【GL】ハッピーハロウィ~ン!

丁度1ケ月前になりますが、
毎年、10月31日に行われるイベントと言えば「ハロウィン」。

そもそもは、2000年以上も昔。
ケルト民族の宗教の一つにドゥルイド教というものがありました。
その儀式の一つの『サウィン祭』が起源といわれているそうです。
サウィン祭とは秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う祭りでした。
古代ケルトでは一年の終わりが10月31日とされていて、
この日は日本のお盆のように、死者の霊が家族に会いに来ると
いわれていたそうです。

ただ日本のお盆と違い、精霊や悪霊も一緒に来てしまうと信じられていたのです。
その悪霊は家畜や作物に悪い影響を与えたり、子供をさらったりするといわれていました。
そこで悪霊たちを驚かせて追い払うために、
仮面をかぶったり、魔除けの焚き火をしたりしたと言われています。
そこから今の仮装をする習慣が生まれたというわけですね。

ただし最近では宗教的な意味合いは薄れ、
カボチャをお化けの形にくりぬいた
『Jack-O’-Lantern(ジャックオゥランタン)』といわれるものを飾り、
仮装した子供たちが
「Trick or treat! 」
といいながら近所をまわりお菓子を貰うお祭りになっています。

そのジャックオゥランタンにはお守りとしての意味があり、
カボチャの提灯は悪霊から守る番犬の役割があるそうです。
またカボチャのロウソクは、
日本のお盆のように親族の霊の目印という意味合いがあるそうですよ。

この提灯を作る風習は
イギリス地方が始めたことらしいのですが
最初はカブを使って作っていたそうです。
それがカボチャを使うようになったのはアメリカに渡ったとき。
アメリカにはカボチャがたくさんあったからだそうです。
何とも単純な理由ですね(笑)

そして子供たちが近所の家々をまわる時、
家のドアをノックして、「Trick or Treat~~?」と言っています。
これは
『お化けにお菓子をくれないと何か悪いいたずらをしちゃうぞ』
という意味です。
言われた家の人はいたずらされたくなくないので
「Happy Halloween!」(よいハロウィンを)(お菓子をあげるよ!)
と言いながらお菓子をあげるそうです。

ということで、
当施設でもハロウィンのバルーンを飾ってみました。
①かぼちゃのおばけ
カボチャのお化け、ジャックオゥランタンです。
どうでしょうか。

このジャックオゥランタン、なんと被れるんです!
さっそく職員が被ってみました。
②かぶっちゃいました

お風呂上がりに受付の前に来られた入所者様に、
「これ何だか分かります?」
とお声かけすると、一瞬「??」

「カボチャですよ」と言うと
「あ~。カボチャかぁ」と、納得されたご様子。

「被れるんですよ。被ってみますか?」
と言って、クダンのバルーンカボチャをお渡しすると…
③入所者様もこの通り
素敵なポーズを決めてくださいました。

ちなみに、ハロウィンアイテムがもう一つ…
④上からは・・・
天井部分に悪魔が皆様を見ています。
でも、ジャックオゥランタンがあるから悪霊払いが出来たことでしょう。

「Happy Halloween!」

【赤枝病院】リハビリ部より講演会のご報告

赤枝病院リハビリテーション部主任の
鈴木康嗣(理学療法士)です。

地域ケアプラザのご協力の下、
若葉台1丁目の老人会である「ゆずりは会」の皆様に
講演をして参りました。
テーマは「健康なカラダを維持する方法」。
60名あまりの方にお集まりいただきました。
1.多数のご参加

皆様の関心の高さを伺わせる盛況ぶりに、
自然と講演にも力が入ります。
2.真剣に…

今年で3回目を迎えたこの講演は、
若葉台地域の皆様との関わりとして
私自身がとても楽しみにしており、
この場でしっかりとした話が出来ることや、
前年度に目標にした事のよい結果報告が出来る事が
毎年の目標になっております。

理学療法士の目線で、
認知症やロコモティブシンドロームなどを中心に
お話をさせて頂きました。
3.熱の入った講演

また、来年も話す予定となると思いますので、
新たな目標を掲げて病院での活動や自己研磨を
これからも頑張っていきたいと思います。

毎年、素敵な場を準備して下さる「ゆずりは会」の皆さん、
地域ケアプラザの皆さん、
ありがとうございました。

今後もこのブログで赤枝病院の様々な取り組みをご紹介していきます。

【美浜】救命講習

しょうじゅ美浜にて、救命講習会を行いました。

この講習の為に、3名の講師の方が来てくださいました。

講習を受けるスタッフは24名。
構成は介護員、事務員など、美浜で働くスタッフがそろいました。
どんな状況でも落ち着いて対応出来るよう、様々なことを学びました。
1.救命講習スタート

