【赤枝病院】口腔ケアの勉強会

赤枝病院では、
定期的に職員を対象とした「勉強会」を実施しています。

看護・介護関連の知識共有や省エネについてなどを、
幅広く充実した内容で実施しています。

今回は、赤枝病院歯科の遠藤先生を講師にお迎えし、
「開口困難・開口保持困難に対する対処法」を学びました。

「開口困難・開口保持困難」とは文字通り、
歯科治療や口腔ケアの際に開口が難しい、
または開口状態が保てない状態をいいます。
1イラスト
一体、どんな原因があるのでしょうか?

開口困難・開口保持困難となる原因は大きく分けて4つあります。

  • 認知症による拒否
  • 口腔周囲の疼痛、嘔吐反射誘発による拒否
  • 脳血管障害後遺症による意識障害や咬反射
  • 咀嚼筋の異常

原因や症状は患者様により様々です。
遠藤先生は、それらを考慮した上で
ケアを行うことを重要視されており、
患者様に少しでもリラックスしていただけるような気配りも大切にし
患者様と向き合われています。
2イラスト

たとえば、開口拒否のある患者様に対しては、
すぐに口腔内へアプローチするのではなく、
口腔より遠いところから近くへ、
リラクゼーションしながら進めていく、
といった具合に治療を行います。

また、現場で病棟スタッフがケアにあたる際の
注意点や気配りできるポイント等も講義され、
とても有意義な勉強会となりました。
3イラスト

このような遠藤先生の気配りをもった治療は入院患者様だけでなく、
実は患者様のご家族様や職員の間でも評判となっています。
先生の治療に対する考え方に感動し、
継続して通院している職員も少なくありません。
4イラスト

赤枝病院歯科では訪問も行っています。
通院が困難な方のために、ご自宅や施設までお伺いしています。
治療を担当するのは丁寧・親切な治療をして下さる中田先生。
中田先生もその評判から、
多くの介護施設と提携し歯科治療を通して地域に貢献されています。

赤枝病院歯科にご興味のある方は、是非一度お電話にてご相談ください。
赤枝病院 歯科:045-921-3333(代表)

赤枝病院 歯科については、HPでもご紹介しています。
こちらも併せてご覧ください。

※今回使用したイラストは、すべてイメージです。

【タオルミーナ】熊本地震に対する募金活動

平成28年4月14日に熊本県熊本地方を震源とする最大震度7の地震により、
亡くなられた方々には、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

当法人では、被災された皆さまのために何か力になりたいという思いを寄せて、
心ばかりの支援物資をお届けしたり、
各施設に募金箱を設置し、被災者・被災地支援活動の一環として、
義援金を受付けております。 
2.募金箱
職員をはじめご入居者様からも、ご支援のお言葉とともにご協力頂き、
しばらくの間募金活動を行います。

長引く避難生活も、疲労や不眠が続き、
生活を立て直すということは、容易なことではないと思います。

遠くからですが、心より平穏な日常生活が戻るようお祈り申し上げます。

【鶴見】5月の行事食

5月には5日の子供の日、
8日の母の日と、2つのイベントがありました。
しょうじゅの里鶴見では昼食やおやつに
それぞれ行事食が提供されました。

まずは子供の日の行事食をご紹介致します。

調理中の厨房へ取材に行くと、
調度、おかずの海老フライが揚がったところでした。
1.良い匂いが食欲をそそります。
揚げ物のこんがりとした良い匂いが食欲をそそります。

続いて、サラダの調理の様子を見に行くと…
食形態ごとに分けて盛られていました。
2.食形態ごとに分かれて盛り付け
ご利用者様にお出しするお食事は、
それぞれのお体の状態に合わせてお作りしています。

こちらが端午の節句の行事食です。
3.こどもの日の行事食

ご利用者様から「豪華だね~」と評判だった
鰻の乗った散らし寿司。
4.鰻の乗った散らし寿司

お祝いごとの定番、海老フライ。
5.お祝いごとの定番

何だかくせになる味付けのうま塩サラダ。
6.うま塩サラダ

おやつには、真鯉の形をした和菓子を召し上がって頂きました。
7.真鯉の和菓子
ご利用者様から、「素朴な顔が可愛い」とのお声が上がっていました。

母の日のおやつには、
カーネーションをイメージした和菓子が提供されました。
8.カーネーションの和菓子
赤とピンクのカーネーションがとても可愛いです。

ちなみに、赤いカーネーションの花言葉は「母への愛」、
ピンクのカーネーションの花言葉は「感謝の心」
…と、色によってそれぞれ違う意味があるそうです。

どちらも母の日に贈るには、ぴったりのお花ですね。

しょうじゅの里鶴見では、定期的に行事食の日を設け、
季節やイベントに応じたメニューをお出ししています。
これからもご利用者様に楽しんで召し上がって頂ける
お食事をご提供出来ればと思います。

