【タオルミーナ】 年末のカラオケ忘年会

いよいよ今日で2015年も終わりです。
皆様、新年を迎える準備はお済でしょうか。

タオルミーナでは先日、忘年会がてら恒例となったカラオケ大会を実施。
気持ちの上で2015年を送り出し、2016年のお出迎えの準備を整えました。

いつも行くカラオケ屋さんは、
なんといっても、持ち込みOKなので、
今回も豪華な手作り弁当を持参しました。
1弁当
2持参弁当

参加される皆様はそれぞれ、自慢ののどを披露するために
曲選択にも熱心なご様子です。
9部屋の様子3
実は出かける前から
「カラオケいつ?」「楽しみ~」などといった声が聴かれ、
参加されない方にも
「楽しいよ!楽しいから、○○さんもくればいいのに」などと、
心待ちにしてくれていました。

カラオケルームに入り、まずはドリンクで
「カンパ~イ!」
3.カンパ~イ!

持ってきたお弁当でお腹を満たします。
4お弁当をどうぞ!

カラオケでは、皆様大盛り上がり。
5男性お三人さん
6美声を披露
7Mさん熱唱
写真では伝えきれないのが残念です。

裏方さんとなり、手作り弁当を準備した職員さん♪
一緒にカラオケに参加し、
送り迎えはもとより一緒に歌ったりして盛り上げてくれた職員さん♪
8女性組
10ご入居者様とはいポーズ
入居者様と共に、とてもいい笑顔ですね

一人ではなかなか外出が難しい方でも、
こうして皆で楽しいひと時を過ごしていただけて
みなさんの笑顔に、微笑ましく感じます。

また、普段の生活にも張り出てきて
「また、参加したい!!」
といったご要望に、ぜひ応えていきたいと感じました。

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

【オレンジヒルズ】ハンドメイド☆クリスマス

いよいよ今年も残り2日となりました。
オレンジヒルズも、新年を迎える準備もすっかり済んで、
入居者様達は、年末恒例の『紅白歌合戦』や『年越し蕎麦』を
楽しみにしている様子です。

と、その前に…
12月の最大イベントだったクリスマスに先駆け
オレンジヒルズのリビングを彩った
入居者様がデイサービスで手作りされたクリスマスの飾り付けを
ご紹介したいと思います。

テーブルの上に、それぞれセッティングした
手作りのクリスマスツリー。
①赤い色がとってもすてき!
②フェルトを使って立体的
③天使が隠れてます
テーブルが一気に華やかになりました。

こちらはタペストリー。
リビングの壁に飾らせていただきました。
④リビングの壁にも
みなさん本当に手先が器用です。

スタッフも負けじと
お庭にブルーとホワイトのイルミネーションをセッティングしました。
⑤オレンジイルミ
オレンジヒルズを鮮やかに彩り、
素敵な聖夜を演出してくれました。

今年1年、色々ありましたが
ふりかえれば、笑顔ばかりだったように思えます。
来年もまた、こんなふうに入居者様達と穏やかに微笑みながら
過ごしていければと願っています。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

【美浜】TFV+&藤原けい 生バンド演奏会

昨年に引き続き、美浜しょうじゅタウンに
「TFV+」の皆さんが、素敵なライブを開催して下さいました。
1.TFV+の皆さん

機材も、本格的です。
迫力ある音量です。
2.機材等

手話と一緒にオリジナル曲を披露!
利用者の皆さんも教わり、一緒に手話をしました。
3.皆で手話!

演奏してくださったのは、
「上を向いて歩こう」や『乾杯」など、カバー曲も披露されました。
4.知っている曲で皆さんノリノリ♪
知っている曲だと、さらに盛り上がります!

