先日、
そんな居宅介護支援事業所(ケアマネステーション)・訪問看護ステーションの
名前が決まりました。

「あさがお」です。

「あさがお」の命名は、赤枝理事長からいただきました。

あさがおは、奈良時代末、遣唐使によって日本にもたらされました。
当時あさがおの種は薬として使われ、多くの庶民に親しまれていたそうです。
古くから人々の身近にあり、愛され続けている花が、あさがおです。

朝陽を浴びて咲く清々しいあさがおは、現在、旭区の区花となっています。

花言葉は、「固い絆・愛情・あふれる喜び」。

支柱にしっかりツルを絡ませて成長していくあさがおの様に地域に根づき、
人とのつながりをしっかりと大切にし、
そしてさわやかにご利用者様と長く関わらせて頂きたいと思い、
「あさがお」と名前をつけました。
イメージ

「あさがお」の今後の進行状況は、
またこのブログでご紹介させて頂きます。

2月第2週のメニュー

赤枝病院で、患者様にご提供しているお食事をご紹介します。
患者様に健康を取り戻していただくため、栄養価だけでなく、味の品質にも心がけ、少しでも喜んでもらえるよう、日々努力を重ねています。


 

2月第2週の献立表(2月7日~2月13日)

※ 画像をクリックすると、大きな画面で見られます。

印刷用PDFはこちらをクリックください。

印刷用PDFはこちらをクリックください。