【赤枝病院】若葉台の夏祭りに行ってきました。

赤枝病院の近隣にある若葉台には、
1万5千人が居住する若葉台団地があります。

そこで毎年行われているのが「若葉台夏祭り」。
祭り終盤には豪華な花火の打ち上げがあり、
その華やかさに遠方からわざわざ参加される方も
いらっしゃるとお聞きしています。

夏祭りは例年大賑わいなのです。

若葉台近隣に住む職員も多い赤枝病院。
須田院長・病院スタッフと共に祭りの様子を見に訪れると、
何人かの職員に遭遇!
1.須田院長と夏祭りで頑張る赤枝病院スタッフ

元気に屋台を切り盛りしている様子に、
須田院長も差し入れにと買った焼きそばを持ち、すっかり笑顔です。

病院のトップである院長が率先して地域の活動を応援。
なんとも「赤枝病院」らしい光景です。

さて、今回私たちが祭りにやってきた目的は、
若葉台地域の魅力ある活動を支援し再認識すること以外に、もう一つあります。

今春、赤枝病院は団地内にある「若葉台商店街」の一角に
訪問看護を含む各種サービスの提供を行うための
ケアマネステーションをオープンしました。

「訪問看護ステーションあさがお」
「居宅介護支援事業所あさがお」として、
地域の皆様を支えるべく活動しています。
(※ 詳しくは、こちらをご覧ください。)

今年は、「あさがお」が立ち上げからお世話になっている
地域交流拠点「ひまわり」さんの主催で、
若葉台地域を盛り上げる新たな取り組みがありました。

若葉台在勤・在住の30~40代の男女が集まって情報交換するイベントで、
20名程が参加し賑わいをみせました。
地域の若い人たちの交流の場になれば、と話す「ひまわり」のスタッフさん。
須田院長もにこやかに挨拶し場を盛り上げています。
2.須田院長の挨拶

参加者の方に感想を伺うと、
「高齢化が進む若葉台団地で、自分と同世代の方と交流を持ついい機会です。」
との事で、イベントは好意的に受け入れられている様子でした。

今回のイベントの一番も特徴は、若葉台の魅力を多方面から紹介していることです。

さらに、今回「神奈川県住宅公給公社」の方にご協力をいただき、素敵な計らいがれていました。
若葉台団地では、「体験入居」を受け付けており、
体験専用にリフォームされたお部屋に実際に宿泊し、
若葉台での生活を体験できる取り組みが行われています。
3.リフォームされた若葉台団地の体験入居部屋

今回は特別に、そのお部屋を見学しながらの花火見物をさせていただきました。
体験入居用のお部屋は上層階にあるため、眺めは抜群。
間近からあがる花火の迫力に、参加者からは歓声があがりました。
4.歓声があがる花火
5.13階から見る花火

今回、新たな若葉台の魅力が再発見できるイベントに参加することができ、
大変良い経験となりました。
また、「地域に根差し、皆様い寄り添い共に歩んでいく」という決意を
新たにすることができました。

イベント企画をしてくださった「ひまわり」の皆様、
神奈川県住宅公給公社の担当者様、
そしてイベントの参加者の皆様、
取材へのご協力本当にありがとうございました。

【茂原】行って参りました七夕見学!

しょうじゅの里茂原がある茂原市で、
丁度一か月前の7月29~31日に
第62回茂原七夕祭りが開催されました。

茂原の七夕祭りは、七夕飾りの『静』と、
各種踊りの『動』が楽しめるイベントとして知られています。
県内の夏祭りの中では屈指の規模で、
期間中、県内外から毎年90万人近い来場客が訪れています。
2.七夕飾り

当施設では、毎年「茂原七夕まつり装飾コンクール」に参加しております。
(作品を製作している様子はこちらでご紹介しております。)

折角なので、この七夕祭りに、
ご利用者様と見学に行って参りました。
3.七夕飾り

当日は、梅雨明け宣言を待ち焦がれていた太陽と、
大盛り上がりの七夕祭りの熱気にも負けない様に、
帽子・タオル・飲み物を持参し、いざ見学へ。

余談になりますが、七夕飾りの定番であもる、笹飾り。
唱歌「七夕さま」のなかで『五色の短冊♪』とありますが、
そもそもは、中国の陰陽五行説からの
「赤」「青」「黄」「白」「黒」からくるものだそうです。