第2ステージは、演歌の歌姫、「藤原 けい」さんが登場しました。
5.演歌の歌姫、「藤原 けい」さん
皆さん、やっぱり演歌が大好き♪
皆さん、聞き入ってました。
6.楽しいひと時を

生演奏の迫力を堪能した、大満足の1日となりました。

【GL】千日紅が咲きました

グリーンリーブズ赤枝では、プランターに種を蒔いて、
入所者様に水やりをしていただき、花を育てています。

先日、その育てていた花々の中で、
夏の「ひまわり」に次いで「千日紅(センニチコウ)」が花開きました。
①花が咲きました
千日は夏~秋に咲く花で、花色は赤、ピンク、白、紫など。
当施設ではピンクと紫のかわいい花が咲きました。

花名の千日紅は、100日間花を咲かせるサルスベリ(百日紅)よりも花期が長く、
花を摘んだ後も花色が落ちないため、
「1000日間(長い間)花を咲かせる植物」という意味を込めて、
千日紅という名前がつけられたのが由来だそうです。

花言葉の『不朽』『色あせぬ愛』『永遠の恋』は、
千日紅の長い花期やドライフラワーにしても
美しい花色を保つことに由来しているそうです。

1000日以上と言うことは3年以上色あせないということ。
そんなに長い期間花を楽しめるってすごい!
でも、ほんとかな?(笑)

もともと乾燥にも強い千日紅はドライフラワーにも最適です。
花茎を長く切り取って束ね、
風通しのよい日陰で逆さにつるしておくと、
簡単にドライフラワーにできます。
古くから西洋では千日紅、カイザイク、ムギワラギクなどの花を
乾燥して冬の飾りにしたり、
墓地にささげたりする風習があり、
それらを「永久花(everlasting flower)」と呼ぶそうです。

プランターには千日紅のほかにも
金仙花
②金仙花
美女撫子
③美女撫子
スイートピー
④スイートピー
この他、サルビアと言った花々が植えられています。

これからますます寒くなる中で
これらの花が成長して花を咲かせてくれるのかどうか…

引き続き、入居者様達と
成長を見守りたいと思います。

【茂原】気分はクリスマス!

クリスマスが終わり、
街の空気は一気に新年を迎える為のモードに入りました。
気が付くと、2015年ももうあとわずか。
しょうじゅの里茂原でも、清々しく2016年を迎えられるように
準備を整えています。

と、言いつつも…
ちょっと二日前の華やいだ雰囲気を振り返って、
しょうじゅの里茂原のデイサービスフロアーに飾られた
見事なクリスマスリースを、今日のブログではご紹介したいと思います。
1.クリスマスリース

最近では日本の冬景色に溶け込んでいるクリスマスリースですが、
その起源は所説あるようです。

クリスマスリースは
「魔除け」「豊作祈願」「新年の幸福」を願って玄関を飾る意味合いが強く、
日本のお正月のしめ縄と同じような役割があったというものが
最も有力とされています。

『輪』のカタチは、始めと終わりの境目がないことから、
「永遠の命・愛」を表しているとか。

また、クリスマスリースに使われる「緑」「赤」「白」「金・銀」などの色にも
それぞれ意味があるそうです。

詳しいことはさておき、
「永遠の命・愛」なんてロマンチックですよね。

そんなキラキラしたエピソードを秘めたクリスマスリースを
利用者の皆様で作ってみました。
2.世界で一つだけのリース
3.オリジナルの輝き
4.飾るのが楽しみ
5.見て見て~♪
6.素敵でしょ
7.笑顔の出来栄え

個性たっぷりの素晴らしいクリスマスリース達。
聖なる夜を、きらびやかに飾ってくれたことでしょう。

【鶴見】ごちそうバースデーレク

しょうじゅの里鶴見の、とあるユニットで先日行われた
ご利用者様のお誕生日レクの様子をご紹介します。
1.バースデーレクスタート!

ご利用者様のお誕生日間近のこの日。
好物を思いっきり召し上がって頂こうと、
特別なメニューでおもてなしをいたしました。
2.おめでとうございます!

少し緊張されているのか、
最初は表情の硬いご利用者様でしたが、
テーブルに次々と食事が並べられ、
職員の歌うバースデーソングが聞え始めると、
段々と柔らかな表情になっていきました。

ご利用者様の好物ばかりを用意した特別メニューがこちら。
3.好物ばかり

  • チキンカレー
  • オムライス
  • プリン
  • 水菓子

……等々。

普段よりもか箸が進んでいるように感じました。

職員からの「おめでとうございます」の言葉に、
目を細めて答えて下さったご利用者様。
4.喜んで頂けたようです
職員の心ばかりのおもてなしを、
少しでも喜んで頂けたなら幸いです。

さて、平成23年に開設したしょうじゅの里鶴見は、
今年の12月で開設から丸4年が経過しました。
これまで多くの方にご尽力頂き、今日まで歩むことが出来ました事、
職員一同心より感謝申し上げます。

これからもご利用者様の気持ちに寄り添い、
ご利用者様にとって、しょうじゅの里鶴見で過ごす日々が
充実したものとなりますよう、誠心誠意努めて参ります。

それでは、来年も皆様にとって
素晴らしい年になるようお祈り申し上げます。
よいお年をお迎え下さい。

【赤枝病院】今日はクリスマス!

