【鶴見】今年も植えます!

しょうじゅの里鶴見のプチイベントとして、
昨年ご利用者様に好評だったお花の植え付け。

以前のブログでも植え付けや、
花たちの様子を何度かご紹介させて頂きましたが
今年も4階のテラスで、お花の植え付けを行いました。
今年もお花の植え付けを行いました。

今回植えた花の種類は、
「サンちゅらか」と「ミニひまわり」です。

サンちゅらかは「ポーチュラカ」から開発された花で、

  • 開花時間が長い
  • 乾燥に強く、育てやすい

といった特徴があります。

花が咲くと、株が横に広がるだけでなく
斜めにも盛りあがる為、
とてもボリュームのある株になるそうです。

こちらは。サンちゅらかの苗を植えるご利用者様の姿。
サンちゅらかを植えるご利用者様。
土に苗より一回り大きな穴を掘ってから、苗を土の中へ。

土を盛り過ぎないように、
気を付けて苗を植えていました。
土を盛り過ぎないよう気を付けて植えました。

続いてミニヒマワリを植えます。

ミニヒマワリは、その名前の通り、
通常のヒマワリに比べると小ぶりで、
花の大きさが約10㎝ほどのコンパクトサイズな
ヒマワリです。
「小夏」という愛称で親しまれ、
花粉が出ない為、花もちが良く、
長い間楽しめるのだそうです。

このミニヒマワリを植えるご利用者様。
ミニヒマワリは、等間隔にタネをまきました。

プランターに等間隔で人差し指くらいの大きさの穴を掘り、
均等に種をまいていきます。

「ちゃんと咲くかな」
「綺麗に咲くと良いなあ」
と、これから咲くヒマワリに
思いを馳せるご利用者様でした。
どんな花が咲くのか今からとても楽しみです。

最後は、お花が元気に育つように水やり。
ご利用者様はご自身の植えたプランターに水やりをして、
花たちの成長を祈願しました。

特にミニヒマワリは、水やりが栽培の肝になるそうで、
土が乾かないようたっぷりと水をあげました。

サンちゅらかとヒマワリ。
一体どんな花が咲くのでしょうか。
どちらも見頃を迎えるのが、今からとても楽しみです。

花たちの様子は、
またこのブログでご紹介したいと思います。

【GL】レクリハ体操

3月のブログ
「グリーンリーブズ赤枝では、
ボランティアの方に来ていただいて
いろいろなレクリエーションを行っています。」
と掲載しましたが、
今回のブログでは前回の習字と同じく月に1回、
先生に来ていただいて行っている『レクリハ体操』について
ご紹介したいと思います。
レクリハ体操始まります

『レクリハ』とは
ゲーム的な要素を取り入れレクリエーションにすることで、
リラックスしながら身体を適度に動かすことができ、
身体機能の維持や向上を図るというもの。

参加された入所者様は
まず最初に準備体操として手首を回したり、
手をグーパーしたり、
手首の体操
腕を曲げたり伸ばしたり、
おへそを見るように背中をまげたり、
両手を組んでバンザイをして背中を伸ばすという
上半身部分の『ストレッチ体操』を行ってもらいます。
腕の曲げ伸ばし

次に、ふくらはぎから太ももまでを
軽くたたいて足の筋肉をほぐし、
足を持ち上げて足首を回したり、
かかとを浮かせたり下げたりといった
下半身の『ストレッチ体操』を行っていただきます。
足の体操

向かって右側の入所者様は、御歳101歳。
こんなに足を高く上げられている姿にビックリです。
足を持ち上げます

そのあとは、順番に先生に向かってウィンク。

ウィンクが苦手な人は、
片方の目だけを閉じているつもりで、
両目を閉じてしまったりします。

皆様はとても上手にウィンクされていました。
ウィンク①
ウィンク②

そしてこの日は、皆様からのリクエストで
「365歩のマーチ」の曲に合わせて、
歌を口ずさみながら元気よく
足踏みをされていました。
足踏み

そして次にゴムボールを使用した体操です。
指でボールをひっぱったり、
ボールを入所者様の足の間に挟んでいただき、
そのボールを先生や職員が取っていきます。

この体操は、
太もも(主に内転筋、やや腹筋も)の
筋力維持向上につながります。
皆様がボールを”ギュッ!”と挟んでいる力強さに、職員も
「すごい力だからボールが取れない。」
と驚きの声が聞かれました。
ボールを挟んで取れません

その後は、先生とキャッチボール。
キャッチボール

最後は皆様の大好きな曲でもある
「水戸黄門」の曲に合わせて体を動かし、
先生とハイタッチ!をして締めくくりです。
最後はハイタッチ!