その意味は、赤は≪礼≫、青(緑)は≪仁≫、黄は≪信≫、
白は≪義≫、黒(紫)は≪智≫とのこと。

こちらは、施設ご利用者様に書いていただいた短冊です。
4.今年の願い事 
さすがオリンピックイヤーだった2016年。
『金メダル』とか『日本選手の活躍』と書かれたものもありました。

この願いごとが天に届いたのか、
今回のリオオリンピックは、日本勢が大活躍。
金メダルも、大勢の選手が獲得し、日本に持って帰ってきてくれました。

閑話休題

祭りの会場を歩いていくと、沢山の飾りをくぐり抜けて進んでいきます。
この飾りにも、短冊の色と同様に、それぞれ願いや意味があります。
投網飾りは≪大漁≫を、
折鶴飾りは≪健康と長寿≫、吹き流しは≪裁縫の上達≫などなど。
一つ一つに意味や願いが込められているということを知ると、
また感慨深いものですね。

折角なので、素敵な七夕飾りの前で「パチリ」
5.ハイ、ポーズ

そして、皆で作ったちぎり絵の前でも記念撮影。
6.皆で作った作品の前で
7.皆で作った作品の前で

皆さんで作り上げた作品は、
今年は「七夕技能賞」をいただきました。
8.七夕技能賞受賞!
同行した職員が誇らしげに高々と掲げています。

会場は熱気にあふれていて、
さすがに皆様も疲れてしまったのではないかとスタッフが声をかけると
「大丈夫よ。だから来年も連れて行ってね!」
「夏だから暑いのは当たり前。
ここに来るのは一年に一度の楽しみ!」
と、何とも 頼もしいお言葉を頂きました。

実は、夏バテ気味の職員もチラホラ…だったのですが、
この頼もしい一言を聞いて
「仰る通り! さすがですよね。
ヨシ、頑張りましょう」
と奮起したのは言うまでもありません。

短冊にも書きましたが、
ご利用者の皆様が、お健やかにお過ごし頂けるのが私達職員の願いです。

【CL】生理食塩水

8月ももうすぐ終わりですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

花火大会に夏祭り、プールに海水浴など色々楽しいイベントも多かったと思いますが、
どんな時でも適度に水分を摂って、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

今回は水にちなんで、医療現場でよく用いられる
『生理食塩水』について紹介したいと思います。

そもそも生理食塩水とは、
私たちの体液や血液とほぼ同じ等張(=2種の溶液の浸透圧が等しいこと。
特に、血液や原形質液と等しい浸透圧をもつこと。)の
塩化ナトリウムの水溶液のことを言います。
日本薬局方・処方箋医薬品では塩化ナトリウム0.9w/v%含有する食塩水を
「生理食塩水」と定義するそうです。

当クリニックが使っている生理食塩水の
成分表示を見てみても…
2.生理食塩水①
3.生理食塩水②
どちらも、塩化ナトリウム含有0.9%である事が分かります。

生理食塩水は、細胞液または体液・血液とほぼ等しい浸透圧なので
しみたりしないのが特徴です。
その特徴を生かして血液中を通っても刺激が柔らかで、
体に害が少ないので、医療現場では多岐にわたり
生理食塩水が用いられます。
4.透析治療に用いられる生理食塩水

近年では医療現場以外にも生理食塩水が用いられることが多く、
身近なものだと、ソフトコンタクトレンズの洗浄液や保存液などに使われています。

また、美容の分野で、若い女性の間では
世界的歌姫のビヨンセさんもやっていたという塩水洗浄(ソルト・ウォーター・バッシング)と言う
腸内洗浄法などで密かにブームになっているそうです。

興味のある方は、インターネットなどに簡易的な生理食塩水の作り方が載ってますので
調べてみるのも面白いかもしれません。

【鶴見】夏だ!鶴見の納涼祭!

8月5日、しょうじゅの里鶴見全ユニットの合同行事として、
「納涼祭」を行いました。
1.提灯を飾って、お祭りムード
2.納涼祭の告知ポスター

会場は施設内1階のエントランスホール。
エレベーターの周りにはこの日限りの特設屋台を設け、
受付の前や喫茶室、会議室に休憩スペースを設置しました。
3.この日限りの特設屋台