少人数でじっくり話が聴けました。
2.グループに分かれて
大きな声で周囲に呼びかけ、適切な指示を送ります。
3.実践

心臓マッサージも行いました。
人形と言えど、皆さん真剣に取り組んでいました。
4.心臓マッサージ

人工呼吸にも挑戦!!
5.人工呼吸

講習を受けた全員にカードの修了証が渡されました。
6.修了証

「講習を受けたことで自信がついた。」
との声もありました。

何かあったときに、この経験を活かしていきたいですね。

【オレンジヒルズ】電子キーボードがやってきた

オレンジヒルズの入居者様のご家族様より
電子キーボードをご寄附いただきました。
①寄付の電子キーボード
ピアノやオルガン、ストリングスの音を奏でることができるそうです。
ご寄附ありがとうございます。

コンパクトで置き場所がとられず、どこにでも簡単に移動できるので
リビングだけでなく、お部屋にも持って行けそうです。
みんなで歌を歌ったり演奏会をしたり、
入居者様が演奏披露してくれる日も来たりして!

「これから楽しみだね!」と入居者様も楽しみが一つ増えました。

職員も楽譜片手に
「久しぶりに生演奏で歌ってみたいですね。」
②興味津々
張り切っています。

ここで、ちょっとオマケのワンショットを…

演奏がはじまるまで、リビングで皆様がそろうまで
テレビを見ている所です。
③みんなが揃うまで…
これから始まる楽しいミニレクに
画面を見つめる背中も、なんだかワクワクしているようです。

【鶴見】ドキドキ☆バースデー仮装パーティー

ご紹介が大分遅くなってしまいましたが、
しょうじゅの里鶴見のあるユニットで行われた
『ハロウィンおやつレク』の模様をご紹介させて頂きます。

この日のおやつレクでは、
カップスイーツの王道『プリン』をご用意し、
生クリームやフルーツをお好みでトッピングして
召し上がって頂きました。

ご利用者様がトッピングしたプリンは、
ご利用者様の数だけ、様々な表情を見せてくれました。

例えば、
生クリームを絞ったシンプルだけどちょっと贅沢なプリン。
1.カップスイーツの王道『プリン』

周りにフルーツを敷き詰めたゴージャスなプリン。
2.豪華なプリン

アレンジの仕方もご利用者様によって様々。
皆様の個性が光るオリジナルプリンが完成しました。

「生クリームを乗せるだけでちょっと美味しくなるね」
「フルーツも食べられて豪華だなぁ」
「わたしはプリンそのままで食べるのが一番好き」

ご自身でアレンジされたプリンを頬張るご利用者様。
カメラを向けると「美味しいよ」と、
とても素敵な笑顔を見せて下さいました。

甘いプリンでユニットが賑わう中、
手作りのプレートを持った職員が、一人のご利用者様のもとへ。

この日はご利用者様のお誕生日が近いということもあり、
ささやかではありますが、
レクの中でお誕生日をお祝いさせて頂きました。
3.祝☆101歳
鶴見最高齢のご利用者様。
御年101歳です!
お誕生日おめでとうございました。

そして…
レクのメインイベント、仮装パーティー。

ハロウィン間近のこの日、
ご利用者様にハロウィンの衣装で仮装をして頂きました。

魔女の帽子や、ハロウィンカラーのストール、
舞踏会を思わせるような仮面……など。
最初は仮装に消極的だったご利用者様も、
スタッフがいざ衣装をお渡しすると、快く身に付けて下さいました。
5.舞踏会気分♪

皆様、とってもよくお似合いです。

一年に一度のハロウィンパーティー。
ご利用者様の笑顔をたくさん見る事が出来、
とても嬉しく思いました。

【茂原】第28回ケアハウス保護者会

ケアハウス しょうじゅの里茂原では、5月と11月の年二回、
ご入居者様の保護者懇談会を開催しています。

先日、11月7日(土)に第28回を実施致しました。

懇談会は、行政で決められたケアハウス運営規定の一つですが、
頻繁にお顔を合わせる事のない保護者様達の親睦や、
相互理解を図るためにも 皆様の出席をお願いしています。

