イメージ通りの出来栄えに、満足げな表情のご利用者様。

【鶴見】ブレスレット作りに挑戦!

しょうじゅの里鶴見では、
ご利用者様に余暇の時間を有意義に過ごして頂くべく、
色々なレクリエーションを企画しています。

同じユニットのご利用者様が一斉に集まって行うレク、
2~3人のご利用者様ごとに分かれて少人数で行うレク、
企画の内容により、その形態は様々です。

今回ご紹介するのは、
ご家族様にもご協力のもと行われた、
とあるご利用者様のお誕生日レクの様子。
アクセサリーを作りたい、
とのご利用者様のご要望に応えるべく、
施設を飛び出し、
アクセサリーパーツの専門店へ出掛けました。
アクセサリーパーツの専門店へ出掛けました。

アクセサリーパーツのお店の存在は知りつつも、
実際にお店に行くのは初めてだというご利用者様。

お店に到着すると、
まずはブレスレット作りに必要な
素材を選ぶことになりました。
ブレスレット作りに必要な素材を、ご家族様と一緒に探します。

「どれが良いかな」
「たくさんあって迷っちゃうね」
ご家族様と相談されながら
お店の中をじっくり見て回ります。
色んな種類の素材が売られています。

「これに決めた」と嬉しそうなご利用者様。
お好みの素材を見つけることが出来ました。
沢山ある素材の中から、
好みのパーツを購入することが出来ました。

そのまま店内の製作スペースへ移動し、
購入したパーツで、
ブレスレット作りに挑戦しました。

机にチャームを並べて、作業スタート。
ブレスレット作りスタート。

「どの順番でつけようかな」と、
ご家族様と相談しながら作業を進めていきます。
ご家族様と協力してチャームを付けていきます。

一目ぼれした青いゴムに、
魚の形のチャームを付けるご利用者様。
段々とブレスレットが完成に近づいていきます。

作成の仕方で分からない部分は、
お店の方にアドバイスして頂く場面も。
試行錯誤しながらも、
ご利用者様の頑張りの甲斐あって、
とても素敵なブレスレットを
作ることが出来ました。
素敵なブレスレットが完成
まるでキラキラと光る海を、
魚が楽しそうに泳いでいるようです。

完成したばかりのブレスレットを
さっそく腕につけてみました。
イメージ通りの出来栄えに、満足げな表情のご利用者様。
ご自身のイメージ通りの出来栄えに、
満足そうな表情です。

ブレスレット製作のあとは、
近くのカフェで小休憩。

ご利用者様のリクエストにお応えして、
モンブランを召し上がって頂きました。
近くのカフェで小休憩。

以前から
「おやつにケーキが食べたい」
とお話されていたご利用者様。
あっという間にお皿が空になりました。
念願のモンブランを召し上がりました。

施設に戻られた後、ご利用者様から
「楽しかった、また行きたい」
とのお言葉を笑顔とともに頂きました。
ご利用者様に喜んで頂けて、
スタッフ一同とても嬉しく思います。

今後もご利用者様に
自然と笑顔になって頂けるレクを
企画していきたいと思います。

【CL】栄養士コラム~エネルギー

透析食には様々な制限があります。
イメージ画像

水分 塩分 リン カリウムは摂り過ぎないように。
蛋白質は多すぎても、少なすぎてもいけない。

このように、制限が多いことに加え、
透析不足による尿毒症・便秘・感染症の存在等
様々な理由から食欲が低下し易く、
加えて、食事量が減ってしまう事で、
エネルギー不足に陥ってしまう患者様が
多くいらっしゃいます。

しかし、エネルギーが不足すると、
不足したエネルギーを補うために、人間の体は
自分の体の蛋白質を分解してエネルギーに変えます。

その結果、体の中には
尿素窒素、クレアチニン、カリウム等が増えてしまいます。
これはたんぱく質を多く摂った場合と同じ状態です。

つまり、エネルギーがしっかり摂れていなければ
蛋白質を制限しても意味がないのです。
そして分解される蛋白質とは骨格筋などの筋肉なのです。
イメージ画像

筋肉が減るとドライウエイトも減らさなければなりません。
これが継続するといずれは体力が落ちて
歩けなくなってしまう場合もあります。
このような理由からエネルギー不足は問題なのです。

