透析室スタッフ

【赤枝病院】パンフレットリニューアル ~透析室編~

赤枝病院には、透析室があります。
入院患者様の透析に対応しており、
全7床で人工透析を担っています。
透析イラスト(イメージ)

人工透析に主に関わるスタッフは、
各医師をはじめ臨床工学技士・看護師です。

ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、
臨床工学技士は国家資格。
透析のスペシャリストである彼らは、
透析室に必要不可欠な存在です。

また、看護師も一般看護とは異なる
専門知識が必要になります。
当院でも経験豊富な看護師が
透析をサポートしています。

透析に関する知識や情報については、
当赤枝グループ透析施設専門トータルサイト
併せてご覧ください。
グループ施設であり、人工透析専門クリニックである
「三保の森クリニック」「しょうじゅクリニック」の情報や
それぞれの施設のブログもトータルで掲載されています。
難しいこともわかりやすく解説してあり、
読者様にも好評をいただいているようです。

さて、こちらは赤枝病院の透析室です。
透析室風景

先日もブログでご紹介しましたが、
現在赤枝病院ではグループ全体と歩幅を合わせ、
パンフレットのリニューアル作業が進められています。
作業は「スタッフの手作り」をモットーに、
丁寧に、各部署が協力し合って作成しています。

今回の透析室の写真撮影も、
パンフレット作成の一環でもあります。

透析室だけでなく、
他の設備や仕様を紹介する為の写真撮影も、
スタッフ同士、協力して行っています。
違うアングルで撮りなおしてみたり、
カメラの設定を変えてみたりと、試行錯誤。
そうして思った通りの1枚が撮れた時の嬉しさは、
なかなか良いものなのです。

しかも、透析技士長はカメラ好きとあって、
自らシャッターを押してくださいました。

透析室のスタッフ皆様、
業務が残っているのも関わらず快く撮影を引き受けてくださり、
本当にありがとうございました。
透析室スタッフ

赤枝病院ならではといえる、
スタッフの皆様の協力に支えられて、
パンフレットは少しずつ完成していきます。

今後も、赤枝病院の様々な取り組みを
このブログでご紹介していきます。

【オレンジヒルズ】薬の管理と間違い探し

花の便りが聞かれ、
風に舞う花びらがまぶしい季節となりました。
新入学の初々しい子どもたちの姿を見かける度に
つい笑みがこぼれます。

今回はお薬についてのお話です。
オレンジヒルズでは朝昼夕眠前と間違いのないように、
入居者様ひとりひとりにお薬カレンダーがあります。

洋服のようにラックに掛けて管理ができるように、
ハンガーとカレンダーを接着して
1枚1枚皆様の健康を祈りながら手作りしています。
ハンガーとお薬カレンダーを接着します

入居者様に危険のないことはもちろん、
職員の効率の良い業務も考えて
スタッフは一つ一つ丁寧に進行しています。
しっかりつけて剥がれないように

一週間分の配薬を二人で確認し合い
準備をしています。
薬をひとつずつ入れ込みます

さて、話は変わって、ある日の午後の出来事。
太陽の日差しが窓にさしこむリビングで、
90歳の入居者様2人が
真剣にペンや色鉛筆で取り組んでいるのは
間違い探しの塗り絵です。
出来上がりはきれいに。塗り絵が完成しました。
庭の木や花を眺めながら
どの色にしようかと考えながら塗っていらっしゃいます。

スタッフもなかなか探せない間違いを
全部探されるのでびっくり。
あとひとつないね。。ととっても真剣なご様子

何歳になっても真剣に取り組むことの素晴らしさを
再確認しました。

これからも入居者様に寄り添いながら
ケアを行っていきたいと思います。

【タオルミーナ】お花見に出かけてきました

例年春のイベントとして
タオルミーナでは桜見物を企画しています。

今年の春の訪れがゆっくりだったせいもあり、
桜の開花も一足遅れという感じでしたが、
イベント開催日には天候にも恵まれ、
ウキウキ気分で出かけてきました。

とは言え、前述の通り、お出かけした日は
なんとなく桜の開花が今一つでしたので、
「菜の花畑」へも足を向けてみました。
桜の木
芽吹いてきた春

車から降りると、そこは辺り一面
「菜の花畑」というベストスポット。
春の花共演
五分咲き程度の桜と、春の花の競演です。

ご入居者様達からは思わず笑顔がこぼれ、口々に
「こりゃ すごい」
「見事だぁ」
などと言いながら、皆様、思い思いに
黄色の海原に入って行かれました。
菜の花畑を散策
一緒にお散歩