ご利用者様には、実際に屋台に並んで
お食事を召し上がって頂くことに。
4.どの味にしようか…と思案中

この日に並んだ屋台は…

甘くてふわっとした食感がやみつきの「わたあめ」
5.わたあめの屋台。

いちご、メロン、抹茶の3種類から選べる「かき氷」
6.かき氷の屋台。

夏の定番「スイカ」…などなど。
7.スイカの屋台。

納涼祭ならではのメニューを召し上がって頂き、
普段とは一味違う、夏の美味しさを満喫して頂きました。

ふわふわで甘いわたあめに、ご利用者様もこの笑顔。
8.「美味しい」と笑顔

「うん、美味しい」と、笑顔を見せて下さいました。

「納涼」とは、夏の暑さを避ける為に、
涼しさや過ごしやすさを創り出し味わう事により、
暑さを「忘れる」ことを指すそうです。

暑さの厳しい日が続く毎日ですが、
一時でも暑さを忘れて、夏を楽しんで頂けたのなら、
職員にとっても、大変喜ばしく思います。
9.納涼祭を楽しまれるご利用者様。
10.「楽しいね」と、ご利用者様

秋には鶴見最大のイベント「しょうじゅ祭」が開催されます。
今回は内部のみの行事でしたが、こちらはご家族様はもちろん、
外部のお客様もお越し頂けるお祭りとなっています。
(※ 去年の『しょうじゅ祭』の様子は、こちらのブログを
ご覧ください。)

詳細はブログでもご連絡させて頂きますので、
楽しみにしていて下さいね。

【オレンジヒルズ】避難訓練を行いました

各所では地震や火災などの災害を想定された様々な訓練をされていますが、
オレンジヒルズでも入居者様が安心して生活していただけるよう
入居者様と職員が一緒に避難訓練を実施しました。

オレンジヒルズは道路から階段を上がっていただくような少し高台に建っており、
避難する際は階段を使用する必要があります。
エレベータが停止してしまった場合、どのように降りていただくか実際に行ってみました。
今回はその様子をご紹介します。

階段の移動を女性職員のみで実施しました。
4名が必要でした。
1.息を合わせて

男性が1名加わることで3名で対応できました。
2.安定して運べました

階段に器具を設置しました。
3.なかなかの勾配

車いすで昇降の訓練が出来ました。
4.ちょっとずつ時間を短縮

訓練の成果もあり、昇降の時間も短縮することができました。

実際に災害が発生した場合、
どのように対応すべきか判断するためには日ごろの訓練がとても大切です。

災害のないことを祈りながら、今後も訓練を続けていきたいと思います。

【タオルミーナ】緑消防署長をお迎えして…

今から2年前の2014年(平成26年)8月。
日本では7月30日から広範囲で豪雨が発生し、
8月26日迄に、京都府福知山市では大規模な洪水被害があり、
兵庫県丹波市や広島県広島市では土砂災害が起き、
甚大な被害をもたらしました。

災害はいつ発生するかわかりません。
いざという時に備えて、日頃から万全の準備をしておく必要があります。

この『いざという時』、
多くの方は119番に通報することを考えられるかと思います。
しかし、いざという時だからこそ、
慌ててしまうのではないか、という心配がありませんか?

タオルミーナではご入居者様へもお声かけし、
横浜市緑消防署長様にご協力頂き
『119番通報訓練』を実施いたしました。
3.設備の説明

普段のタオルミーナでの消防訓練といえば、
『初期消火訓練』を中心に、避難誘導訓練などを計画して行っています。

今回は、違った視点からの訓練ということで、
実際に消防署へ通報する、まさに『リアル』さを伴う訓練でした。

冒頭、消防署長より、具体的な事例を交えて
通報の手順や避難方法について学びました。
5.事務所内で訓練実施

いよいよ『実地訓練』です。
事務所から、『真似』ではない『直接の通報』を行いました。
4.実際の通報訓練

実際対応している職員、また周りで目を凝らして真剣に聞き入る職員。
訓練とはいえ、誰もが真剣で、空気もピンと張り詰まっていました。
6.入居者様も参加

日頃から通報が必要な事態(=火事)にならないように心がける事も大切ですが、
いざという時に対応できるよう、このような訓練の大切さを感じました。

また、日頃から救急対応ではお世話になっている所長様へ、
改めて対応時の確認もさせて頂きました。
8.緊急ファイルの確認
7.講評

日頃からのご指導に感謝し、
自覚と責任ある対応ができるよう、
これからも訓練を行っていきたいものです。

【GL】観察記録・セミの羽化

7月の下旬。
梅雨明けが間近になった頃、セミが鳴き始めるようになりました。

セミが鳴き始めるといよいよ夏到来という感じがしますよね。

セミの幼虫は普通1~5年土の中にいて、
成虫になってから実は3週間から1か月くらい生きているそうです。

春や秋などの季節外れな時期に成虫になったセミは、
鳥や人間などに捕まったりしなければ
1~2か月生きるものもいるそうですよ。

今まで
「セミは土の中に長い間いて、
土から出てきて1週間しか生きられないなんてかわいそう」
と思っていたのに、びっくりですね。

さて、ある日のこと。
グリーンリーブズ赤枝のデイケアをご利用されている利用者様が
セミの幼虫を持ってこられました。

デイケアの職員が
【只今 せみ。。。 大人の階段 昇り中!】
なんていう立札まで作成していました。
1.せみ。。。大人の階段昇り中!