以下にエネルギー不足にならないためのポイントをまとめました。

■ エネルギー不足を防ぐ3つのポイント ■

  • ① 1日3食きっちり食べましょう。

    午前透析の場合、透析が開始してからのトイレの心配があるからと
    朝食を抜いている患者様もいらっしゃいます。
    その場合は間食でしっかりエネルギーを補いましょう。

    *リン、カリウムをほとんど含まないおやつ
    あめ、ガム、ラムネ、マシュマロ、ういろう、ぎゅうひ、きび団子、
    落雁、水ようかん、シャーベット、アップルパイなど
    イメージ画像

    *栄養補助食品のゼリーやムース類
    粉飴ムース:1個160kcal
    ソフトアガロリー:1個150kcal
    イメージ画像

    *粉飴やマクトンオイル等の栄養補助食品を使用するのも効果的です。
    粉飴:13gで50kcal
    粉飴(出展:株式会社HプラスBライフサイエンス)

    (写真出展:株式会社HプラスBライフサイエンス 様

    マクトンオイル:
    一般的な植物油と比べて、「消化・吸収がよい」「エネルギーになりやすい」
    という特長をもつ。
    日清MCTオイル(出展:日清オイリオグループ株式会社)

    (写真出展:日清オイリオグループ株式会社 様

  • ② 1品は油料理を選びましょう。

    毎食あっさりした料理ばかりでは塩分ばかり過剰摂取となり、
    エネルギーは上がりません。
    調理法によって、エネルギーアップをすることができます。

    ゆでる<網焼き<蒸す<煮る<炒める<揚げる
    となります。
    イメージ画像

    揚げ物・炒め物・マヨネーズなどを利用した献立を
    積極的に取り入れましょう。

  • ③ 主食のご飯をしっかり摂りましょう。

    透析食の基本は白飯です。
    白飯は食塩がゼロであり、リン、カリウムも少なく、
    エネルギーもしっかり摂れるので、透析食として適した主食です。
    イメージ画像

    白飯1食の目安量は、自分の身長に40を加えた量です。
    (日常の活動量が家事、立位の作業などの軽労作の患者様の場合)

    例:身長160㎝の場合
    160+40=200gが白飯1食の目安量となります。

【赤枝病院】総合相談センター

赤枝病院には、「総合相談センター」があります。

この総合相談センターの特徴は、
相談室が院長室にある、ということです。

以前こちらのブログでも
メディアにとりあげられたことをご紹介していますが、
医師と相談員のスムーズな連携により、
あやゆるご相談に対し
よりスピーディーな対応が可能となりました。
(※その時のブログはこちらをご覧ください。)

また、赤枝グループとしての強みを活かし、
各施設とも連携しながら、
ご相談内容により適した施設や病院のご紹介を行っています。

そんな総合相談センターに、
新しいスタッフが2名入職しました。

先日は勉強会が開かれ、教育体制もばっちりです。
勉強会風景

ますます充実した体制となった総合相談センターです。

入院に関するお問合せはこちらからどうぞ。

今後も様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。

【タオルミーナ】新パンフレット完成!

タオルミーナを紹介するパンフレットが
新しくなります。

実は、去年の7月に、
タオルミーナが属している医療法人グループ全体で、
各施設のパンフレットを新しくしようという
大プロジェクトがスタートしました。

専門業者を挟むことなく、
パンフレットに使う写真の撮影から
紹介文の作成、レイアウト、その他もろもろ、
全て、法人グループ内で作る
まさに『自社制作』のパンフレットです。

タオルミーナでも、何度かスタッフ会議を開き
何を載せるか、どのような写真を使うのか打ち合わせをして、
出来上がったデータを法人の広報担当者にを送り、
その後は更に、その広報担当者を交えて喧々囂々。