今日はクリスマスです。

思えば、いつの間にか師走に入り、
クリスマスを控えた街では綺麗なイルミネーションが
そこかしこで見られるようになっていました。

同じ時期、赤枝病院でも、
クリスマスに向けての準備が始まりました。
1.病棟のクリスマスツリー
2.受付のリース

患者様にクリスマスを少しでも楽しく過ごしていただけるように、
心を込めてディスプレイしました。

リハビリテーション部では、患者様全員にクリスマスカードを手作り!
どんな素敵なカードができあがったのでしょうか。

栄養課でも、昨日のイブも実施しましたが
今日も真心込めてクリスマスメニューを手作りしてご用意します。
タンドリーチキン(全粥食の方のみ)や
エビピラフ(常食の方のみ)など、
いつもとは一味違った、より美味しいメニューが
お楽しみいただけることと思います。

メニュー表はこちらにも掲載しています。
印刷用もございますので、ぜひご活用ください。

また、先日12月21日(月)は、赤枝病院にサンタクロースがやってきた?!
3.クリスマス会告知ポスター
楽しみにしてくださる患者様も多いこちらのクリスマス恒例企画は、
実は職員にも大人気。
リハビリテーション部が中心となって、
準備の段階から各担当者が気合いを入れて企画しているものです。

職員の「患者様を想う気持ち」が様々な試みやイベントの源となっています。

【三保】手作り♪クリスマスプレート

今日はクリスマスイブ。
特にクリスマスらしい予定がない人も、
この日ならではのウキウキ感に、
自然とテンションも上がってくるのではないでしょうか。

しょうじゅの里三保では、今週に入ってから各ユニットにて
クリスマスレクが開催されています。
それぞれのユニットならではのクリスマスが演出されていて、
入居者様達の笑顔の花が満開となっています。

デイサービスでも、『ものづくりレク』の時間にて
クリスマスアイテム作りを楽しみました。
ちなみにこれは毎年恒例。今年はデコパージュで飾りを作りました。
真剣デス
上手くできるかな

作り方は、とっても簡単。

まずは、サンタの絵柄のついたペーパーナフキンを
お皿に合わせて切ります。
皆で作ろう!
出来栄えをチェック
サンタさんが真ん中に来るように切るのがポイントです。

次に、その絵を専用の糊で貼って、
その上から特殊なニスを塗ります。
ペタペタ
丁寧に絵付け
これが“デコパージュ”です。

このニスが乾くと、あら不思議!
お皿に直接油絵を描いた様な作品が出来上がります。
完成品
まさに、『クリスマスプレート』の完成です。

プレートができたら
「立てて飾りたい!」と、思うのが人情。
デイサービスでは、続いて『プレート立て』作りにも挑戦してもらいました。

形に切った牛乳パックに、お皿に使ったのと同じペーパーナフキンを貼り、
デコパージュしていきます。
大事なお皿を支えるために、お皿立ての底には紙粘土を入れて重りにします。
その上に雪に見立てた綿を乗せれば、出来上がりです!
見事な出来栄え!

完成品を見て、どなたも
「すてきね」
と満面の笑顔で大喜びされていました。

更に後日、
「部屋に飾ったのよ。今度、見に来て!」
と、言って下さる利用者様もいらっしゃり、
送迎時に見せていただきました。

冷蔵庫の上や玄関に綺麗に飾って下さっており、
職員も嬉しくなりました。

今日のクリスマスイブと、明日のクリスマス。
手作りクリスマスプレートが、素敵な聖夜を演出してくれますように。

【タオルミーナ】クリスマス☆イルミネーション

いよいよ明日はクリスマスイブ。

タオルミーナでも、それより少し前にクリスマスイルミネーションを
職員で手分けして飾りました。
2-作業風景

配線に少してこずり、ご近所の職員のご主人様にもお手伝い頂き、
無事光を灯すことができました。
6-玄関入口1
1-玄関先のクリスマスイルミネーション
7-玄関入口2

イルミネーションだけでなく、
タオルミーナの中にも、そこかしこに『クリスマス』が隠れています。
3-フロントの飾りつけ
8-玄関入口3

ところで、日本での『クリスマス』は
いつ頃からはじまったのでしょうか?