レクリハ体操後の感想を聞くと、
「楽しかったわ」
「もっとやりたかったわ」
と、あっという間に1時間が過ぎてしまって
少し残念そうでした。

普段の生活で高齢者の方は身体を動かす機会が減り、
筋力の低下や介護度の進行などの恐れが
若い頃と比べて大きくなります。

高齢者の方に限ったことではないのですが、
私たちはできる限り毎日運動をしたほうが
健康の維持・増進に効果的です。

また、運動することでストレスが発散し
気分が良くなったり、
爽快感を得られるといった効果があったりと、
運動でリフレッシュすることは
精神的な面での健康維持にもつながります。

皆様が楽しみにされている「レクリハ体操」
無理せず楽しみながら身体を動かして
リフレッシュしていただきたいと思います。

【三保】MIHOシアターで朗読劇上演!

最近、お芝居のジャンルとして
『朗読劇』、あるいは『リーディングシアター』という言葉を
耳にする機会が増えてきました。

「朗読」とは、声に出して物語などを読み上げることで、
その朗読だけで演じる劇が『朗読劇』です。
役者さんが台詞を暗記するのではなく、
台本を手に持って音読するスタイルで上演されることが多く、
声優さんやアナウンサー等、『声』の仕事に従事している方が
この『朗読劇』を上演することも珍しくありません。

3月も終わりの頃。
しょうじゅの里三保のデイルームにて、
ボランティアの方によるこの『朗読劇』が上演されました。
朗読劇開演!

作品は、現在27万部の発行部数を誇る
大ベストセラーの絵本です。
『絵本』ということで、
作品に使われているイラストをモニターに映し、
その美麗な絵も一緒に楽しんでいただきました。
(※ 著作権の関係上、写真のスライド部分については
加工しております。ご了承ください。)

演じるのは、実際に舞台やテレビ、映画の世界で活躍している
役者さん2人。

現在、大学に通いながら
積極的に舞台活動を行っている安藤匠海さん。
安藤拓海さん

映画やテレビだけでなく、
アニメやゲームにも『声優』として幅広く活躍されている
和田みちるさん。
和田みちるさん

この素晴らしい2人と一緒に、マイクの前に立ったのは
時々デイルームユニット内で朗読会を開いている
当施設のスタッフでした。
ナレーションを担当するのは…

更に、作品を盛り上げるBGMを演奏してくれたのは
『小さな音楽会』を担当しているスタッフ。
BGMを演奏するのは【小さな音楽家】専任スタッフ

4人揃って合わせたのは、
このイベントが始まるたった1時間前だったそうですが
息もバッチリ合っていて、とても見事でした。
4人の息はピッタリ!

会場には、この日来設されたご家族様もいらっしゃり
多くの入居者様や利用者様が、
プロの役者さん達が創り上げる『声』による芝居の世界に
酔いしれていました。
ご家族様も観劇

『朗読劇』は『声』だけの芝居、ということで
舞台で見られるような大きな動きなどがないまま
台詞だけで上演されると思っていましたが、
マイク前に立つ役者さんを見ると、表情は豊かに動いていたり、
制約された範囲の中で身振り手振りがあったり、
むしろ全身を使って『表現』されているように見えました。
熱演!
表情や身振りも

物語のクライマックス部分では、
作品にのめり込んで、思わず涙を流す利用者様も。
素敵なひと時を演出

作品が終わり、マイク前で深々と頭を下げた役者さん達に
会場に集まった皆様からは惜しみない拍手が
いつまでも贈られていました。

安藤さん。和田さん。
素晴らしい作品をありがとうございました。
また是非当施設でも、素敵な『お芝居』を魅せてください!

おやつを召し上がるご利用者様。

【鶴見】ひな祭り女子会開催!