より良いものを作りたいとの想いから、
一切の妥協をせず、話し合いを繰り返し繰り返し…

ついに、データが完成しました。

表紙は、法人グループ統一デザインということで
優しいベージュに、
アクセントの赤いラインが決まってます。
表紙
使われている版画イラストは、
タオルミーナ開設当時に
ある版画絵の先生に作っていただいたもの。
なんとも、暖かみのあるデザインになっています。

中身はこちら。
見開きで、タオルミーナのこと、法人のことを
図説や写真をふんだんに使って説明させていただきました。
パンフレット 見開き部分

この間に、A4サイズの紙が1枚挟まり、
表にはタオルミーナへの入居の流れやサービスの紹介。
パンフレット 3ページ目

裏面にはの居室の間取り図や
室内写真が載っています。
パンフレット 4ページ目

裏表紙には施設概要や地図を掲載しました。

最近はすっかり定着したQRコードもあるので
これをつかって、お手持ちのスマートフォンで
タオルミーナのホームページへのアクセスも簡単になります。

形としては6ページの冊子タイプのパンフレットとして
お配りすることになります。

全てスタッフの『手作り』ということで
思い入れも深いこの施設パンフレット。
これから担当者が印刷屋さんに発注をかけますので
皆様の前に登場するのは6月に入ってから。

お手に取りましたら、その仕上がり具合を
是非お確かめください!

「手話ダンス ハミング」の方々

【美浜】手話ダンス『ハミング』

しょうじゅ美浜デイサービスセンターに
「手話ダンス ハミング」の方達が来て下さいました!

結成してから10年以上経つという、
『大ベテラン』のサークルの皆様。
毎週1回集まって練習をしているそうで、
もっと沢山の人に手話に興味をもってほしいとの思いで、
色々な施設で「手話ダンス」を披露しているそうです。

今回のイベントで、1番最初に聞かせていただいた曲は、
坂本九さんの『♪そして思い出』(1979年)という曲でした。
「そして思い出」 坂本 九

こちらの曲は、作詞は永六輔さん、作曲中村八大さんという、
世界的にも有名なかの名曲
『上を向いて歩こう』と同じ組み合わせで作られたナンバーです。
更に、手話作詞は
NHK手話ニュースキャスターとして活躍された丸山浩路さんです。

この曲の由来を伺うと、
当時はまだ手話が聾学校でも使用が認められておらず、
聴覚障害者の間で独自に発展していたことや、
そのために健常者との本音でのコミュニケーションが取れないことに
悩む子供が多かったことを憂いた坂本九さんが
手話の歌を作りたい、子供達の笑顔を取り戻したいとの思いで、
永六輔さんに持ちかけたのがきっかけだそう。

その後、手話通訳者の丸山浩路さんが協力し、
中村八大さんが作曲した、
世界で初めての「手話で歌うことを前提とした歌」は
昭和54年6月4日 『第28回全国聾唖者大会』の
アトラクションの一つとして初披露されました。

「そして思い出」という曲には、
たくさんの人達の「人を想う心・優しさ」が詰まってるんですね。
手話ダンス

その他、「四季の歌」や「ふるさと」といった
心に染み入る懐かしい歌や
手話ダンス
「見上げてごらん夜の星を」、
「涙そうそう」、
「あなたが好きだから」といった、
歌謡曲としても有名な名曲も披露してくださいました。
手話ダンス

更に、ディズニーランドのあるアトラクションの
テーマソングとして馴染み深い
「小さな世界 (“It’s a small world”)」
手話ダンス
東日本大震災チャリティーソングとしても有名な
「花は咲く」も、手話ダンスで紹介してくださいました。
手話ダンス

手話も素晴らしかったのですが、
メンバーの方々がまとわれていた衣装にも
興味がひかれました。

素敵なドレス姿を披露されたかと思いきや、
衣装チェンジで登場された後、
身につけられていた赤いTシャツを良く見ると…
手話ダンス
千葉県のマスコットキャラ「チーバ君」が!

手話の持つ、体全体で語られるメッセージと
バリエーション豊かな衣装の変化に
デイルームに集まった利用者様の視線は釘づけでした。
手話ダンス

「手話ダンス ハミング」の皆様、
沢山の手話ダンスを披露して頂き、ありがとうございました。
普段手話に触れることがないスタッフも多く、
そういう意味でも、身近に拝見できて嬉しかったです。

また、手話ダンスを披露しに来て頂けるのを楽しみにしております。
ありがとうございました。

【オレンジヒルズ】新しい仲間がやってきた!