その際、車椅子を押してくれださる方、
足元を気遣うようなお声をかけて下さる方など、
入居者様同士、お互いに労りあうような場面が見られ、
皆様の心のあたたかさに触れた思いでした。

ひとしきり散策を終えてから、
記念写真もパチリ!!
立ち姿も凛として
はいチーズ

皆様とてもいい笑顔で、素晴らしい1枚が撮れました。
みなさんご一緒に

場所を移して、ランチタイムです。
食事風景

絶景を堪能した後、お腹も満開…
仲良くツルツル
いえ、「満腹」にして、誰もが大満足。

この後は、ドライブを楽しみながら、
タオルミーナへ帰宅の途につきました。

今年は、いつもと少しだけ違った「桜まつり」でしたが
皆様には充分お楽しみ頂けたご様子で、
スタッフ一同 ほっこりいたしました。

ご参加頂きありがとうございました。

このお花見会の様子は、写真集でもご紹介しています。
こちらでは紹介しきれなかった、素敵な笑顔が沢山掲載されていますので
併せてお楽しみください。

【CL】ウォーキングの効果

いよいよ春本番です。

三保の森クリニックは、
豊かな自然に囲まれた場所にあります。

クリニックの敷地内には、様々な植物が植えられており
患者様にひと時の癒しをプレゼントしています。
クリニックから望む自然②
クリニックから望む自然①

少し前の時期ですと、お隣にあるグループ施設の
特別養護老人ホームしょうじゅの里三保の敷地内に咲く
美しい桜が望めたり、とても心地良い風景が広がっていました。
三保の桜

ところで、気分が良い日は
ウォーキングでもいかがでしょうか。

今回はウォーキングがもたらす効果についてお話しします。

ウォーキングをすると・・・

  • ① 日光に当たる⇒自律神経が整います。
  • ② 多くの酸素を体に取り入れる⇒内臓や脳が活性化されます。
  • ③ お腹や足の筋肉を使う⇒腸管の動きが活発になり排便しやすくなります。

お散歩(写真は隣のグループ施設です)

20分以上連続して歩くことで、
脂肪燃焼効果もあると言われますが、
まずは10分程度から始めてみてはいかがでしょう。

毎日コツコツ歩き、
疲れを感じにくくなったら距離を伸ばしてみましょう。

ただし、体調が優れないときは
無理をせずに休みましょう。

また、透析をやられてる方においては、
運動をすると骨格筋の血流量が増加し、
腎臓の血流量は低下する為、
「できるだけ安静にしていることがよい」
と言われていましたが
最近では運動習慣がある透析患者と運動習慣のない透析患者では
生命予後に有意差があるとも言われているようです。

歩くことが困難な方は、
椅子に座って足先で爪先立ちを数回行ってみてください。
ふくろはぎの筋肉とリンパが刺激され血流がよくなります。

血流の亢進(こうしん=脈拍や症状が進むこと)もまた
腸管の動きを活発にし、便通がよくなります。
腸(イメージイラスト)

毎日出来る簡単な運動が
意外と長生きの秘訣だったりするんですね。

【鶴見】続・お花の植え付けに挑戦!