日々の献立は、1週間ごとにこちらのブログに掲載しています。
是非ご覧になってみて下さい。

【オレンジヒルズ】ひと時のお楽しみ

ミニハウス オレンジヒルズは、入居者様に
いつでも自分のお家のように過ごしてもらうことを心がけています。

ここではそんな”在宅”にふさわしく「お茶」を楽しむ時間を大切にしています。

緑茶は栄養が豊富で、昔から各ご家庭で飲まれ、
私達にとって、とても馴染みのあるものです。
緑茶は飲むだけでみんな笑顔にし、ほっこりした気分にしてくれます。

先日「お茶プレッソ」を寄贈していただきました。
1.「お茶プレッソ」
この機械を使うと、自動で茶葉を粉末茶に挽いて、
まるで茶筅を使って点てたかのようなお茶をいただけます。

早速、職員も加わり入居者様と挑戦!
2.どんなふうに仕上がるのでしょうか

職員、説明書片手に機械を操作。初めての機械にみんなで盛り上がります。
入居者様も不思議なお顔で「どこからでてくるのかしら」と覗き込まれます。

あっというまにお茶が出来上がりました。
3.とってもおいしく出来上がりました
お茶菓子と一緒にいただきました。
お味もお菓子もおいしくて、みんなにんまり。
4.みんなにんまり

このように毎日楽しくみんなが過ごしているおかげか、
当施設は介護スタッフの離職率0%です。
5.職員もほっこり

これからもこんな時間を大切にしていきたいと考えています。

【タオルミーナ】防災訓練 ~消火器を使った訓練~

タオルミーナでは、定期的に行っている消防設備点検時に合わせ、
防災設備についてや消火活動についての訓練を実施しています。

先日は、当グループ各施設の防災設備にご助力いただいているフジ防災設備様より
消火器の特徴や使用方法を指導頂きました。

消火器には本来薬が入っていますが、それを実際に撒くとなると
色々と障りがあります。
しかし、いざという時のために消火器の正しい使い方を身につけておく事は
とても重要なことで、それには実際に扱ってみるのが一番です。

と、いうことで、今回は水の入った訓練用の消火器を使用し、
実際の消火活動を想定した「声出し」や使用についての注意点などの
説明をいただきました。
2.訓練用消火器

消火器を扱う際のポイントは、
火の根元をねらい、手前からほうきで掃くように放射するといいとのこと。
3.消火訓練指導
4.火の根元をねらって

自分の身を守りつつ効果的に放射するためには、
風上から放射するとよいとのこと。
5.狙いを定めて…

室内で放射する場合は、
出入り口を背にして逃げ道を確保することも大事になります。

放射時間は、消火器の種類や薬剤の量により異なるようですが、
施設に設置してある粉末消火器で15秒程度のものなので、
あくまでも消火器での初期消火である事を忘れないことが重要だそうです。
6.いざという時の為に

一般に消火器初期消火が可能なのは、
天井に火がまわるまでと言われているそうなので、
天井に火が燃え移った場合には、
速やかにその場から逃げる事が大事になってくるとの事です。

マンションなどではドアを閉めて避難すること。
また、大声で周りの人に火災であることを知らせ、
みんなで協力することも大切になります。

「火事は冬場に発生するもの」というのが一般的な認識ではありますが、
実はこれからやってくる梅雨のシーズンからその後の夏場にかけて、
ちょっとしたことから火災が発生する場合があります。

例えば、「トラッキング現象」という、
コンセント周りにたまったホコリに引火して火災になるケースです。
梅雨時に雨水が入り込んでほこりが湿気をおびたり、
中長期間、留守にしていたことなどで除湿をあまりしない場合に起こりやすくなります。

また、ホコリがたまっていなくても、
コンセントを無理に差し込んでいる場合や、
電源コードが家具の角などで擦れていたりしていても危険です。
接触不良により電流が流れると発熱や発火する恐れがあります。
梅雨から夏場にかけての時期は、エアコンや扇風機にこうした原因が多く見られます。