様々な樹花や植物で賑やかなオレンジヒルズの庭に
新しい仲間がやってきました。

現在オレンジヒルズには、
みかん・金柑・はっさく・柿など
美味しい実をつけてくれる木を庭に植えています。

そのお庭に、レモンの木が新しい仲間に加わったのです。
レモンの木

こちらのレモンは、営繕の方に植えていただきました。
収穫が楽しみです
聞くと、4~5年で実がなるそうです。

柑橘類のさわやかなあの甘酸っぱさは、
気持ちを元気にさせてくれる気がします。
レモンの実を食べて、
入居者様の微笑む顔が目に浮かびます。
大切に育てたいと思います。

更に、リビングにも新しい仲間を迎えました。

以前のブログでもご紹介しましたが、
先日までオレンジヒルズのリビングは
3か月ほどアマリリスに囲まれた空間を楽しんでいました。
立派なお花が咲きました。

今回また思わぬ贈り物が届きました。
なんと、母の日にちなんで、
「カーネーションとジャスミンの鉢植え」
がたくさん届いたのです。
入居者様も思わずにっこり
その美しい姿に、皆で感激しています。

入居者様が食事を召し上がるテーブルにも
鉢植えを置きました。
とってもきれい

すると、みなさん食欲が増したようで、
ほとんどの方が、ごはんをすべて
召し上がっていました。
リビングが植物でいっぱいです

『花』が持つ不思議な力を度々感じますが、
今回も改めて「すごいなぁ」と思った瞬間でした。

あまり変化のない毎日の生活の中でも、
少しでも変化をつけて
入居者様に、毎日を楽しく過ごしていただけるよう
日々努めたいと思います。

【三保】生活リハビリのすゝめ

しょうじゅの里三保が属している
法人グループ・赤枝グループで運営しているサイトにて
毎月17日に掲載されているコラムといえば
当法人の統括リハビリ担当・鳥澤PTが寄稿している
『リハビリコラム』です。

毎月、専門家ならではの視点で
リハビリの事だけでなく、
生活する上で必要な運動に関する知識だったり
『認知症とは何か』ということも、
とても分かりやすく教えてくれています。

その評判は、グループ内部に留まらず、
介護関連のセミナーや研修会等に、
講師として招かれることもしばしば。

先日は、しょうじゅの里三保の地元・三保町の
自治会の方からの依頼を受け、
国連NGO世界平和女性連合 神奈川第六連合会の『春の集い』にて
『生活リハビリのすゝめ ~いきいきした暮らしを送るために~』
というテーマで講演を行って来ました。
講演の席で

鳥澤PTの講義の特徴は
まずは分かりやすいスライドを使っての講義、ということ。
分かりやすいスライドと共に
今回も、見ているだけでワクワクするような
見応えのある内容のスライドを作って
参加者様に披露されていました。

今回はテーマが『生活リハビリのすゝめ』ということで
生活リハビリを通じて健康の大切さをお話しされた鳥澤PT。
セルフじゃんけん

生活リハビリとは何か、
健康を維持するための秘訣、
生活の中に運動要素をどう入れていくか、
生活動作とリハビリの関係などを伝えていました。

更に、参加された皆様と一緒に、
座ってできる簡単な運動をご紹介。
会場の皆様と一緒に
グーっと伸ばして
ただ『聴く』だけの講義ではないので、
うっかり『睡眠学習』してしまうこともありません。

肩甲骨を伸ばしたり、ほぐしたり…
笑顔で参加される皆様
意外に若い…?
実はこの動きは、肩こり対策に良いとのこと。

暮らしにリハビリのエッセンスを入れていくことの
大切さを伝えられた鳥澤PTの講義に
誰もが『納得』の表情で、うなずかれていました。

今回の講義に使われた資料の『一部』を、
鳥澤PTから許可をいただいたので、
特別に公開します。
資料1
資料2
資料3
資料4
資料5

資料を見るだけでも、とても勉強になりますが
鳥澤PTの直の解説がつけば、その効果は絶大。

当法人だけにとどまらず、これからも鳥澤PTの活躍の場は
ますます増えていくのでしょう。
そして、そんなスゴい方が身近にいる事実に、
何とも言えない『感動』を覚えるのでした。

笑顔で記念撮影④

【GL】鯉のぼりを見に行こう!