昨年掲載したしょうじゅの里鶴見のブログで、
「お花の植え付けに挑戦!」と題して、
パンジーの苗とチューリップの球根の
植え付けの様子を紹介させて頂きました。

冬の真っ只中に植えたパンジーとチューリップ。
お一人お一つずつプランターに植えられ、
花が咲く日を心待ちにされていたご利用者様。

春になり、苗と球根が
ようやく見事な花を咲かせましたので、
少しだけご紹介させて頂きます。

まずは、お花を植えた日のプランターの様子を、
振り返ってみたいと思います。
チューリップはまだ芽も出ていませんでした。
パンジーは、花がまだ小ぶりです。

ブログで紹介した当時は写真のようにまだまだ小ぶりで、
チューリップの球根にいたっては
植えたばかりで芽も出ていませんでしたが…

芽が土から顔を出す頃には、
季節は冬を越え、暖かな春になり、
小さかった芽も太陽の光を浴びて
ぐんぐん育っていきました。

こちらが現在のプランターの姿です。
現在のプランターの様子。こんなに大きくなりました。
成長したチューリップが所狭しと咲いています。

見事に成長し、横の壁から花びらが見えるくらい、
背が大きくなりました。
横の壁から花びらが見えるくらい背が大きくなりました。

チューリップだけではありません。
パンジーも、苗を植えた当時よりも大きく、
花もより色鮮やかに育ちました。
パンジー全体的に大きく、色鮮やかに育ちました。

チューリップの栽培が盛んな国と言えば、
まずオランダを思い浮かべる方が
多いのではないでしょうか。

チューリップのシェアも世界第1位で、
オランダは誰もが知るチューリップ大国ですが…

実は、チューリップの原産地は
トルコのアナトリア地方なのです。

チューリップの名前について、
トルコでは次のような逸話が残っています。

「チューリップ」の名前は、
「ターバン」に由来すると言われています。

ターバンはトルコ語で「ツリバン」。
その昔、オーストラリアのトルコ駐在外交官が
トルコ人にチューリップの名前について尋ねたところ、
花の形を聞かれたと勘違いしたトルコ人は、
ラテン語でターバンを意味する、
「チューリバン」と答えてしまったのだそうです。

外交官は「チューリバン」を花の名前と勘違いし、
他の国でも「チューリバン」と紹介してしまいました。
その後チューリバンが「チューリッパ」に変化し、
現在の「チューリップ」になった…

と言われています。

ちなみにチューリップの原産地・トルコでは、
チューリップをトルコ語で「ラーレ」と呼ぶそうです。
もし、外交官に正しい名前が伝わっていたなら、
今頃「チューリップ」ではなく、「ラーレ」という名前で、
チューリップが世界中で親しまれていたのかもしれません。
見事に成長したチューリップのお陰で、ご利用者様にも笑顔の花が咲きました。

今回のお花の植え付けレクは、見事に大成功。

ご利用者様に、ご自身で植えられたプランターを見て頂くと、
「きれいね」
「頑張った甲斐があったなあ」
と、とても嬉しそうな表情で喜んでおられました。

お花の開花とともに、ご利用者様の笑顔の花が咲きました。

【美浜】幸町団地の桜

4月も後半となり、すっかり葉桜が目立つようになりました。

2017年の桜前線は平年より遅いペースで進んでいたそうで、
美浜しょうじゅタウンがある千葉市美浜区幸町の桜も
昨年より、ゆっくり咲いているように感じました。

美浜しょうじゅタウンのお隣には
美浜エリア最古のマンモス団地・幸町団地があります。
団地エリアの中には、見事な桜の木が植えられており、
桜の季節は、団地に住まわれる方だけでなく
周囲の方にも、美しい春ならではの景色をプレゼントしてくれます。
団地の桜
団地の桜

ところで、お花見をしようと思うと
「今年もお花見、楽しみだなあ」
と、来るべきイベントにワクワクした気持ちを
覚えるかと思います。
団地の桜

このように『何か』を楽しみに思うと、
それだけで「ナチュラルキラー細胞」というものが増えます。
この細胞には、免疫機能を高める効果があり、
体が病気にかかりにくくなるそうです。

ちなみにこのナチュラルキラー細胞、
笑うことによっても増加することが分かっています。
なので、桜の開花時期にお花見を計画し、
その楽しい席で沢山談笑していた方は
免疫機能の向上につながって
俗にいう『五月病』とも無縁に過ごせる…かもしれません。

そんな効果にあやかれれば、と、桜の時期は
美浜しょうじゅタウン各事業所を利用されている方々と、
施設の近くの公園までお散歩に出かけました。
桜をバックに利用者様と

みなさん、綺麗な桜を見て、
自然と顔がほころんでいます。
桜をバックに利用者様と

桜の時期はあっという間に終わってしまうのですが
毎回「もう少し長く咲いていてほしいなぁ」と思います。
もちろん、その儚さもまた『味』なのかもしれませんが…

利用者様達も、今年も桜が見れて
とても喜んでいらっしゃいました。
桜をバックに利用者様と

さて、最後に『桜』に関するウンチクをもう一つ。
団地の桜

桜を見ると、疲れや苛立ちが吹き飛んで、
穏やかな気持ちになりませんか?

桜の色は全般に、女性ホルモンの分泌に良いとされ、
美肌、若返り、疲れやストレスの緩和などの嬉しい効果があります。

桜色のグッズを持ち歩くのも良いかもしれませんが、
やはり、自然の美しさにかなうものはありませんね。
団地の桜
団地の桜
写真を通して見ても、
この素晴らしい風景に心まで洗われるようです。

自然の力に感謝しつつ、
また来年も利用者様達と、
この綺麗な桜が見れますようにと願ってやみません。

【GL】富士山と桜

4月も後半戦に入りました。

今年はなかなか暖かくならず、
中旬になって、ようやく春らしい陽気になりました。
なかなか冬物のコートを片付けられず、
箪笥の整理に困った方も多いのではないでしょうか。