本日のしょうじゅの里鶴見のブログは
前回に引き続き、
『ひな祭り』の話題をご紹介させて頂きます。

3月3日、ひな祭り。
“桃の節句は女の子のお祝いごと”ということで、
喫茶室にて女性のご利用者様・スタッフだけの
「ひな祭り女子会」を開催しました。

まずはご利用者様お一人お一人の写真撮影で
女子会はスタート。
雛人形と一緒に記念撮影①
雛人形と一緒に記念撮影②
当施設で一番大きな雛人形の前で、
記念写真を撮影しました。

しょうじゅの里鶴見の1階には、
毎年2つの雛人形を飾っています。
どちらも以前に地域の方のご厚意で
寄付して頂いたものです。

七段飾りの雛人形は、喫茶室の前のスペースに。

もう一つのオルゴール付の雛人形は、
エントランスホールに。
エントランスホールに飾られた雛人形。

どちらも2月の後半から3月3日まで飾らせて頂いたのですが、
この時期は、お散歩やリハビリのついでに
1階まで雛人形を見に来られるご利用者様の姿を
よくお見かけしました。

今回の写真を撮影した時も、
「すごいね」
「とっても立派な雛人形ね」と、
ご利用者様の顔が自然とほころんでいました。

写真撮影が終わると、皆様で喫茶室へ移動。

おやつの「ひし餅風レアチーズケーキ」と、
ひな祭りの定番「雛あられ」、
ホっと温まる「ホットカルピス」を
召し上がって頂きました。
女子会で召し上がって頂いたおやつ。

「美味しいね」
「たまには女だけでも良いわよね」と、
和やかな雰囲気の中、女子会は進みます。
女性だけで話に花を咲かせるご利用者様たち。
おやつを召し上がるご利用者様。

ひな祭りならではのおやつを召し上がりながら、
女性どうしの話に花を咲かせました。

おやつを召し上がったあとは、
女子会に参加された皆様で歌を歌いました。
歌詞カードを手に歌います。

手拍子に合わせて、「うれしいひなまつり」や
「春の小川」など、春にちなんだ歌を歌いました。
春の歌を皆様で歌いました。

女子会開催の記念に、
この日参加されたご利用者様全員で
集合写真を撮影しました。
女子会の最後に、全員で集合写真を撮りました。

雛人形の前に並ぶと、
皆様のお顔に自然と笑みがこぼれます。

「楽しかったね」
「またやりたいねぇ」
と仰るご利用者様。

一年に一度の雛祭り。短い時間ではありましたが、
ご利用者様に楽しいひな祭りのひと時を
過ごして頂けたのなら幸いです。

【GL】うれしいひな祭り

3月3日は女の子のお祝い事「ひな祭り」でしたが、
「ひな祭り」は桃の花の咲く季節ということから
「桃の節句」とも呼ばれています。

グリーンリーブズ赤枝の受付カウンターには
桃の花を飾って利用者様をお迎えしました。
受付に飾った桃の花

デイケアのフロアには
親王雛が飾られていました。
デイケアの親王雛

そしてこの日入所者様に召し上がっていただいたのは、
ひな祭りにちなんだ春を感じるメニュー。
昼食
【昼食メニュー】

  • ちらし寿司
  • ブリの煮付け
  • 菜の花と白滝の白和え
  • リンゴとサツマ芋の重ね煮
  • 花麩と三つ葉の清汁

スタッフが
「今日は何の日かご存知ですか?」
と尋ねると、
「何の日だっけ?!」
と首を傾げられた入所者様。

「今日は3月3日です」
とスタッフがいうと、
「あ~ひなまつりだ」
とすぐに気が付かれました。

「ひなまつりなのでちらし寿司です。
お味はどうですか?」
と尋ねると、入所者様は皆様口を揃えて
「おいしい」
とおっしゃっていました。
昼食風景①
昼食風景②

そしてこの日のおやつは『ひなあられ』。
ミキサー食の方には『三色花ゼリー』を
召し上がっていただきました。

ひなあられには色彩に込められた意味があるそうです。

  • 白 ⇒ 雪の大地(大地のエネルギー)
  • 緑 ⇒ 木々の芽吹き(木々のエネルギー)
  • 赤 ⇒ 血、生命(生命のエネルギー)