更に、エアコンでは、室外機に異物が入ることで
トラッキング現象が起きて火事になるケースもあります。
季節的にナメクジや昆虫が発生しやすく、それらが室外機に侵入する可能性が高くなります。

数はあまり多くありませんが『収斂(しゅうれん)火災』というものもあります。
これは透明の物体によって太陽光が一点に集められ、発火する火災のことで、
虫眼鏡で太陽光を集めて発火させることと同じ原理です。
ペットボトルを窓際に置いておくとペットボトルがレンズの役目を果たし、
燃えやすい物に光が収束して発火することも考えられます。
過去には、車のフロントガラスに取り付けてあったアクセサリーの吸着盤に光が集まって
車の中を焦がした例も報告されています。

タオルミーナは『サービス付き高齢者向け住宅』という、
『介護施設』というよりも、むしろ『住居』の要素が強い内容の建物です。
入居者様を火災から守る為には、一般的な住居の中に潜んでいる
『火災の原因となるべきもの』に対して、強く意識することも大切な要素です。

日射しが強く、湿度が高い時期となる7月には、
緑消防署による、火災避難訓練についてのご指導を頂く予定です。
この訓練につきましても、しっかりご指導頂き、
いざという時に落ち着いた行動が出来るようにしたいです。

【茂原】お健やかにお過ごし頂きたくて…

ある土曜日の午後、しょうじゅの里茂原の施設のうち、
ケアハウスの浴室清掃が終わってから、
〝これからの季節、ご利用者様に今より少しでも、
快適に浴室をお使いいただく為に!〟と、あるモノを試してみました。
1.浴室清掃後に

そのあるモノとは、こちら。
2.ステップ1
『防カビくん煙剤』です。

自宅で使用している職員から
「おススメです!」
との強力なプッシュがあり、まずは三個をセットすることに。

浴室の中央に置き、取扱説明書通りに操作すると
約30秒後に勢いよく煙が上がりました。
3.ステップ2
4.ステップ3

『缶から勢いよく煙が出るのは約30秒間、
5分後には完全に止まる。
一時間半以上放置してから換気する』
と、説明書には書いてありましたが、
こっそり開けて、煙が止まる前に写真を一枚。
一時間半経過後、換気扇を稼働。
5.浴室内の様子

今回使用した物は、銀イオンの煙を天井や換気扇の裏に至るまで行き渡らせ、
黒カビの原因菌(カビ胞子)を除菌するタイプのもので、
カビの発生を抑えて、広がりにくくする効果があるそうです。

塩素系では無い為、臭いもなく、効果については『経過観察』と、なりました。

『お風呂』にちなんで、もう一つ。
こちらは5月5日の端午の節句で使った『菖蒲湯』の準備の模様です。
6.菖蒲の香

端午の日には、無病息災を祈って、
摘んできた菖蒲やよもぎを軒に吊るしたり、枕の下に敷いて寝たり、
菖蒲湯や菖蒲刀、菖蒲酒を飲む風習等が古来よりありました。

菖蒲には精油成分が多く含まれていて、腰痛や神経痛を和らげる効果があり、
独特の香りを楽しむ『菖蒲湯』には、アロマセラピー効果もあり、
心身ともにリラックスすることを期待できる、との記述もありました。

ご利用者様と一緒に、『菖蒲セット』を作りました。
7.菖蒲湯セット完成

季節の変わり目というのは体調を崩しやすいと言います。
無病息災を祈願した『菖蒲湯』でリフレッシュしていただき、
これからも、ご利用者様が、お健やかにお過ごしいただければ幸いです。

【美浜】いちご狩りへLet’s G0!

しょうじゅ美浜のデイサービスのご利用者様と一緒に
千葉市若葉区にある「さわの森農園」にいちご狩りに行って来ました。

いちごが丁度おいしい時期の『いちご狩り』!ということで、
皆さま、とても楽しみにしていました。

ハウスの中に入ると、いちごの甘い香りでいっぱいです。
1.いちご狩りに行きました

ここ「さわの森農園」様は『高設栽培』を採用しているので、
摘み取りも楽々です♪
2.いちご摘み

ちなみに、『高設栽培』とは読んで字のとおり、いちごを高い場所に植えて栽培することです。
鉄パイプなどで作った簡単なベンチの上に、発泡スチロールやポリフィルム製の枠を載せ、
土の代わりになるに『ピートモス』などの軽い培地を詰めていちごを植えます。
高さは一メートル前後で、歩きながら収穫作業ができることから、
最近特にこのスタイルを採用する栽培農家さんが増えているということです。

皆さま、自分で選んだいちごを
「おいしい~!」
「あま~い!」
と言って食べられていました。
3.ぱくり♪
4.いただだきま~す!
5.イチゴ美人発見!