ところで、春を代表する花と言えば「桜」ですよね。
今年は東京、福岡に続き、
ここグリーンリーブズ赤枝がある横浜でも
3月25日に「開花宣言」が出されました。

開花宣言とは、
全国各地にある標本木の花の状態で決まります。
標本木がどの木なのかは原則非公開になっているそうですが、
気象庁が標本木を観察し、
つぼみが5、6綸ほころんだ状態になった時に
桜の開花宣言がされます。

グリーンリーブズ赤枝のデイケアフロアでは、
どこよりも早く
3月3日の「ひな祭り」の日に桜の花が咲き、
「開花宣言」を行いました。
開花宣言

こちらは、富士山の横の桜の木です。
富士山

桜の花は、デイケアの利用者様Aさんに
「お花紙」で作っていただいきました。
桜の花の材料

Aさんに作り方を尋ねると丁寧に教えてくださいました。
まず、正方形に切ったお花紙を2枚重ね、
それを蛇腹折りして
重ねた花紙を折ります

真ん中をホッチキスで止めます。
ホッチキスで止めます

それを二つ折りし、ハサミで「へ」の字に切ります。
「切るのが難しくて、こんな感じで切ったほうが
(広げたときに)桜の花っぽくなるのよ」
と教えてくださいました。
切り方にもコツがあるんですね。
ハサミで切ります

切った花紙を広げると桜の花の完成です。
広げます

そしてこの日は
「まだまだたくさん作らなきゃいけないから、
男性陣にも(花紙を広げる作業)手伝ってもらってるの」
とAさん。

男性のご利用者様の元を訪ねると、
黙々と花紙を広げて
桜の花を作っていらっしゃいました。
黙々と作業中

『黙々とされていますね』とお声掛けすると、
「やってると楽しくて。」とおっしゃるお二人の前には
たくさんの桜の花が出来ていました。
出来上がった桜の花

開花宣言から2週間後。
2分咲きといったところでしょうか。
2分咲き

さらに2週間後の3月31日。
スタッフが
『かわいらしいピンクの花がずいぶん咲きましたね。』
とお声かけすると、
「まだ満開じゃないから
もう少し作らなきゃいけないの」とAさん。
8分咲きかな

それから10日後の4月11日。
写真では分かりにくいですが、
桜の花は前に出るような立体的な感じになっていました。
満開!まであと少し

完成まではあと少し!のようですが、
デイケアのご利用者様の作品『富士山と桜』の壁画は
見事な絶景です。

お出かけの醍醐味!

【茂原】お出かけの醍醐味!

しょうじゅの里茂原のケアハウスでは
毎月、お楽しみ会を開催しています。

4月のお楽しみ会は、
『お出掛けの季節到来!』ということで、
恒例の『外食お花見ツアー』を企画いたしました。

4月初旬、都内では桜が満開だと言うのに、
茂原市内は、場所により差があるのか、
お花見予定地は満開とは程遠い様子です。
ま~だだよ♪

「楽しみにして下さっている入居者様の期待を
裏切るわけにはいかないです。」
と同行した相談員が
『桜』から『菜の花』に切り替えて向かった先が
こちらのスポット。
黄色いじゅうたん
千葉県の花である菜の花が一面に広がる菜の花畑です。

目の前に広がる、黄色いじゅうたんを前に
「一面黄色ね~」
と歓声が上がり、
「青い空と黄色の菜の花がとてもキレイ」
と喜んで下さいました。
菜花の香に包まれて

前述しました通り、
しょうじゅの里茂原がある千葉県の花は
『菜の花』となっていますが、
実は正式には決められていないそうです。

因みに、当施設の所属する法人グループ本部がある
神奈川県の花は、昭和26年に全国に先駆けて
『やまゆり』が投票の結果選ばれ、制定されました。
千葉県の場合、昭和29年にNHKが中心となり一般公募し、
選ばれたのがこの『菜の花』で、
それ以来、『県の花』として広く愛されています。

昼食を道の駅で召し上がり、
名物のソフトクリームに舌鼓。
お出かけの醍醐味!
スイーツ女子は、
お出かけの醍醐味だってしっかり堪能します。

蛇足ですが、このソフトクリームは
コーンの先の先までクリームが詰まっていて、
人気の一品だそうです。

このお出かけから4日後…

「あそこなら桜が咲いているよ」
という【桜開花情報】をいただき、
あいにくの空模様でしたが、お出かけを慣行。

曇天の為、うす明かりとなった景色の中に
念願の満開の桜を見る事が出来ました。
もういいよ♪
満開!