古い記録では戦国時代の1552年ころからともいわれていますが、
しかし、これほど盛んになったのは、60年代高度成長期ころからだそうです。
4-職員有志による作品12月

クリスマスが近づいてくると、
街中は軽やかな曲が流れていて、イルミネーションで華やぎ、
大人になった今でも、ふと空を見上げて、
そりをひく赤鼻のトナカイさんやサンタさんを思い浮かべてしまいます。
5-サンタとトナカイ

こんな物語があります。

『世界中の子どもたちにプレゼントを配らなくてはいけないサンタさん。
その年のクリスマスは霧が深く、配る家が探せなくて困っていました。
かたや仲間からからかわれる真っ赤に輝く鼻を持ってるトナカイのルドルフ。
いつも仲間から笑われ、コンプレックスになっていました。

困っていたサンタさんは、ルドルフにソリを引いてくれるよう頼みました。
ルドルフは驚きながらも自分が頼らたことを喜びながら、サンタさんのお手伝いをしました。

ルドルフの鼻からの光に救われ、無事子どもたちにプレゼントが届けられました。
サンタさんも子どもたちも大喜びし、
ルドルフも、コンプレックスだった赤い鼻でサンタさんの手助けができたことで、
すっかり自信を取り戻し、
自分の鼻を誇りに思うようになりましたとさ。』

いいお話しで、勇気と元気を貰えるお話しだと思いませんか?

入居者様も、ふと心が休まるのでしょうか? みな笑顔でおしゃべりが弾んでいます。
10-入居者様とピーズ
11入居者様-W
12入居者様-M
9-入居者様とはいポーズ

寒さも厳しくなり、師走でなにかと忙しくなる中、
夢のあるイベントは、ちょっぴりワクワクしますね。

みなさまにとっても、すてきなクリスマスでありますように…

【大和】弦楽器が奏でるハーモニーの調べ

11月末の利用者様のお誕生日会の日に、
石川ファミリーアンサンブルの皆さんによるコンサートを開催いたしました。
①コンサート風景

石川ファミリーさんは
しょうじゅの里大和が開設後、まもなくから来ていただいており、
もう10年以上のお付き合いになります。

お子さんもすっかり大きくなられ、頼もしくなっておられました。
②石川ファミリーアンサンブルさん

チェロやバイオリンの音色が心を落ち着かせてくれます。
臨場感が溢れる生演奏を、こんなに間近に聴けるなんて、とても嬉しい企画です。
③臨場感が溢れる生演奏
音一つ一つが心に響きわたります。

曲目は「赤とんぼ」から始まり、
「里の秋」「ちいさい秋みつけた」「もみじ」
「遠くへ行きたい」「あざみの歌」「ふるさと」を演奏してくれました。
④会場の様子

とても馴染みのある曲目で、懐かしい雰囲気に包まれ、
利用者の皆様も、かなり引き込まれていました。
このように、しっとり聴ける音楽も、良いものです。

今回いらしていただいた石川ファミリーさんは、
他にもいろいろ活動をされています。
ずっとご家族で心地よい音楽活動をされていかれますように
ご家族の成長と共に、しょうじゅの里大和がありたいですね。
⑤ご家族で音楽活動

素晴らしいファミリーのアンサンブルを聴かせていたところで、
利用者様に職員からのお誕生日プレゼントの、色紙の贈呈がありました。
⑥色紙贈呈1
職員の愛情溢れる、手作りの色紙でお一人お一人にお渡しします。
⑦色紙贈呈2
⑧色紙贈呈3

大勢の中で、大家族のように祝ってもらえるのも、
しょうじゅの里大和の魅力の一つです。

お誕生日、おめでとうございます。
これからもどうぞお元気でお過ごしください。
ハッピーな一年になりますように職員一同、願っております。