粛々と進行し、保護者様の自己紹介タイム。
今回は5月以降に入居された三組の方が初の保護者会となりました。
①H27.11.保護者会

ケアハウス相談員より
毎月おこなっているお楽しみ会の事や、郊外遊歩、毎日のラジオ体操、
インフルエンザ等の感染症対策などについての報告がありました。
②ケアハウスご報告

各事業所からは、来年から施行される『マイナンバー制度』や
『新人ケアマネの紹介』、
『送迎支援サービス利用状況の報告』等がありました。
③居宅介護事業所より
④通所介護事業所より1
⑤通所介護事業所より2
⑥訪問介護事業所より

保護者様からは送迎支援サービスの利用方法などについての質問もあり、
ご歓談タイムも和やかに 滞りなく進行。

次回はH28年 5月14日(土)と決めて、
皆さまのご協力があって、無事、閉会となりました。
ありがとうございました。

「しょうじゅさんに入居出来て、本当によかったです。」
「いつまでも元気で、このまま、こちらでお世話になれたら良いと思っています。」
の嬉しいお言葉を頂けて、スタッフも大きくうなずきました。

ご利用者様が穏やかに、お健やかにお過ごしいただけますよう
これからも精一杯、お手伝いさせていただきます。

【三保】クリスマスが今年もやってくる♪

すっかり秋も深まり、気が付けば来月の今日はクリスマスイブです!

しょうじゅの里三保のロビーには
華やかなクリスマスツリーと、可愛いクリスマスモニュメントが飾られ
ロビーに降りてこられた入居者様だけでなく
来設されたご家族様の目を楽しませてくれています。
恒例のツリー!
クリスマスの三兄弟・笑

もう少し寒くなってきたら、
ロビーに設置してある暖炉にも炎が入ります。
クリスマスツリーと暖炉のコラボレーションは
なんだか異国にいる雰囲気で、とても素敵なんですよ。

一足早くクリスマスを彩っているのは、ロビーだけではありません。
憩いのスペースとしてご利用いただいている喫茶室『カフェ しょうじゅ』も
サンタさんがやってきました。
夢の饗宴
その側に、10月の代表的イベント・ハロウィンを象徴する
お化けカボチャが鎮座しているのはご愛敬。

また、入居者様が暮らしているユニット内には、それぞれのスタッフによる
アットホームな雰囲気たっぷりの設えが施されています。
1階1番町の設え

この時期は、いろいろなユニットが
ユニットの玄関前をクリスマスディスプレイで飾り付け
しょうじゅの里三保中が、なんとも華やかな雰囲気になります。

例えば、1階3番町。
1階3番町の設え

同じフロアの1階6番町のディスプレイは
ピンク色の花と、同系色の可愛い置物で
柔らかい雰囲気のリトルワールドを演出しています。
1階6番町の設え
柔らかい雰囲気

月ごとに素晴らしい設えを実施し、施設内で実施している
今年度上半期のユニット奨励賞を受賞した
3階1番町も、きらびやかなクリスマスアレンジで
多くの方に笑顔をプレゼントしてくれています。
3階1番町の設え
可愛いアイテムずらり

12月になると、毎年各ユニットではクリスマス会を実施し、
入居者様達と一緒に、年末最大のイベントを楽しんでいます。

それぞれのユニットのクリスマスディスプレイは
きっとそのパーティを更に素敵にしてくれる一助となってくれるのでしょう。

【大和】朝顔の思い出

しょうじゅの里大和の利用者様たちの園芸サークルの取り組みの一つに
「朝顔」がありました。

成長の過程とリース作りを記録してみました。
半年位、楽しませてもらった朝顔の思い出を綴ってみたいと思います。

5月の中旬頃、種を蒔き、皆で水やりをし、
すくすく育ってきました。
①まずはここから
ナメクジが出たりもしましたが、何とか、駆除できました。

施設の中庭にあるアーチを仕立てにし、
朝顔アーチになるように、植えてみました。
②つるがアーチに…

7月になり、つるがアーチの上まで届きました。
そして、最初の花が咲きました。
③鮮やかなグリーン

真夏の頃には、緑が濃くなり、
かなり立派なアーチになっていました。
④朝顔のアーチ

秋口に入り始めてからも、花もずっと咲いており、
長期に渡り、目を楽しませてくれていましたが、
そろそろ終わりを告げる季節となりました。

10月には種が実ったので、利用者様に
種を収穫していただきました。
⑤丁寧な作業
⑥朝顔の種収穫
種は、枯れる前の秋口が収穫には良い時期だそうです。
来年も、咲かせられるように、たくさんの種が取れました。