ここでちょっと豆知識!

『おいしいいちごの見分け方・食べ方』
★ヘタの部分がクルンと跳ね上がっている、これが甘くておいしいいちごのポイント。
★表面のつぶつぶ(種)が飛び出しそうに浮いてきているものが完熟いちご。
★美味しいいちごのイメージは逆三角形をイメージしている人が多いと思いますが、
 本当に美味しいいちごはダイヤ型!
 つまり、菱型。 「▼」ではなく「◆」。
 また、タネの間隔が広いものほど美味しく育っている証拠です。
★実はいちごはヘタ側から食べ始める方が美味しく食べられるのです。
 先端部に行くに連れて甘みが増すから、ちょっと面倒でも、
 先にヘタを取ってヘタ側から先端にかけて食べたほうがより甘みを味わえます。 

おいしいものを食べると、自然に笑顔がこぼれます。
6.一緒だと尚おいしい
7.おいしくて笑顔

皆さま、大好きないちごを思いっきり堪能しました!
8.楽しいいちご狩り

新鮮で大粒の美味しいフルーツ・いちごを食べて、
大満足な1日でした。
また来年も行きたいですね!

【大和】フワフワどら焼きのおやつ会

しょうじゅの里大和の通所リハビリテーションにて、
利用者様自身でおやつ作りをする、おやつ会を開催いたしました。

今回のメニューは「どら焼き」です。

材料:ホットケーキミックス、卵、牛乳、中の餡、油少々

まずはダマができないように生地をよく混ぜます。
1.生地を混ぜて…

ホットケーキミックスは万能で、
とても混ぜやすく、簡単にふんわりしっとり生地が出来上がります。
熱が通りやすくできているので、フワフワ焼きあがります。
2.いい匂い

1枚の大きさを均等に、表面を5分、裏面を3分半程度、焼きます。
ひっくり返す作業も、職員と一緒に楽しくやっていただきました。
3.一緒に焼こう
ホットプレートで焼いていくので、温度も安定!
きれいに焼けた面を見ながら、ひっくり返していきます。

生地が焼けたら皿に取り、餡を生地の上に置き、半分に折り、完成となります。
中には餡を包んだり、付けるだけだったりする方もいらっしゃり、
各自が好きなスタイルで楽しまれていました。

早速、出来上がった「どら焼き」を食べてみましょう!
4.こりゃ絶品!!
5.最後の一粒まで

利用者様からは
「良い思い出だった」
「楽しいし、うれしいです」
「いいと思います、またやりたいです」
「みんなで作るとおいしいね。」
とおっしゃっていただきました。
6.美味しそう~
7.ガブッといきましょう!

「どら焼き」とは、
形が金属製打楽器の「銅鑼(どら)」に似ている事が語源で「どら焼き」と言うそうですが、
関西では「三笠」と呼んでいたりします。

「どら焼き」と「三笠」の違いは何か?というと、
餡が見えるか、見えないかの違い、とか、
大きさの違い、店の違い、などいろいろ説はあるようですが、
しょうじゅの里大和の「どら焼き」は
餡巻きのような独特の形を基本にさせていただきました。

味はもちろん、焼き立てフワフワの逸品となっています。
8.頬張るおやつは最高

作り終え、完成!という達成感とともに、頬張るおやつの時間は最高です。
ボリュームも割とありましたので、大満足されて帰られた事と思います。

定期的に開催していますので、次のメニューもお楽しみに。

【GL】青空に泳ぐ鯉のぼり

5月も後半になり、五月晴れの空に木々の緑が美しい季節となりました。

グリーンリーブズ赤枝の近隣にある若葉台公園の遊水地では、
毎年4月下旬からゴールデンウィークにかけて
たくさんの鯉のぼりが泳いでいます。
1.若葉台公園の鯉のぼり

そして、入所者様も毎年「鯉のぼり(お散歩)レク」で
遊水地まで鯉のぼりを見に出かけられます。
今年の「鯉のぼりレク」は、4月26日から5月5日まで行われました。
2.鯉のぼり見学に出発