桜も終わり新緑が鮮やかな季節となった4月の下旬。
グリーンリーブズ赤枝の近隣の若葉台遊水地では、
今年も鯉のぼりが元気よく泳ぎ始めていました。
遊水地の鯉のぼり

この時期は、入所者様にとっては年に一度のお楽しみ、
恒例の「鯉のぼりを見に行こう!」と題したお散歩ウィークが
始まります。
今年は、4月27日~5月4日まで行いました。

遊水地で泳ぐ鯉のぼりは
若葉台の『祭りの会』の皆さんが設営されているそうです。
毎年、これだけの数の鯉のぼりを設営するのは
とても難しく大変なことだと思います。

ワイヤーを張るため、
木の保護や安全面にも配慮されていたり、と
気遣いも感じられます。
木の保護

その配慮の甲斐もあってか
初夏の澄み渡った大空には、沢山の鯉のぼりが元気に泳いでいました。
その悠々とした姿を見に行くことを、
グリーンリーブズ赤枝の皆様は、とても楽しみにされているのです。

ところで、『鯉のぼり』の由来については
皆様はご存知でしょうか。
鯉のぼりは、子供の立身出世を祈るもので、
他にも「神様に祈るため」とされ、
家の中では空にいる神様に祈りが届きにくい…とのことから、
外の高い位置に飾るようになったそうです。

青空の下で、遊水池をまたいで風になびいている鯉のぼりたちは、
とても気持ちよさそう。
鯉のぼり

そしてまた、それを眺める皆様も、
とても素敵な笑顔を見せてくださいました。
笑顔で記念撮影①
笑顔で記念撮影②

感想を伺うと、
「たくさんいた。みんな泳いでたよ」
「大きな鯉のぼりはヒモに巻き付いちゃってた(笑)」
と、楽しそうにおっしゃていました。
笑顔で記念撮影③
笑顔で記念撮影④

若葉の緑が綺麗で、
その間を吹き抜ける風がなんとも心地よく感じる中でのお散歩。
短い時間で行われたイベントでしたが、
とても気持ちよかったです。
遊水地までの道中で

外に出る機会の少ない皆様にとって、
桜や鯉のぼりなどを楽しむ
1年に1回のイベントは、とても大切です。

これからも皆様に喜んでいただき、
笑顔になれるようなレクやイベントを続けていきたいと思います。

皆様の鯉のぼりのお散歩レクでの素敵な笑顔は、
写真集でも掲載しておりますので、そちらも併せてご覧ください。

【茂原】端午の節句で厄払い!

5月前半に行われるイベントといえば、
やはり『端午の節句』。

少し前になりますが、しょうじゅの里茂原で行われた
端午の節句イベントの様子をご紹介します。

デイサービス入口近くに飾り付けられたのは
何とも雄々しい『兜飾り』。
デイサービス入口で来設者様をお出迎え
来設される方々を、勇ましくお出迎えしてくれました。

その周りにはツツジや花菖蒲などで彩りを添えたおかげか、
華やかな雰囲気も演出した、今年の節句飾りは
訪れる方々に
「季節を思い起こさせてくれて良いわね~」
と、嬉しい感想をいただけた、自慢の設えとなりました。

『設え』といえば…

ある日、デイサービスの利用者様が
「最近は昔と違って、鯉のぼりを立てる家も
少なくなったね」
と寂しそうにお話しされていたのを聞いたスタッフ。

「それならば…」
と、デイルームの天井に泳がせてみました。
『大きいね~』と歓声が起こりました

飾り付けた瞬間、大きな歓声があがったデイルーム。
「やっぱり大きわね~」
と、その利用者様も、天井を見上げては
ニコニコと満面の笑顔を浮かべていらっしゃいました。