そしてここからは
羽化の様子をレポートしていきたいと思います。

デイケアの利用者様のテーブルで観察していると、
背中が割れ幼虫が羽化し始めました。
2.羽化の始まり

その後、セミの頭が見え、目も見えてきました。
“ブルブル”っと体を震わせては少し出て、また震わせては少し出て、
というのを繰り返して出てきました。
3.羽化中①

そして体が少ずつでてきて、羽も見えてきました。
4.羽化中②

そこから器用に、抜けた殻に捕まり羽を伸ばしていました。

最初は白かった羽がだんだんと色を変え、茶色になっていきました。

成虫になったアブラゼミを外に放してあげると、
元気にとんで行ってくれました。

今回のブログはアブラゼミの観察記録をお伝えしました。

【大和】 デイケアの一日に密着!

「おはようございます!」
と、しょうじゅの里大和の通所リハビリテーション(デイケア)の利用者様が
今日も施設にいらしてくださいました。

今回のブログでは、
あるデイケアの利用者様に1日密着レポした様子をお届したいと思います。

「今日の席はどこかなぁー?隣の席は誰かな?」
と、ドキドキ混じりの車内から降りていらっしゃいました。
9時30分頃、施設に到着です。

10時、健康チェックをします。
1.健康チェックの様子
体温は? 血圧は? 問題ありませんね。
では、お風呂に入りましょう!

「朝からお風呂入れてくれて幸せだなぁ。
頭も洗ってくれるし、背中も洗ってくれるし。
足が悪いけど大きなお風呂に入れて助かります!」

ドライヤーで髪を乾かした後は、
ご持参の化粧水、ヘアクリームで毎回きれいにされています。
2.入浴後のドライヤーかけの様子
入浴が終わりましたところで、
少し休んでからリハビリの時間になります。

足のマッサージです。
3.リハビリ①

ボールやチューブを使った筋力トレーニングです。
この他、室内を杖歩行、平行棒内を杖を使わず歩行練習もあります。
4.リハビリ②

歩行器を使っての屋外歩行は
季節の木や花、最近は畑の野菜も、鑑賞しながら、の訓練です。
5.リハビリ③

「毎日、毎日の積み重ねが大切だと思って頑張っています。」
担当の理学療法士談、
「積極的にリハビリに取り組まれていて、
だんだん上手に歩けるようになっています。」

12時、お腹がすいたところで、昼食の時間となりました。
今日のメニューは冷やし中華、餃子、フルーツヨーグルトです。
6.昼食

「冷たくておいしい。
餃子はあまり好きじゃないけど・・・って言うのは
歯が悪いから少し食べにくかった。
私は残さず食べるから・・・太るのかな?(笑)」

お腹がいっぱいになって、少し休憩後、集団体操の時間となります。
7.集団体操

「体を動かすのは好きだし、
一人でするより、みんなでやる方がやる気が出る。
これを続ければ、足がスムーズに動かせるようになるかなぁ。」

15時。
「一番楽しみなおやつの時間が来た!
今日はクリームパンだからコーヒー、紅茶、お茶のどれにしようかな。」
8.おやつ

レクの時間では切り絵や貼り絵、絵を描いたり、
クイズなど、デイケアに通うようになってから始めたものばかりですが、
毎回熱心に取り組まれています。
9.レク

16時、お帰りの時刻です。
10.帰ります

「今日もいろいろな人とお話ができて嬉しかった!
やっぱりここに来ると楽しいな!
お世話をしてくれる人に本当に感謝しています。
明日は休みだからゆっくりできるなぁ。」

ご利用ありがとうございました!
最後は皆で手を振ってお見送りさせていただきました。
またいらしてくださいね。

以上、密着レポでした。

【三保】夏のアツい音楽をお届けします!