皆様に食べていただいたひなあられは4色のもので、
この4つの色は、四季を表していると言われています。

  • 緑 ⇒ 春
  • 赤 ⇒ 夏
  • 黄 ⇒ 秋
  • 白 ⇒ 冬

四季を表わすひなあられは、
「1年間の幸せを祈っている」
という意味が込められているそうです。
甘くておいしい①

ミキサー食の方には菱餅と同じ3つの色をしたゼリー。
ひなあられと同じようにそれぞれに意味があります。
三色花ゼリー
緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」
を意味する説の他にもう1つ。
緑は「大地」、白は「雪」、ピンクは「桃」で
「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という、
とても風情ある意味が込められています。

菱餅にもかわいい色合いのひなあられにも
きちんと意味があったんですね!!

スタッフがにわか仕込みではありましたが、
「ひなあられの4つの色は意味があって
四季を表しているんですって」
と入所者様にお伝えすると、
「へぇ~。そうなの。」
と皆様驚かれていました。
ひなあられの色には意味がある!

皆様とお話をしていると、
「たくさんあるから職員さんも食べて」
と勧めていただき、フロアの介護スタッフからも
「どうぞ」と言って、ひなあられを少し分けてもらいました。

「甘くておいしいね」
などと皆様と一緒に食べながらおしゃべり。
とても優しくて、楽しい時間を過ごさせていただきました。
甘くておいしい②

また別のフロアに行くと、
入所者様からお声掛けがありました。
「どうしました?」と尋ねると、
「今日ね、私の誕生日なの。」
お誕生日です
「おめでとうございます!」
とお祝いの言葉をお贈りすると
「ありがとう。」
とお雛様のように、優しいお顔で微笑んでくださいました。

これからもグリーンリーブズ赤枝では
利用者様、入所者様に行事食を召し上がっていただき、
季節を感じていただきたいと思います。

また、縁起のいい食材で皆様が健康で幸せでありますように…

当施設のひな祭りの様子については、写真集でもご紹介しています。
こちらで紹介しきれなかった皆様の笑顔も沢山掲載していますので
是非併せてご覧ください。

【茂原】消火、ヨーシ!

8月のある日の午後、しょうじゅの里茂原では
職員の消火訓練がありました。
①消火訓練

定期的に行っている訓練なので、消火器の使い方にしても
決して『初めて』ではないはずなのに、
「アレレ? どうするんだっけ?」
という事もあり…

戸惑うスタッフの気配を察したら、すかさずベテラン職員が
「こうやるんだよ」
とサポート。
丁寧な手ほどきを受けて、
「あ、そうだ。こうやるんだった!」
と、消火器の使い方を改めて思い出していました。
②消火訓練
改めて、何度も訓練を重ねて経験したはずのことでも
時が経つと記憶が薄れてしまうものだと痛感したのでした。

そんな反省点を心に刻みつつ、訓練は進んでいきます。

的確に消火ポイントを狙って、放水!
③消火訓練
見事、的中することができました。

過日、東京都内で小型飛行機の墜落事故が起きた際、
現場近くの住民が声を掛け合って乗員を救出したということです。

小さな力でも、それを集めると思いがけず大きなパワーに変わります。
それこそが『助け合い』であり『共助』であり…

前述の墜落事故のような有事はあってはならないことですが、
もし自分がその場に遭遇した時は、冷静に対応出来る様になろう、と
スタッフ全員、いつも以上に真剣に訓練に取り組みました。

ブログリニューアルのご挨拶

赤枝病院院長-須田雅人

赤枝病院の院長を務めて、あっという間に10年が過ぎたところです。

当院は慢性療養に特化した病院ですが、風通しのよい療養環境・職場環境を常に考え、
また新しい取り組みにも積極的に挑戦しています。

常に前向きに2025年以降も見据えている病院です。

具体的な内容は今後このブログで紹介しますので、是非ご覧になって下さい。

ホームページを6月から一新し、職員みんなでプログを通して赤枝病院の雰囲気をお伝えしたいと思います。
赤枝グループの他の施設でも同様の発信を開始しますので、お時間のある方はそちらもご覧ください。

赤枝病院 院長  須田 雅人