さて、端午の節句と言えば外せないのが『柏餅』です。

上新粉で作ったお餅で餡をくるみ
柏の葉で包んだ柏餅は、日本独特のお菓子ですが、
実はれっきとした『行事食』だということはご存知でしょうか。

このお菓子が生まれ、端午の節句の食べ物として定着したのは
江戸時代の頃と言われています。

武家社会だった江戸時代、
新芽(=子供)が出てから古い葉(=親)が落ちる柏の葉を
「子供が生まれるまで親は死なない」という縁起物に見立てて
そこから「家系が絶えない」さらには「子孫繁栄」と結びつき
縁起のいい食べ物として定着しました。

しょうじゅの里茂原では、立派な『柏の葉』と
立派な柏の葉
入居者様がスタッフと摘んでくれたおかげで、
鮮度抜群の『蓬』が揃ったので
入居者様と蓬摘み
皆で『柏餅』を作ることになりました。

ところで、もう一つ。
この時期に忘れてはならないのが『菖蒲湯』です。

スタッフがここでも手際の良さを発揮して
あっという間に作り上げたのは『菖蒲湯セット』。
菖蒲湯セット完成

当施設の浴室にこれを浮かべ、
今年も菖蒲の香り爽やかな『菖蒲湯』で厄払いしていただいて、
いよいよ『柏餅』作りのスタートです。
すり鉢を使って、正統派スタイル

まずは、上新粉・片栗粉・砂糖で餅を作ります。

大きなすり鉢では塩茹でした『蓬』を擦り、
餅とよく混ぜて草餅にしました。

白い柏餅と草餅の二種類を用意し、
一口大に丸めたあんこを餅で挟んで、
柏の葉で包みます。
あんこを挟んで

蒸し上がったら完成です。
採りたての柏の葉で挟み、蒸し上がったら完成

蛇足ですが、お店に並んでいる柏餅を良く見てみると、
葉っぱが違う柏餅があることに気づきます。

つるつるした葉の表を外にしているものと
逆にざらついた葉の裏を外にしているものがあるのですが、
これは、中に入っている餡の味の違いを表しているんだそうです。

お店によって違う所もあるかもしれませんが、
基本的には、葉の表が外になっているものはこしあん。
だけど、お餅が蓬餅の場合は粒あんとのこと。
裏が外になっているものは味噌餡だそうです。

茂原の柏餅にはそんな区別はなく、どれも美味しい手作りの柏餅。
柏餅作りに携わったスタッフは
「私の作った柏餅、餃子みたい…」
と、その出来栄えに納得いかなかった様ですが、大丈夫!
皆様、美味しそうに召し上がっていらっしゃいました。
かぶりつく入居者様

ところで、この日の陰の立役者は、
やはり沢山の『蓬』を採って下さった、
こちらの入居者様ではないでしょうか。
陰の立役者

美味しい蓬餅を作ってもらえれば、と、
本当に沢山の蓬を摘んできてくださった入居者様。
お礼を申し上げると、
照れくさそうな笑顔をうかべていらっしゃいました。

兜飾り、鯉のぼり、菖蒲湯、柏餅…
端午の節句のフルコース(?)で、
無病息災を祈願しての厄払いも完璧です!

また一年間、利用者様には、
お元気でお過ごしいただけることと思います。

【赤枝グループ】求人のご案内

『親切と誠実』を理念とし、患者様・利用者様の心に寄り添う
医療・介護・福祉サービスを提供し続けている赤枝グループ。

それは、当グループで働くスタッフに対しても同様です。

充実した福利厚生で働きやすい職場。
託児所があり、ママも安心です。
ブランクある方も大歓迎。60代の女性も活躍しています。
研修制度が充実しているので、未経験の方も安心して就業できます。

ご興味を持たれましたら、是非こちらの『求人案内』をご覧ください!

急募中の職種

下記のお仕事は、特に募集しております。

  • 夜勤専従看護師(募集要項はこちら
  • 言語聴覚士(募集要項はこちら
  • 理学療法士(募集要項はこちら

お問合せフォームはこちらからどうぞ。