そして、この朝顔のつるを材料に、
手作りリースにも挑戦してみました。
⑦楽しくリース作り

つるの巻き方にも利用者様たちの個性が光っていました。
こだわりのある、締め方でした。
記念に、写真の撮影会となりました。
⑧こだわりのヒトシナ!
⑨見事でしょ?
作品も見事ですが、
何と言っても、自分達で作る、という事が楽しそうでした。
皆様、夢中になって作られていました。

現在、正面玄関に飾ってあるリースです。
⑩リース完成
リースになってからも、蕾がたくさんあり、
ところどころ花を咲かせています。

思い出を走馬灯のように振り返ってみましたが、
今回取れた種で、
また来年も花を咲かせる事ができたらいいな、と思っています。

【GL】秋の運動会!

「秋」と言えば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋ということで、
10月18日(日)
グリーンリーブズ赤枝では「運動会」が行われました。

各フロアで紅白のチームに分かれて、競技を行います。
競技は4種目。
頭にハチマキを巻いて、皆さん気合十分です。
①みんなでがんばりましょう

まずは、「モンスターボックス」。

この競技についてご説明すると、
段ボール箱を高く積んで一番上に風船を入れたカゴを置きます。
そして段ボール箱やカゴに目がけてボールを投げて風船を落とします。
どちらが早くカゴを落とせるか、という競技です。

皆さん意外と(?(笑))お上手で、
カゴだけをうまく落とされたり、
投げたボールが直接風船に当たり風船が高く浮き上がることも。
カゴ(風船)が落ちると思わず「やった~!」と言って喜ばれていました。

「風船バレー」では、風船を落下させないようにうちわで仰ぎます。
どちらのチームが上手に風船を浮かせていられるか。
皆さんのチームワークが試されます。
②モンハコでバトル!
思い切り仰いで風船がどっかに飛んでいかないように、
下からやさしく仰ぐのがコツです。

次は「綱取り合戦!」
お互い向かい合って1対1で1本の紐をひっぱりっこです。
対戦後、利用者様に「どうでした?」と聞くと
「私よりも年上の人に負けちゃったわ」と悔しそうにおっしゃっていました。

最後は、運動会の目玉競技!「玉入れ」です。
「スタート」の合図とともに一斉に玉を投げられ、
赤チームのカゴにはどんどん玉が入っていきます。
③赤チーム奮闘

負けじと白チームも追い上げていきます。
④白チーム追い上げ

「止め~」の声がかかった時には、
どちらのカゴにもたくさんの玉が入っていました。

見た目では勝負は分からないので、皆さんで数えていきます。

ひと~つ   ふた~つ  ・・・

玉を数え終わると、なんと!白チームの逆転勝利!
「バンザ~イ!バンザ~イ!」
と言って、皆さんで勝利を喜ばれていました。
⑤逆転勝利

運動会を終えられ、冷たい「アイス」でクールダウン。
感想を聞いてみると、
「楽しかったよ」
「頑張りすぎたのかな?!ちょっと疲れちゃったわ」
とおっしゃっていました。

この運動会の様子は、写真集にも掲載しています。
こちらもあわせてご覧ください。(別画面で開きます。)

【三保】愛すべき作品達に逢いに

11月15日のブログ記事にて、
只今、しょうじゅの里三保のカフェスペース『喫茶 しょうじゅ』にて開催している
『秋の作品展』についてご紹介させていただきました。
秋の作品展
(詳しくはこちらをご覧ください。)

ある日、デイサービスをご利用されている方で
手芸クラブにも所属し、毎回素敵な作品づくりに励まれている利用者様達が
作品展の会場まで足を運ばれました。
素敵なアイテムたち
作品の出来栄えは…

一針一針、丁寧に縫い上げた作品達がお披露目されているのを見て
思わず相好を崩される利用者様達。
自分の作品と一緒に

「これこれ!私が作ったのよ!!」
コレ作りました
嬉しそうに、展示されている『我が子』を指さします。

『仲間たち』と一緒に作り上げていった素敵なアイテムたちを
改めて見つめる利用者様達の目は、とても優しく、ぬくもりに満ちていました。
愛がこもった作品展
真剣に…

手芸クラブの作品だけでなく、
油絵や水彩画、陶芸クラブの作品達も並ぶ、この『秋の作品展』。
11月いっぱいまで、この喫茶 カフェしょうじゅにて開催されています。

ぜひしょうじゅの里三保にご来設の際は
こちらの展示会にも足をお運びください。