この日は市内の和食レストランで昼食。
こちらの入居者様も生ビールを楽しまれました。
お出かけの醍醐味そのⅡ

こちらの方は、3月27日(月)に
106歳のお誕生日を迎えられたばかりです。
桜情報の提供も実は、この方!
ゆっくり楽しみます
スタッフと一緒に、楽しい春のひと時を
過ごしていただけました。

どうぞこれからもお元気でお過ごしいただけます様、
喜んでお手伝いさせていただきます。

待ちに待った、『お出掛けの季節到来!』です。
今年も、利用者様と沢山
様々な場所にお出かけし、
『見て・触れて・感じて』こようと思います。

【三保】桜吹雪に笑顔咲く

今年は、やっと桜も満開を迎えたと思ったら、
花散らしの雨が降り続き、
気温もなんだか冬の時期に逆戻りでした。

ここでモヤモヤとした気持ちを抱えていたのが、
毎年恒例となっているお花見イベントの開催に、
なかなか踏み切れずにいたしょうじゅの里三保の各ユニット。

その想いが空に届いたのか、4月12日(水)は
前日の冷たい雨が嘘のように、綺麗な青い空が広がり、
今年一番の日差しが降り注ぎました。

待ちに待っていたお花見日和!
ということで、あるユニットでは
スタッフが特製弁当を作成。

ポカポカ陽気のロータリー前に机を並べて、
お花見会場を整えていきます。

入居者様の目の前には、
隣の女子大の敷地内に植えられた見事なソメイヨシノが。

少し強めの風が吹くたびに、花びらが勢いよく舞い散り
幻想的な花吹雪の景色を見せてくれました。

手作り弁当と一緒に、出来たての豚汁が入った鍋も持ち出し
いよいよ『お花見ランチ会』がスタート!

前日迄の雨に耐え、まだ充分見応えを残したソメイヨシノと一緒に
スタッフが心を込めて作ったお弁当を堪能します。

「卵焼きが絶品だわ!」
「やっぱり、外で食べるとまた格別ね」


久しぶりに外の空気に触れた入居者様達。
キラキラの日差しに目を細めながら、
美味しそうに、しきりに箸を動かしていました。

お腹が満ちた後は、
施設敷地内にある枝垂桜の前で写真撮影会。


少し緑が目立ち始めてしまいましたが、
そこはご愛敬です。

施設最高齢の入居者様の、素晴らしい笑顔もゲットできて
スタッフも、思わずニッコリです。

少し遅れてやってきたこの季節ならではの
楽しいイベントと穏やかな時間に
皆様、大満足でした。

このイベントの様子は、写真集でもご紹介しています。
ここでは紹介しきれなかった素敵な笑顔の写真も
沢山掲載していますので、併せてご覧ください。

【大和】木琴と腹話術

しょうじゅの里大和において、
木琴の演奏と腹話術のボランティア様2名をお招きし、
利用者様のお誕生会イベントを
盛り上げていただきました。

まずは木琴の演奏からスタートです。
木琴ボランティアさん演奏中
「ケセラ・セラ」「明日がある」など、
演奏していただきました。

木琴の音色がとてもきれいに響き、
優しくてやわらかい音に、皆、癒されました。
木琴ボランティアさん演奏中

職員でも木琴を聴く機会は珍しく、
とても心に響いてきました。

良い演奏を聴き、耳も潤ってきたところで、
次は、腹話術の方に芸を披露していただきました。
腹話術ボランティアさん

木琴の演奏の方とは
お知り合い同士との事です。
きっと、いろいろな施設で喜ばれているのでしょうね。

お人形の名前は『ゴロちゃん』と言います。
腹話術でなぞなぞや、川柳、
お孫さんの話などをしていただきました。
腹話術ボランティアさん

最後にゴロちゃんの首がぐるぐる回る、という
少しブラックジョークのようなビックリがありました。
それが、とても面白く、
利用者様の笑いを誘っていました。
利用者様の様子
利用者様の様子

今回来ていただいた、
ボランティアさんの記念撮影も
させていただきました。
ボランティアさんたちの記念撮影

とても元気をいただいたので、
感謝の気持ちでいっぱいです!
またいらしていただける日が楽しみです。
どうもありがとうございました。

その後、お誕生日の利用者様に、
プレゼントの色紙の贈呈がありました。
利用者様に色紙贈呈
利用者様に色紙贈呈
利用者様に色紙贈呈

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、
今回のイベントは終了しましたが、
また、楽しいイベントを企画していきますね。