「鯉のぼり」について、少し余談ですが…
現在の鯉のぼりは
「真鯉=父親、緋鯉=母親、青い鯉=子供」
の3匹が一般的ですが、
江戸時代には真鯉だけだったそうですよ。

そして鯉のぼりの色は真鯉の黒が決まっているだけで、
青色の鯉が子供、赤色の緋鯉が母親を表すようになったのは
昭和に入ってからなんだそうです。

黒色の真鯉だけの鯉のぼりって何だか少し地味ですよね…

でもご安心ください。
もちろん、遊水地で泳いでいる鯉のぼりたちは真鯉だけではありません。

レク期間中は天気にも恵まれ、
青空に色とりどりの鯉のぼりが気持ち良さそうに泳いでいました。
それを眺める入居者様も、初夏の風にふかれて
とても心地よさそうでした。
3.お話ししながら
4.元気に泳ぐ鯉のぼり

レク初日、お散歩から戻って来られた入所者様に職員が
「(お散歩は)どうでした?」と尋ねると、
「鯉のぼりがいっぱいいたよ。大きいのやちっちゃいのがいっぱいいた」
「よかったよ。最高~!」
と、とても満足そうな言葉が返ってきました。

また、「(鯉のぼりは)何匹いました?」
とお伺いすると、
「何匹いたか数えてないや(笑)」
と言って、にこやかにお話してくださいました。

別の日のお散歩に同行させていただいた時に、ある方に
「この小さい鯉のぼりは何匹いるのか、数えてみて下さいよ」
とお願いしてみました。
5.何匹いますか

すると…
本当にわざわざ数えてくださったらしく、
「30匹もいたよ」
と答えて下さいました。

後日、全部で何匹いるのか職員が数えてみると
なんと約100匹もの鯉のぼりが泳いでいました。

お散歩の道中も道端に咲く花や草木を見たり、
元気に泳ぐたくさんの鯉のぼりを見ながら、
入所者様も心地よい風を感じられたのではないでしょうか。
7.心地良い風の中を
8.鯉のぼりを背に

入所者様の鯉のぼりレクの様子は写真集でもご覧いただけます。
こちらも合わせてご覧ください。

【三保】感謝の想いと親愛をこめて

前回のしょうじゅの里三保のブログでは、当施設のあるユニットで開催された
ある『母の日イベント』についてご紹介しましたが
他のユニットでも、日頃の感謝の念をこめたささやかなセレモニーが実施されていました。

『母の日』といえば、やはりカーネーション。
各ユニット毎に、綺麗に花開いたカーネーションを贈ったり、
豪華な花かごを前に、カーネーションにも負けない素敵な笑顔の
入居者様の写真を撮ったり…
花のような笑顔

ところで、何故『母の日』にカーネーションを送るか、ご存じですか?

そもそもは、アメリカの南北戦争中、
敵味方区別なく、負傷した兵士に治療を施す活動をしていた
アン・ジャービスという女性が亡くなってしまいました。
その後、アンの娘のアンナが、母親が働いていた教会で追悼式を行った時、
母親のアンが好きだったカーネーションを配ったことが
『母の日』の始まりだったそうです。

日本での母の日は、1949年頃に、アメリカの風習の一つとして伝わり
5月第2日曜日に行うことがスタートしました。

今では色々なカラーのカーネーションを送りますが、
母の日のカーネーションといえば、やはり赤が主流です。

これは、前述のアンナからの提案で、
「母親が亡くなっている人は白を、存命している人は赤を、
それぞれの胸にカーネーションをつける」
ことになったそうです。

日本でも、最初は白と赤の2色のカーネーションを贈っていましたが
小さな子供の気持ちを考えて、1960年に赤に統一されました。

蛇足ですが、カーネーションは色によって花言葉があり、意味があります。

赤は『母への愛』。
白は『あなたへの愛は生きている』。

こちらのユニットが送ったピンクのカーネーションには
『感謝』という花言葉があります。
花かごに笑顔

しょうじゅの里三保の厨房が、母の日の為に作った
特製の『シャルロットケーキ』を飾る、生クリームで作ったカーネーションの色も
この『感謝』のピンク色でした。
シャルロットケーキ

あるユニットでは、テラスのテーブルにピンクのカーネーションを飾り、
この特製ケーキでミニティーパーティを実施しました。
施設最年長!
ケーキと一緒に

沢山の感謝の想いと、親愛の心と、
これからもこのしょうじゅの里三保で健やかに過ごしていただきたいという願いをこめた
母の日となりました。