しょうじゅの里三保には、定期的に来設してくださり
素敵なイベントで利用者様を楽しませてくださる
ボランティアの方々がいらっしゃいます。

毎年、クリスマスの時期に仲間と一緒に来て下さる
テリー保谷さんもその一人。
知る人ぞ知る、とても素晴らしいシンガーです。

今回は『サマー・ワンマンライブ』ということで、
夏らしい、アツい曲を沢山歌いに来てくださいました。
02.テリー保谷さん

人気のイベントの一つということもあって、
始まる前から、会場であるデイルームは超満員。
01.熱気に包まれた会場

早速、往年の名曲『ルイジアナママ』を唄ってくださいました。

その曲にあわせて、スタッフと利用者様がステージの前へ。
軽やかなダンスの披露に、デイルームはボルテージが跳ね上がります。
04.歌に合わせてダンス!

ステージは、洋楽あり、歌謡曲あり、ハワイアンありと盛りだくさんの内容で、
1曲目の『ルイジアナママ』に続いて
『ダイアナ』や『ラバンバ』の時にも、利用者様や入居者様が
テリーさんの歌にあわせてステップを踏みます。
05.ダンスダンスダンス!!

横を見ると、デイサービス付きのナースも
見事なダンサーぶりを見せていました。
06.ナースも思わず…

『青春時代』をはじめとする、
会場の皆様と一緒に歌う曲も沢山用意してくださいました。

特に『高校三年生』では、一番前に座っていた元気な男性利用者に
「一緒に歌いませんか?」
と、テリーさんが声をかけ、前に出て、一緒に歌う場面も。
10.ご利用者様と一緒に

歌の合間には絶妙なトークを挟んでくださり、
常に笑顔の絶えないイベントとなりました。
03.軽妙なトーク

デイサービスの利用者様だけでなく、
入居者様やショートステイの入所者様も、一緒になって楽しみました。
07.聞き惚れて…
08.懐かしのメロディを堪能
音楽に合わせて手拍子を打ったり、
リズムに合わせて体を動かしたり…
その瞳の輝きは、この時期盛んに行われている『夏フェス』を楽しむ若者達と
何ら変わることもありません。

スタッフも、このイベントを盛り上げようと奮闘しました。

テリーさんが用意してくれた1曲『愛して愛して愛しちゃったのよ。』に
この歌のために、と、ワンピースに着替えてムードを演出!
09.スタッフとデュエット
美声同士が生み出す絶世のハーモニーに
利用者様からの拍手は鳴りやみませんでした。

たった1時間のライブでしたが、会場は大盛り上がり。

テリー保谷さん、今年の夏も素晴らしいライブを
ありがとうございました!!

このイベントの様子は、写真集でもご紹介しています。
ぜひこちらもご覧ください。

【美浜】幸町団地夏祭り!

毎年恒例、1年に1度の夏祭りが、お隣の幸町団地で開催されました。

このお祭りには、美浜しょうじゅタウンは毎年参加させていただいており、
もちろん今年も、近隣の皆様と楽しい時間を共有させていただきました。

美浜しょうじゅタウンが出店した屋台には、
様々な、お祭りならではの商品が並びます。
2.屋台開店~♪
ソフトドリンクやアルコール類はもちろん、
おつまみとしても最適な枝豆、小腹がすいた時に嬉しい焼きおにぎり、
お子様が喜ぶおもちゃも置いてあります。

スタッフも、今日ばかりは売り子さんになって、頑張ります!
3.声かけも元気に

滑り出しは、まずまず…
大きな声を出して、お客様におすすめします。

そのかいあってか、多くのお客様に来ていただきました。
4.祭りを盛り上げます
5.どれにしようかな
  
夜になり、お客様もだんだん増えてきました。
6.いらっしゃいませ~

食べ物系ももちろんですが、前述したおもちゃ類なども
大勢のお子さん達が買いに来てくれて、
スーパーボールや光るおもちゃなど、中々の評判でした。
7.接客に大わらわ

太鼓の音頭が響き渡り、盆踊りを踊っている人達を見ていると、
しみじみ今年も暑い夏がきたんだなぁと実感します。

お祭りが終わるころには、
ドリンクや食べ物、おもちゃ等も全て完売しました!
しょうじゅタウンのブースに立ち寄り、購入して下さった皆様、
本当にありがとうございました。

夏の風物詩といえば、盆踊りもそうですが、
幸町団地の夏祭りは、最後に打ち上げ花火があります。
8.花火

夜空に輝く光の数々が、とっても綺麗です。
9.花火

盆踊りと花火を一度に楽しめるなんて、なんて素敵なんでしょう!
10.花火

美浜しょうじゅタウンが建っている幸町は
本当に素晴らしいところだと、改めて実感しました。

また来年もお祭りに参加させて頂き、地域交流を広げていきたいと思います。